Entries

ドラえもん 四角いドラえもん/ガキ大将に一票を!

2011/2/25 わさドラ 四角いドラえもん/ガキ大将に一票を! の感想です。

一週間に一回、計四回ロボットSFレビューしたよ! ただし自己満足。MMMbeの感想加筆もできたし、あとは新鉄人見たらとりあえず死んでもいい。

華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)あ、しまった……。『華竜の宮』土日中に読もう。『華竜の宮』がうわさ通りの傑作だとして、その興奮が冷めないうちに鉄人の公開日が来てしまったら、上田さんと寺本さん両方に失礼だ。

とりあえず、プロローグだけ読んだ。これは、来たかも。

そして、この2作に挟まれる予定の小説版ドラな瀬名秀明さんちょっとかわいそう。

四角いドラえもん(アニメオリジナル)
脚本 清水東/絵コンテ 善聡一郎/演出 八鍬新之介/作画監督 をがわいちろを


コンテ善聡一郎・作監をがわいちろを、待ってました!

なんかすっごくしずかちゃんがかわいかった! しずかちゃんだけでなく今回作画がかなり良い。をがわさんのおかげか? GJです! をがわさん、誕生日スペシャル以来さりげなく大活躍ですな。

私は1/14「空飛ぶ! 野比家のコタツ」と1/21「のび太のペットは紙の犬!?」のときの「ピッポのえかきうた」でピッポを書き終わったあと、絵から飛び出してくる一瞬の絵・動きが大好きなんです。もっとも、ここはもしかしたらをがわさんよりも、原画(新村杏子さん)の働きのほうが大きいのかもしれません。

内容としてはスケジュールどけいドラ。いや、スケジュールどけいよりもタチがわるい。

四角いドラはもちろん、全部四角い世界ってものすごく違和感あるという発見が新鮮に感じた。こんなアイディア考えたの誰だ。善さんか。天才。

人間の長所は大ざっぱになれること、という意味で今回のドラはいかにもロボット。いや、大ざっぱに処理できる人間、というか生物の脳って本当に凄いよ。詳しくは有名ですがフレーム問題を知っていただければと思います。フレーム問題(1):哲学的な何か、あと科学とか

まあ、塩少々とかをもっと正確に書けというのはわからんでもない。初めて料理をすると結構気になったりする。

ガキ大将に一票を!(アニメオリジナル)
脚本 小林英造/絵コンテ 誌村宏明/演出 腰繁男/作画監督 志村隆行


「ガキ大将はおれだ!」ってそもそもガキ大将は自称するものだっけ。あと、ガキ大将ってわりと勝手に決まるもので、選挙で決めるものではないよね。

ダイスをころがせ!〈上〉 (新潮文庫)
ダイスをころがせ!〈上〉 (新潮文庫)というツッコミはともかく。この話こそ真保裕一さんに書かせるべきでしょう。

なんの後ろ盾もない野比のび太がガキ大将に立候補! 無い選挙資金はドラえもんの頭と道具、友達のボランティアでなんとかする。選挙妨害に遭いながらも、有権者、特に無党派層に働きかけて当選を目指す青春アニメ。さあ、いまこそダイスをころがせ!

でも、真保さんって短編がイマイチなんだよね。じゃあ長編にすればいい。来年の映画はこれ。決定。

白紙投票で決まらないオチだと思ってたから予想外のオチで吹いた。伏線はきちんと張っていたので好印象です。

しかし、立候補してなかったのか。私は当選者を見て、「2人がダメだからわたしも立候補したの。決まったんだからわたしに従いなさい!」みたいなものを予想した。でも、それも合うと思わない? どっちにしても、妥当な結果だと思う。

きょうは2作ともとても良かった。とくにAパートはインパクト抜群で印象的。ドラミもちゃんとした出番もらってよかったね。

ピッポのえかきうた
寺本さん、寺本さんだ! 生きてる。座ってる!

おほん。あまり前面には出てこない方なのでつい。しかし、やっぱり寺本さんは普通のお姉さんに見えます。あいかわらずいるだけで場が和みそうな方です。ただし、現場でどうかは知りません。イメージと全然違ったりして。

公式サイトの資料集増えてる。うう、怪我をしたピッポを抱きしめるリルルの絵になんかきた。名作に違いない。あーやっぱのび太⇔ピッポが鍵か。寺本さんの描くのび太、好きなんだよ。

寺本さんに直接声を届けるにはどうしたらいいのかな。テレビ朝日に感想送るしかないのか。声優さんは手紙送ればいいんだけど。とにかく、声はもっと届けたい。きちんと実名と住所を明らかにして。

来週3/4の放送は「ロボット・ボロよ、永遠に」 です。
ロボットもの、か。

山本弘『アイの物語』

アイの物語 (角川文庫)鉄人兵団の情報も出てきているようなのでロボットSFの名作を紹介。テーマは「ロボットの心とは」「現実とフィクション」あたりか。

ちなみにMy Merry Mayファンは必読です。この記事読んだらすぐ本屋いきましょう。鉄人兵団ファンも一読を勧めます。この作品はまさに鉄人兵団(人間に憧れるロボットの話)のアンチテーゼ。読んだことで、映画全体の印象が変わるかもしれません。

さまざまなところで創られてきた、人間になろうとするロボット。しかし、人間ってロボットが憧れるほどすばらしい生き物?

鉄人兵団でも言われている通り、人間は憎み合い、殺し合い、理屈に合わないことばっかりしています。心の揺らぎなんてロボットから見れば明らかに不合理なもの。つまり、ロボットが人間になりたいだなんて、思うはずがない。

もうひとつ、ロボットものの命題「ロボットに心はあるか」
人間はどんなときにどんなことをするか、どんなことを言うか、パターンはある程度決まっています。そのデータを集めていけば、あるときロボットに「心」が生じることはあるのではないでしょうか。

そのとき、ロボットはどんな行動を取るのか? 人間に対して反乱を起こすのか? それはない。

それはなぜか。その答えは本書の登場ロボット、アイビスが語ります。ロボットこそが完全という世界観。行きつく先は、人間とロボットの共存。これから、文学の価値を問う壮大なメタゲームが始まる。

さて、本当にロボットが「心」を持ったらアイビスみたいになるかはちょっと疑問。人間との対話の中で対応を学んでいくのだから、反逆を起こすのではないかという考えを私は拭いきれない。

でも、ロボットと人間の考え方は根本的に違うというのも確か。言語のみを通した人間コピーがロボットなのかな。観念・思想的なものはコピーされない? でも人間の思考はある程度言語に縛られているから……あーわかんない! 人間は心を持つロボットを造ってもいいのだろうか。悩む。

ちなみにロボット三原則なんて役に立ちませんからね。

あいまいな命令であるロボット工学3原則を理解できるようなロボットは、もはやプログラムに縛られない存在だろうと語った。
山本弘氏、「人類は異質の知性を受け入れなければならない」と語る:Robot Watch

聖者の行進 (創元SF文庫)
聖者の行進 (創元SF文庫)適当にロボット三原則持ちだす前に本家本元アシモフの「心にかけられたるもの」は読むべし。……しかし収録本の『聖者の行進』が絶版とかひどすぎる。

あと、もうひとつ気になったところ。(以下『アイの物語』ネタバレ反転)
ロボットは完全、人間は不完全と言われて素直に受け入れていいものか? 相手が完璧すぎるとなんか腹立つのが人間ってものじゃないですか。「納得できるけど、納得しない!」という人間らしい意気込みがあってもいいのでは。ただ、渇いた筆致で描かれた世界ですから、この作品に限ればこのオチのほうがしっくりくるかな。

しかし、山本弘よく書いてくれた。私自身、人間すばらしい系の考え大嫌いでして。(別にアンチ人間ではありません。あと、鉄人兵団は普通に好き。というか大好き。やっぱり鉄人はロボットの話と見なさないほうがいいな。そのほうがすっきりする) 

ちなみにこれは人間とロボットの話で非現実的に思えるかもしれませんが、十分現実に適用できる話です。たとえば障害者とのコミュニケーション。

失礼じゃないか?
すべての人間をデフォルトで「私と同じようになりたいと思っている」とみなすのは。障害を持つ人をデフォルトで「健常者未満」とみなしてはいないか?
手話で増える聴覚障害者:科学に佇む心と身体

そうそう。まさにこれなんですよ。耳が聞こえないことに誇りを持っているというのは普通にありだと思います。

世の中にはアニメとかライトノベルとかドラえもん好きなことに誇りを持っている人もいるんだし!(注:私はそれほどアニメやライトノベル好きではありません)

まあとにかく。世間一般から見れば特殊であっても、皆人間なんだよってことは忘れてはいけないと思います。

で、最後にあいかわらずMMMbeの話なんだけど。
「人間になりたいと思わないの?」という詩音の返事が痛烈すぎる。これ、「リース、君には心がある。→良かったね」という主人公への素敵なアンチテーゼ。

もっとも、リース編はそういう主人公の立場に疑問を持たせるようにも描いていると思うんだけど……。正直西川さんの意図が読めなすぎる。人間の心はすばらしいものという主張を押し付ける愚かさを描いたのがリースBであり、これがリーストゥルーエンドだと私は思ってるんですが皆さんはどうなんでしょう。

余談。詩音が「マスター」と主人を呼んだとき、Mayリースを連想した。詩音、リースと似てクールだし。
タグ: 本・SF

ドラえもん 白亜紀へ家出

2011/2/18 わさドラ 白亜紀へ家出 の感想です。

白亜紀へ家出(アニメオリジナル)
脚本 藤本信行/絵コンテ 安藤敏彦・楠葉宏三/演出 松村樹里亜/作画監督 三輪修・小野慎哉


ああ、もしかしてきょう誕生日スペシャルだったのか。ぜんぜん知らなかった。と、なると……やっぱり安藤さんかよっ!

貧乏な暮らしをすれば心が豊かになるなんてさっぱり信じていない私なのである。別に昔に行かなくても洗濯機とか冷蔵庫とか全部捨てればいいじゃない! 私は嫌だけど。

もっとも、去年の貧乏バースデーのことを考えると、骨川家は現代家電なんてなくてもポジティブに暮らしていくにちがいない! 私とは格が違うのです。

いまさらだけど、スネママの高山さん、いい演技するよね。というより、わさドラのママ陣はかなり強力。4人のなかではしずかママの出番が少なめなのが残念か。そのうちしずかとしずかママのエピソード期待。

GPSは今年から来年にかけての太陽風の影響で、現代でも使えないかもよ。そう、今年はRemember11で飛行機が落ちる年。Ever17よりもこっちリメイクリメイク。

恐竜の子どもがかわいくてあとはどうでもよくなった。きょうは特になし。後半の暗転演出がめずらしかったことくらい? 「ドラえもんがダイエット!?」でもあったから、ここ安藤さんかな。

『のび太の人魚大海戦』にみるSF者的「業」の欠如+ドラにおける父親と母親:Togetter
SF面は個人的にはどうでもよく。それよりも。

特に、食事中に地震が起きるシーンで、ママがのび太をテーブルの下に引っ張り込む一瞬の描写は必見。森瀬繚:Twitter

私よりも前にこれを言っている方がいた!!! 私もこのシーン大好きです。新魔界で2番目くらいに好きです。だからこそ、あの場面ののびドラのにらめっこはいらなかったと思う。とにかくママ関係は、寺本さん強いよね。

ちなみに「昔の映画の方が良かった」とか思ってる人は、一度ビデオで観直してみるといい。そんなに出来のいいもんでもないよ? 森瀬繚:Twitter

私は大山ドラあまり好きじゃないです。だって絵が古いから。すみません現代っ子で。でも、子どもたちにはこれ結構大きいと思うよ。

あと、大山版「精霊よびだしうでわ」の評価がやたら高いから、期待してたのにイマイチだったり。そんなにおもしろいかなあれ。マニアの評価なんて当てにならんと思う理由の1つ。原作ファンとして反発したくなるところがなくはないけど、大山ドラならアニメとして楽しめる渡辺回のほうがずっと楽しめる。

来週2/25の放送は「四角いドラえもん」「ガキ大将に1票を!」です。
見た瞬間吹いた。

小川一水『時砂の王』

時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)舞台はなんと26世紀から3世紀まで。過去へさかのぼって人類を滅亡させようとする謎の敵ETとそれを防ぐために造られた人工知性体メッセンジャーたち。

メッセンジャーは先に過去へ行ってETを迎え撃つものの、ことごとく敗走。絶望的な状況のなか、3世紀、弥生時代の邪馬台国で最終決戦の火蓋が落とされる……!

中篇のはずだったんですが、書いているうち妙に勢いがついて、とても中篇では済まない量に膨張してしまったものです。
文庫新刊「時砂の王」が出ます:小川遊水池@blog

嘘でしょっ!? 小飼弾さんも言ってるけど、超長編を縮めて280ページにしたとしか思えない。

過去へさかのぼる方式はなかなか鉄人兵団チック。しかし、タイムパラドックス前提の話なので鉄人兵団のあれみたいな違和感はありません。むしろこの設定上の絶望感がハンパない。敗走して時間さかのぼって敗走して時間さかのぼって……。

過去へ戻った時点で新たな時間軸が生じるため、たとえETを撃退できたとしても、生じる未来は新しくできる未来。自分の知っている未来にはもう二度と戻れないのです。

なぜそこまでして人類を守る必要があるのか。それは「カンビュセスの籤」的な自己の種を永続させたいという盲目的な欲求に、人類が操られているからでしょう。でも、そういう生きたいという意志は、私は大事だと思う。
タグ: 本・SF

ドラえもん ドラえもんだらけ/鏡の中の世界/のび太の人魚大海戦

2011/2/11 わさドラ ドラえもんだらけ/鏡の中の世界/のび太の人魚大海戦 の感想です。

ドラえもんだらけ(原作:5巻 2005/6/10作品をリメイク)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 八鍬新之介/作画監督 吉田誠


リメイクなのにタイトルは変わらないのね。まあ、大山ドラのリメイクタイトルは結構センスないことが多かったような気がするからいいや。

水田さんが頑張ってました。こんなに凄かったっけ水田さん。あと、今回は動く動く。話自体は2005年バージョンとそれほど違いはないけど、動くだけでこんなに迫力が出るとは。

なんてすばらしいアイディアではありませんかー! いや結局自分でやらなきゃいけないんでしょっていう。せめて一週間後、二週間後にすれば……それはそれでイヤか。今日はまたあいつがくるめんどくせーとなる。

しかし、八時間後の自分が目を血走らせてスパナを持って襲いかかってくると考えると怖すぎると思います。なにこのホラー映画。彼をポカポカする皆も自分なんだからもう少し手加減しなさい!

ところで、リメイクするならもっとすべきものがある。「ためしにさようなら」ただし作画だけ。作画はあまり気にしない私でもあれは酷いと思った。作画以外も悪ければ別に構わなかったんだけど、あの回はそれ以外完璧だっただけに。

鏡の中の世界(原作:33巻)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 三宅綱太郎/作画監督 嶋津郁雄


ミラー貝入というセンスがすばらしい。

??? なぜイキアタリバッタリサイキンメーカーが? 細菌が危ないから鏡の中でという理屈はわかるけど、わざわざこの話に出さなくてもいいような……。大きくなって食べるという解決法も安易だし、最後鏡を割らなくても問題なかった。ドラや菌でピンチを演出するよりも鏡が壊れたあとの孤独を演出したほうが良かったと思う。

しかし、超巨大ドラやきが町をぶっ壊していくようすはシュールだった。原作だとあまり大きくならずに消えちゃうから、これを見られただけでもいいか。せっかくなら「へやいっぱいの大ドラやき」を最初にやっておいて、今回ドラや菌ふたたび! とすべきだったかも。

秋色吐息 ~福山雅秋 Official Website~
ここまでこだわったWebサイトを作るとは……。スタッフの余裕の表れか。でも、チョイ役でしょ?

のび太の人魚大海戦
監督・絵コンテ 楠葉宏三/脚本 真保裕一/演出 木村延景/作画監督 浅野直之


うわまたEDカットか。余韻に浸れない。

背景美術・音楽が醸し出す雰囲気が良すぎる。私が映画ドラ見に行く動機の三分の一から二分の一はこれ。ラストバトルの緊迫感があまり無かったのが残念だけど、前半の雰囲気が良すぎるから評価は高くしておきます。これ緑の巨人伝もそうか。

まあ、人魚で一番興奮したのはじつはスタッフロールの「おまけ映像 寺本幸代」を見たときだけどね! 心の中でガッツポーズですよまったく。


ドラとはほとんど関係ないけど書きたくなったから書く。

作家である上田早夕里先生のTwitterのログを眺めていたら。

「編集者が仕事をしていない」という言葉が一緒に出てくるからです。(中略)冗談ではありません!! 編集者と校正と校閲ほど、日本語に厳しい人たちはいません!! 彼らの現場を知らないで、憶測だけで物を言うのはお控え下さい。
上田早夕里(@Ued_S)/2010年11月06日 - Twilog

ご、ごめんなさい……。それ、アニメ感想の私。かなりテキトーなことを言っている自信アリ。できるかぎりわからないことは書かないようにはしているのですが。でも私の言ってることを真に受けるとたぶん大変なことになるので話半分で聞いたほうがいいと思う。

ちなみに私の嫌いな言葉は脚本が良い・悪い。映像作品の出来は脚本で決まるほど甘くないよ。戯曲を読むと、演出家の凄さがわかる。文字で書いていない隙間を想像するのは、じつはとても難しいこと。

脚本家の方に「あのシーンがよかったですよ」と言ったら、「私はそんなシーンは書いていません」なんて返された事が何度かあります。
脚本家の取材は難しい:WEBアニメスタイル_COLUMN

だって。

上田先生の創作関連のお話はいつも私の心にグサグサ突き刺さるので、好きです! 耳が痛いけど、それでも。ドラ関係でもいろいろ参考にしてます。ドラマニアの論評なんかよりもずっと心に響くし。

来週2/18の放送は「白亜紀へ家出」です。
あいかわらず壮大な家出。

寺本幸代コンテ演出リスト

そういえば寺本幸代さんのドラ担当作リストがないってことで作ってみた。2017/9/18までのデータです。 2014年10月から『怪盗ジョーカー』の監督を担当してしばらくドラ不在でしたが、2017年8月にひさびさの復帰。

他のドラスタッフで人気な高橋渉さん担当作リストは◆さんのデータをご覧ください。 →高橋渉コンテ演出リスト:◆ (高橋さんのリスト使わせていただいてます。ありがとうございます)

渡辺歩さんリストはこちら。作画@wiki - 渡辺歩

ドラえもん
放送日サブタイトル役職DVD
2005/4/15勉強べやの釣り堀演出Vol.1春05
思い出せ! あの日の感動演出Vol.1
2005/5/20(秘)スパイ大作戦演出Vol.3
ハロー宇宙人演出Vol.3
2005/6/24おかしなおかしなかさ絵コンテ・演出Vol.4
まあまあ棒絵コンテ・演出Vol.4ひみつS「のび太編」
2005/7/29ころばし屋絵コンテ・演出Vol.6
きこりの泉絵コンテ・演出Vol.6夏05心30「ロボット裁判所」プレコレ「ひみつ道具IN」ひみつS「ジャイアン編」
2005/9/23ああ、好き、好き、好き!絵コンテ・演出Vol.9
出木杉グッスリ作戦絵コンテ・演出Vol.9冬05
2006/1/27タタミのたんぼ絵コンテ・演出Vol.13春06ひみつS「ドラえもん編」
オーバーオーバー絵コンテ・演出Vol.13春06
2006/3/10無人島の大怪物絵コンテ・演出Vol.15
2008/5/23ドラマチックガス絵コンテ・演出Vol.33秋08
のび太はエライ! をもう一度絵コンテ・演出Vol.33春08
2008/7/11七夕の宇宙戦争絵コンテ(共同:鈴木孝義)Vol.35心30「あべこべの星」
2008/9/5ドラえもんの青い涙絵コンテ・演出心30「僕の生まれた日」プレコレ「未来の国から」
2008/12/12大あばれ、手作り巨大ロボ絵コンテ・演出Vol.40冬08プレコレ「ひみつ道具OUT」
2009/3/6天の川鉄道の夜絵コンテ・演出(共同:吉野芙紀)プレコレ「無限の宇宙で」
2009/6/26のび太を愛した美少女絵コンテ・演出(共同:吉野芙紀)プレコレ「のび太モテモテ?!」
2009/11/13宇宙人を追いかえせ!絵コンテVol.49プレコレ「ひみつ道具IN」
2014/2/7雪だるまが町にやってきた絵コンテ・演出Vol.91
2014/2/28会いたいヒト回転寿司絵コンテ・演出Vol.92
2017/8/18がんばれ!おばけハウス絵コンテ-
2017/8/18ロビンソンクルーソーセット絵コンテ-

* 2009/1/9「のび左エ門の秘宝」について。
レンタルDVD Vol.41で「絵コンテ:寺本幸代」となっていますが、地上波本放送・再放送(2011/1/3)ともに「絵コンテ:鈴木孝義」とあることから誤表記と思われます。

映画ドラえもん
公開日タイトル役職
2007/3/10新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~監督・絵コンテ(絵コンテ補佐:鈴木孝義)
2010/3/6人魚大海戦おまけ映像
2011/3/5新・鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~監督・絵コンテ(共同:矢嶋哲生)・挿入歌作詞
2012/3/3奇跡の島おまけ映像
2013/3/9ひみつ道具博物館監督・絵コンテ(共同:久場良忠)
※「アムとイムのうた」一曲。(マイクスギヤマ:Twitterより)

個人的なおすすめは『新魔界大冒険』『新・鉄人兵団』「ドラマチックガス」「ドラえもんの青い涙」「天の川鉄道の夜」「のび太を愛した美少女」かな。

寺本さんってベガ入ってすぐOP絵コンテ担当して、4年で1時間作品の監督!? ナニモノですかこの人は。新魔界のインタビューで初めてお姿を拝見したときは「普通のかわいいお姉さんじゃないか!」と思ったのですが、全然普通じゃありませんでした。寺本さんごめんなさい。

Wikipediaの寺本さんOP3担当という記述のソースが確認できない……。もしかして、Wikipediaの飛ばしか? ちなみに現在のOP5の演出は寺本さんです。この前偶然シンエイ動画に勤めている方に会って聞くことができました。


とか言ったらWikipediaに載せられるんだろうか。嘘です。OP5担当スタッフなんて知りません。(でもひみつ道具博物館見たら寺本さん担当としか思えなくなってきた)

CLAMP『ちょびっツ』

あなたはヒトでないものを愛せますか? ヒトそっくりのロボットを愛せますか? ロボットの「心」は所詮プログラムかもしれない。それでも愛せますか?

My Merry Mayの感想? 違います。『ちょびっツ』の感想です。

ちょびっツ 1 (ヤングマガジンコミックス)ということで、My Merry Mayの元ネタの可能性があると聞いて久しぶりにマンガを読んだ。

うん。これは間違いなく元ネタのひとつだ。(まさか「かわいいね」もパクリだったなんて……)

このマンガの舞台は、人型「パソコン」が普通に存在し、受け入れられている世界。彼らはヒトの社会に溶け込み、ヒトと行動を共にしている。しかし、彼らはあくまで「パソコン」 その思考はそれは「マスター」がインストールしたプログラムでしかない。結局のところ、彼らが「自由」に行動することはないのだと。

そんな世界で、主人公はゴミとして捨てられていたパソコン「ちぃ」を見つける。なぜかOS無しで作動した彼女。まさか、ちぃは自分で考えて自分で行動するという伝説のパソコン「Chobits」ではないか!?

古典的ですが「ロボットに心はあるか?」がテーマのひとつでしょう。しかし、他にも多くのテーマが盛り込まれていると感じました。「心の無いものを愛せるか?」「ロボットに夢中になるっていいことか?」「ロボットに死んだ人間の記憶データを入れ、その人間の代わりにすることはできるか?」などなど。ってこれまんまMy Merry Mayじゃん!

私が気に入ったのは心どうのよりも、人間がパソコンばかりに夢中になって人間を愛せなくなっているのではという場面。パソコンは自分の言うことを聞いてくれる都合の良い存在。一緒にいて楽しいことは間違いない。でも、それでいいのかという問いはかなり考えさせられるものがありました。

人型「パソコン」となると現実感湧きませんが、いわゆる二次元萌えなんかにも通じると思ったり。アニメの女の子って非常に理想化されたキャラクターが多いように感じます。彼女たちにのめりこんで「三次元には興味ありません!」なんて言っていていいのでしょうか? と。

ってこれやっぱりマイメリですね。

結論:マイメリファンはリスペクトの念をこめて読め。

My Marry May with be(限定版)
My Marry May with be(限定版)ちなみに魂・心の解釈はマイメリとは少し違うかもしれません。Maybeトゥルーみたいなのを期待していると「えー!」ってなるかも。しかし、非常に私好みのオチではありました。割とマイメリの西川さん寄り。

できれば『ちょびっツ』ファンの皆さんも、PS2, PSPゲームの『My Merry May with be』をお願いいたします。

『ちょびっツ』 上で挙げたテーマのすべてを処理しきれたとは言えませんが、なかなかの佳作です。ヒトの造りしもの、の話が好きな方におすすめ。もちろんマイメリファン以外の方もどうぞ!

ドラえもん ジャイアンの家を大改造/のび太になるシール!?

2011/2/4 わさドラ ジャイアンの家を大改造/のび太になるシール!? の感想です。

ジャイアンの家を大改造(アニメオリジナル)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 八鍬新之介/作画監督 田中薫


職人ロボットの声がおもしろいから誰かと思いきや、コロ助や旧チャミーの杉山佳寿子さんではないですか。やっぱり上手いなぁ。

剛田家がコンビニ改装の危機になりそれを防ぐために奔走するジャイアン。なぜか凄腕の大工職人に弟子入りするハメに…? コンビニってところがなんかリアルで怖かった。ま、あの商店街には近代的なコンビニは似合わないと思うけどね。たとえ売ってるものが同じでも、コンビニではダメなんです。剛田商店という名前、雰囲気がいいんです。

それをわかっていてどうしてのび太の家はあんなに周りに合わないリフォームをしたのか理解に苦しむ。待て。短時間であんなの作ったあげくゴミが出てないとかそれどう考えてもおかしいぞ。

別に立派なリフォームなんてしなくても棚さえ直せばいいんじゃない、という私の心を汲んで、普通に良い話に仕上げてくれました。ジャイアンのお母さんの目が一瞬うるんだあと、元気に「あったり前だよ」と言う演出に私もちょっとうるっ。わさドラのジャイアンのお母さん、何気に好き。

のび太になるシール!?(原作:プラス1巻 代用シール)
脚本 藤本信行/絵コンテ 西田健一/演出 吉野芙紀/作画監督 鈴木まりあ


なんかやばい道具です。人に催眠術をかける危険な道具です。あくまで「代用」シールなんだから貼られたものが本物と見なされたらこの話のように大変なことになるんじゃないですか。だって本物の「のび太」も「のび太」だよね。あのポストからは自分を「本物」と勘違いさせ、他のものを無視させる電波が飛んでいるんでしょうか。それは怖すぎると思います。

ポストです。ポストです。ドラポストです。これだけでこの話に価値がある。シュールすぎると思うんですよ。ポカンとポストとして突っ立ってるドラが。ついでに三輪車にも吹いた。なんでよりによって三輪車なんだよ!

赤信号。「だめー! とまって!」そして皆さん止まる。爆笑。くだらなすぎる。

最後にはポストに対して、みんなで真っ赤になって反省してるみたいだから勘弁してやる、とかもうどこに突っ込めばいいのやら。

私にとって原作のポイントはドラポストとオチポストしかなかったわけだけど、アニメで大量のポイントが追加されてことに歓喜。だから大好きわさドラ。

しかし、わさドラののび太はほんっといい表情するね。この悪人面を見るたびに思う。

ピッポはボーリングの玉扱いされたり卵扱いされたりでさんざんだな……。一つ気になったんだけど、ピッポはあくまでジュドの「頭脳」であったわけで、ジュドの「身体」にはいって真のジュドとなる。頭脳が身体にも変化するってなんかおかしくない? いやどうでもいいんだけど。

来週2/11の放送は「ドラえもんだらけ」(リメイク)「鏡の中の世界」「のび太の人魚大海戦」です。

秋色吐息 ~福山雅秋 Official Website~

……。

スタッフが映画の作業にお疲れでなんかおかしくなっちゃったみたいです。皆さん、励ましのお手紙を送りましょう。

ジェイムズ・P・ホーガン『造物主の掟』

造物主(ライフメーカー)の掟 (創元SF文庫 (663-7))ロボットの心がなんとやら。そんな難しいことどうでもいいじゃないおもしろければ! この作品のロボットは人間そのままで差別化がなされてない? やっぱりそんなのどうでもいいじゃない!

土星の衛星タイタンで文明を築き、中世そっくりの社会で生きる人間そっくりのロボットたち。中世の暗黒時代に縛られたロボットたちを救うのは、この星を訪ねてきた人間、科学、キリスト教! 人間ってなんてすばらしいんだぁぁぁ!

ああ、ゼロ年代の絶望感溢れた作品を読んでると、ホーガンの作品の明るさが懐かしい。

ということで去年お亡くなりになったジェイムズ・P・ホーガンのロボットもの。2008年頃からSF界はあれやこれやありましたが、まさかホーガン先生がお亡くなりになるとは予想外でした。その半年前には訳者の小隅黎先生もお亡くなりに。お悔やみ申し上げます。

詐欺な心霊術師がロボットたちを救う物語。あれです。これ読んだらきっと山本弘さんが怒ります。なんて疑似科学だと。ロボットたちはだまされやすくていかんと。

でも、いいじゃない。そんなこと言ってたら宗教なんて無意味になってしまう。結局のところ、信じるかどうかなんですよきっと。クリストファー・プリースト『奇術師』で交霊術のインチキを告発したときも、誰も幸せになんてならなかったんだし。

まあ、前述した通り、ロボットの描写は人間そのままなので、そのへんを求める方には足りないかもしれません。しかし、しかしだ。ロボットたちになぜ個性ができ、独自の生態系を築けたのか。これを説明するプロローグが凄すぎるからやっぱり読んでください。人によってはこの小説はプロローグさえあればいらんという方もいそう。

ハードSFを求めず、純粋に楽しみたい方はプロローグは適当に読み飛ばして本編へ。結構キリスト教万歳すぎる描写が気になったけど、エンターテイメントとしては十分楽しめる作品。これを読んだあと、アンチキリスト教な映画ドラえもんの鉄人兵団へGO!
タグ: 本・SF

My Merry May with be 感想リンク集

My Merry May with be 感想リンク集です。全部載せるとキリがないので厳選して載せようと思ったら、削った感想のほうが少なかったというオチ。なんでこんなに長文ばっかりなんですか。皆さんマイメリについて考えすぎです。

でも、本当にありがとうございます! 多かれ少なかれすべて参考にさせていただきました。私の感想はこちらです。→それは、最後まで残酷な物語 My Merry May with be ネタバレ感想

PlayStation mk2:My Merry May, My Merry Maybe, My Merry May with be
(with beの松岡由貴さんの絶賛されっぷりが凄い……)

ErogameScape-エロゲー批評空間-:検索結果 My Merry May

2ちゃんねる:-My Merry May- ネタバレ専用mimizunミラー

410のシアワセ☆:My Merry May, My Merry May with be

ADVGAMER:MY MERRY MAY (マイ・メリー・メイ), My Merry Maybe (マイ・メリー・メイビー)

AMBITION&DESIRE:『My Merry Maybe』プレイ日記「最高のリスペクト」, My Merry May with be
(他にも多くのマイメリレビューを書かれていますので、ぜひwith be「関連レビュー」のリンク先もどうぞ)

Chaotics:My Merry May 「包み込むように」, ゲーム+α日記(2002年10月), ゲーム+α日記(2002年11月)

LOVE and PEACE:My Merry May, My Merry Maybe

Miyakoshi's Page:My Merry May with be

Pandemonium:My Merry May, My Merry Maybe

Rainny Kids:My Merry May, My Merry Maybe 7月, 8月, 9月, 10月, Erde ~ネズの樹の下で~

Second-Class TeaRoom:My Merry Maybe

いちろーのお気楽極楽 :My Merry May評価, My Merry Maybe評価

一歩進んで二歩下がる:マイメリ感想

うみのあお、そらのあお:My Merry May & My Merry Maybe 感想

月のない夜の更新ブログ:マイメリ&マイメビ感想

胡蝶の宴:My Merry May, My Merry Maybe

坂の途中:My Merry May with be, My Merry Maybe

戯言邸:戯言日記2006年2月

人類絶滅計画推進委員会:マイ・メリー・メイ, マイ・メリー・メイビー

蒼遠ノ風~ろーとるげーまーの部屋:まいめりさん墜落日記, MyMerryMaybe-墜落日記, 寸評-Dreamcast ま行

たかひろ的研究館:My Merry Maybe

つっとむのネタバレ日記:My Merry May with be

鋼の心:My Merry Maybe

始まりのない過去 終わりのない未来:My Merry May, My Merry Maybe

水色石の雑記帳:My Merry May with be 感想まとめページ
タグ: Qtron MyMerryMay

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード