Entries

中国語圏のドラえもん

中国でもドラえもんは大人気のようです。
(中国・台湾の友人がアンキパン好きとか言ってました。なんでこんなに有名なんですかアンキパン)


  過去,人們一直叫我機器猫,其実這不是我的原名。我的原名是 "多拉A夢※" 。
  人們還給我起了個愛称叫做 "小叮当" 。
     藤子・F・不二雄, 碧日訳, 『多拉A夢※ 1』, p3, 2002, 吉林美術出版社
  (管理人shui注: 簡体字は日本の漢字に直しました)


「いままで、みんなはずっとぼくのことを『機器猫』と呼んできたけど、
それはぼくの本当の名前じゃないんだ。
本当の名前は、『多拉A夢※』 それから、まだぼくのことを『小叮当』と愛称で呼んでいる人もいるね。」
(管理人shuiによる翻訳。最後の文は結構適当なところがあります。すみません。)


なんて書かれているように、以前、ドラえもんは「機器猫」「小叮当」なんて呼ばれていましたが、
最近では「多拉A夢※」と日本語に近い発音に直されているようです。
(「机器猫」のほうがご覧になる機会が多いでしょうが「机」は「機」の簡体字です。)

50代くらいの中国の方が「機器猫」のほうがなじみがあると言ってました。
若い方は逆に「多拉A夢※」のほうがなじんだりするのかな?


ところで「機器猫」「小叮当」とはどういう意味なのでしょう。
以下参考: 伊地智善継編, 『白水社 中国語辞典』, 2002, 白水社


「機器猫」について。
「機器」とは機械のことです。「猫」はそのまま。
つまり訳すと「機械猫」です。もっとドラえもんっぽく訳すと「ネコ型ロボット」でしょうか。
「ロボット」が中国語で「機器人」ですからかなり的確な翻訳かもしれません?
(中国ではロボットって人型が前提なのでしょうか。いやそもそもロボットとは?
あとでrobotで英語の辞典引いてみよう。
現実世界には人型でないロボットのほうが多いですけどね。)

「小叮当」について
「小」は名前の最初につけます。「小王」で王君、みたいな感じです。
「叮当」は「チリンチリン」「ガチャン」という擬音語です。(おそらくこの場合は鈴の音)
つまり、むりやり訳すと「チリンチリンくん」です。愛称なのであんまり深く考えないほうがいいでしょう。


ついでに「多拉A夢※」について。
明確なソースはありませんが
(中国語版wikipediaで確認 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%93%86%E5%95%A6A%E5%A4%A2 2010.2.26取得)
香港では「多」はそのまま、「拉」のみ口偏がついた題名・キャラ名が正しいようです。
(香港で最も広く使われている広東語のwikipediaでもそうだったからきっと正しいのだろう……)

ちなみに、中国と台湾の(おそらく)公式サイトはこちらです。
中国 http://www.dora-world.com.cn/top.html
台湾 http://www.dora-world.com.tw/top.html


※正確には「口偏に多・口偏に拉」

NEW TV版 ドラえもんVol.41-43 レンタル開始

2/19にNEW TV版 ドラえもんVol.41-43のDVDレンタルが開始されています。
私が録画環境を整えたのは最近なので、過去の見たい話はまだまだレンタルに頼ることになりそうです。


Vol.41
のび左エ門の秘宝/のび太の夢物語/半分の半分のまた半分/あの日あの時あのダルマ

Vol.42
勝利をよぶチアリーダーてぶくろ/のび太としずかの愛の家/空想動物サファリパーク/未来世界の怪人

Vol.43
のび太のプロポーズ作戦/野比家の家計が大ピンチ!/ドラえもんがダイエット!?/正義の味方セルフ仮面


という収録状況になっています。(「人魚大海戦」の予告つき)
Vol.41の「のび太の夢物語」と「あの日あの時あのダルマ」は必見ものなので見逃した方はぜひこの機会にいかがでしょうか。
「半分の半分のまた半分」と「あの日あの時あのダルマ」は大原さんの演技にもご注目。


私は今回Vol.41と42を借りてきましたが、OPが30周年記念Verになっております。
Vol.41のOPが「のび太の恐竜」、Vol.42が「宇宙開拓史-海底鬼岩城」です。
(おそらくVol.43は「魔界大冒険-鉄人兵団」だと思われます)

ちなみに、Vol.40のOPは3代目OP(最初にドラがしっぽを振っている後ろ姿が映るOP)です。
(少なくともVol.33-40まではすべてこのOPです。Vol.8-32までは未見です)
ですから、4代目OP(渡辺さんコンテOP)がおそらくDVDに入らないことになります。
ただし、4代目OPはセルDVDですが『心に残るお話30』に入っています。

さらに付け加えると、2代目OP(ハグしちゃお)は少なくともVol.1-7までに入っています。
「藤子系ブログ。―Futaride hitori」(http://fujikokei.exblog.jp/8572351/ 2008.5.11)さんによりますと、
2代目OPには2種類あるようですが、Vol.1-7のOPはすべて「初期Ver.」となっております。


いずれかのOPがどうしても見たいという方は参考にしてください。
……私以外にここまで無駄にOPにこだわる方いらっしゃるのでしょうか。

お金はこわいんだぞ!

2010/2/19 わさドラ ツルリン! 先生がとまらない/ 大富豪のび太 の感想です。

ツルリン!先生がとまらない(アニメアリジナル)
脚本 富永淳一/ 絵コンテ 誌村宏明/ 演出 塚田庄英/ 作画監督 志村隆行

バンクーバーオリンピックネタですね。
なんで先生がからむのかと思ったら家庭訪問ですか。
「またまた先生がくる」(40巻)から取っているのかな?
しかし、のび太。家庭訪問なのをいわないのはやっぱりまずいのでは。
またアニメ「45年後」の最初みたいに怒られますよ。

まあまあおもしろかったです。しかし、作画がどうもいまいちなのが気になりました。


・オリンピックを見ているママ
こういう生活感ある感じ好きです。みかんを補充するようすがさらにいい。

・まさつブラシ
なんかめんどくさい道具だなあ。でも、なんか理系っぽくて好印象です。まさつってところが。

・こらー、のび太ー!!!
よっ、呼び捨て? わさドラでドラがのび太を呼び捨てにしたことあったっけ!?
ものすごい新鮮です。
大山ドラの初期だとあるんですけど。(「テストにアンキパン」で確認)
ちなみに原作だとよくあります。

・ふっとぶドラ
飛行機雲がいい味だしてます。その後、スキージャンプとドラがシンクロ。
やりすぎ感もあるけど、まあいいか。最後、割れた窓がふさがれている描写があるのはGJ.


大富豪のび太(原作:32巻)
脚本 大野木寛/ 絵コンテ・演出 安藤敏彦/ 作画監督 吉田誠

ほぼ原作どおりですね。

・もしもボックス
もしもボックスのテーマはあれで固定ですかね。『新魔界』「貧乏バースデー」でも同じでした。
(「ためしにさようなら」ではBGMはありませんでしたが)
この曲、なんか不気味な感じが好きなんでこれからもかけてください!

・めりこみパンチ
「ドラえもんのアイスショー」でもあったことを考えると、やっぱりOKなんですねこれ!

・お金はこわいんだぞ!
スネ夫がいうか! しかし、前回の「貧乏バースデー」のことを考えると意味深。

・ぜひうちの銀行に
これはこわい。原作よりもホラーな感じがします。
だからこそ、次の誘拐犯の方々ももっとこわくしてほしかった!


おサカナ早口言葉
今週で終わりですねー。成功したのは青山テルマさんと真矢みきさんでした。
本職声優の方々はきっと余裕なんでしょう。むしろそっちを見せてほしかったかも。
(恐竜2006の早口ドラ&ママpvはホント凄かった……。現在も公式サイトで公開されています。)

人魚大海戦の公式サイトでは、公開アフレコ記者会見のようすと青山テルマさん・ケンドーコバヤシさんの動画メッセージが届いています。
興味がある方はこちらもどうぞ。


映画まで2週間。
来週はこれまた一週お休みで再来週は「のび太の人魚伝説」です。
「そこまで見せていいの!? というほどの迫力映像ノーカット大放出」
ということなので録画して、映画見に行くまでスルー予定です。

QuickJapan Vol.88 映画『ドラえもん』2006→2010 大いなる物語の継承

『QuickJapan Vol.88』に新シリーズ5周年を記念してドラえもんの特集が組まれています。

映画『ドラえもん』2006→2010 大いなる物語の継承

声優陣座談会(4ページ)
レギュラー5人による座談会です。映画『人魚大海戦』にちょっと触れているほか、5年間演じてきての感想が述べられています。

楠葉宏三(監督)インタビュー(3ページ)
『人魚大海戦』のほか、映画の各監督や脚本の真保さんについてコメントされています。

武田鉄矢エッセイ(3ページ)
『人魚大海戦』の挿入歌や「少年期」、F先生についてコメントされています。

この3つが主ですが、他にも、ドラえもんと声優陣5人の記念写真、2月24日発売の『ドラえもん 映画主題歌大全集』の宣伝、作家辻村深月さんの映画主題歌に関するエッセイなど、買って損はない記事になっていると思います。

ひとつ印象に残ったところをあげますと、

水田 いつも通り、楽しくドラえもんを演じさせていただきました。(中略) 記念の作品だからと、肩肘を張ったら逆にダメだなと思います。(p147-148)

確かに今回は映画30周年記念と宣伝されていますが、スタッフ・キャストはほぼ同じですし、いつもと大きく変わることはないでしょう。ですから、普段のテレビシリーズでコツコツと良作を生みだしていくことが重要だと思います。

そして、2008年ころからわさドラはかなりおもしろくなっていると感じています。ということで、スタッフ・キャストのみなさん、いつも通りのおもしろさを期待しています!

それにしても、映画主題歌大全集が……。武田鉄矢さんの楽曲については1995年のCDでほぼ補完できるからいいのですが、一番不満なのが新開拓史挿入歌「キミが笑う世界」がないことです。

「キミが笑う世界」について。
作詞を担当されたマイクスギヤマさんのブログによりますと、二番の歌詞は存在するが、録音されていないとのこと。→映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史:マイクスギヤマ♪作詞家ブログ

いまさら録音してほしいとはいいませんから、新開拓史で流れた部分だけでもCD出してくださいお願いします。

ドラえもん サウンドトラックヒストリー2 ~沢田完 ドラえもん映画音楽集~
ドラえもん サウンドトラックヒストリー2 ~沢田完 ドラえもん映画音楽集~
追記
一番のみですが「ドラえもん サウンドトラックヒストリー2」に収録されました。感謝!

ゲームセットとブルーレイと

2010/2/5 わさドラ 豪華!スネ夫の貧乏バースデー の感想です。

豪華!スネ夫の貧乏バースデー(アニメオリジナル)
脚本 藤本信行/ 絵コンテ 安藤敏彦/ 演出 八鍬新之介/ 作画監督 田中薫・久保園誠

えっと、とりあえず今日は安藤ワールド全開ということでよろしいですか。(特に後半)
個人的に安藤さんはあまり好きではないのですが、ここまで突き抜けていると逆に好印象。なぜだ?


そういえばスネ夫って自慢しまくりのわりにみんななんだかんだいって友達だと思っているんですよね。
アニメチンプイのスネ美はどちらかというとみんなから敬遠されていたような。
やっぱりドラえもんは5人そろわないと成り立たない!?

ダメですポイント多すぎてまとめられません。

一か所だけ。
・スネ夫の火起こし
ここで流れる曲、新しい曲かな?いわゆる民族音楽風とでもいうか。
ゲームのFFクリスタルクロニクルとかクロノクロスの曲みたい。こういうの好きです。
でも、ドラえもんにはちょっと合わないかな。いや、のんびりのび太には合うかもしれません?

とにかく今回は全部安藤さんです。以上。


ということで映画まで4週間。
一週お休みで再来週は「ツルリン! 先生がとまらない」と「大富豪のび太」です。

DVD ドラえもん みんなが選んだ心に残るお話30 仕様まとめ

DVD ドラえもん みんなが選んだ心に残るお話30~「テストにアンキパン」編を購入しました。


DVD仕様まとめ

DVDプレイヤー(私の環境ではPS2)に入れると各会社のロゴ、コーションメッセージが流れる

チャプターメニュー(以後、"すべて再生"を選択したとき)

大山ドラOP
夢をかなえてドラえもん
わさドラ3代目OPアニメ
大山ドラスタッフ・キャストのクレジット

わさドラOP
夢をかなえてドラえもん
わさドラ4代目OPアニメ(渡辺さん絵コンテ)
わさドラスタッフ・キャストのクレジット

テストにアンキパン(1979,1992,2005)
精霊よびだしうでわ(2008,1981)
しかしユーレイはでた!(2008,1985)
せん水艦で海に行こう(2008)
眠る海の王国(2008)

EDはなし。


ポイントまとめ

OP
大山ドラOPが現在のわさドラ版!
キャラデザも違いますし、大山版のほうがよかったのでは。ただでさえ2回続けてOP流れるのだから飽きる気がします。
でも、「夢をかなえてドラえもん」に合わせて "ドラえもん 大山のぶ代 のび太 小原乃梨子"と流れるのはなんだか新鮮でした。
これはこれでいいですね。

今回のDVDに限ったことではないのですが、OPテロップの声優さんについて。
メインキャラは演じたキャラ名が表示されるのですが、ゲストキャラは声優さんのお名前だけが並びます。
スタッフさんお願いですからキャラ名も表示してください。
(後述しますが、キャラ名まで書くとテロップが多すぎるからなのかなあ)

2010.2.23追記
改めて確認したところ、このDVDでは声優表記自体がメイン5人+ドラミしかありませんでした。
他の方はお名前すら出ず。
……これはさらなる問題だと思います。

放送順
同じ話でもバージョン違いがありますが、心に残るお話30でランクインしたほうをはじめにやるようです。
(なんでアンキパンは大山ドラ→わさドラなのに、ほかの話はわさドラ→大山ドラなのかと最初思いました)
しかし、バージョンが違うとはいえ同じ話を連続してみるのはやっぱり飽きると思います。
(視聴者は子どもが多いでしょうし)
大山ドラOP→大山ドラ本編→わさドラOP→わさドラ本編、としたほうがよかったと思います。

ED
EDがないぶんOPに表示されるクレジットが多くてOPアニメが若干見づらいです。
大山ドラにはEDあるのですから、EDつけて半分はそちらでクレジットしていただきたいです。


といったところです。もちろん本編は悪くないですよ。
今度は「ドラえもん 原恵一演出編」とか「渡辺歩演出編」とか希望です。
「あのクレしんオトナ帝国」の監督! とか「あの劇場版のび太の結婚前夜」の監督! とかで煽れば一般層にも……無理か。
そういえば、ちょうど原・安藤さんの演出が始まる84年あたりから止まっている大山版DVD(レンタル)のリリース再開もしてほしいですね。

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード