Entries

新・鉄人兵団はエンパシー要素が成功のカギ、ついでにFF13のススメ

そろそろ新・鉄人兵団レンタル開始ということでもう一発up。先日「エンパシー 思いやり 瀬名秀明」というキーワードで来た方がいらっしゃってテンションあがったのもあり。

小説版鉄人兵団を担当した瀬名秀明さんがシンパシーとエンパシーを重要視した執筆活動を行っているのはご存じの方はご存じかと思います。解説を集めてきたのでそもそもシンパシーとエンパシーってなんやねんという方はご覧ください。

「自分がしてもらいたいことを、他人にしてはならない」:路上カウンセラーの【それでも人生は素晴らしい。】
「導線」か「動線」か、「empathy」か「sympathy」か:IA Spectrum
sympathyとempathy, independentでdependableな関係!:☆RUBY'S My P.L.L☆ ~My Private Lov3 Lessons~
(皆さんわかりやすい解説ありがとうございます。私の知識整理にも役立ちました)

シンパシーとエンパシー、これは私が追っているテーマでもあります。

きっかけはMy Merry Maybeのリース編です。主人公の浩人はリースにシンパシーを感じていたが、客観的なエンパシーを感じることができなかったためにああいう結果となった。

で、私が旧・鉄人兵団の嫌いだったところがこれと一緒です。旧・鉄人兵団はのび太たちがけがをしたリルルに共感して彼女を人間の側に寄らせたいという話であって、ロボットとしてのリルルの立場を無視した部分が納得いかないというのは何度も言いました。

そのシンパシー重視のところはVinegar56%さんがおっしゃるように、

自分たちの思いやりにリルルが共感することと、リルルがロボット側の論理を捨て人間側の論理を信じることをイコールで捉えているように見えます。
非ニコマス:そして彼女は天使になる 大長編ドラえもん「のび太と鉄人兵団」について -すごろく妄想格納庫 (延長戦)

この部分からもはっきりと読み取れます。この作品、「自分と同じように相手も思っているにちがいない」というシンパシーの罠に後半のリルル以外がはまってるんです。というかVinegar56%さん、「共感」という言葉を使ってるし完璧……私やることない。

で、本題の新・鉄人兵団。この作品でもっとも重要な軸はピッポ→のび太軸であり、ここがあったからこそ新・鉄人兵団が成功したと断言します。なぜなら、ここは相手を対等な存在と見た、重要なエンパシーポイントだから。

ピッポは人間に対する同情も共感もあまりなかったにもかかわらず、気づいたんです。ロボットと人間を互いに独立した存在としてとらえ、そのうえで2つは同じだと。これはまさしくエンパシー。実質ピッポ=リルル(の良心?)である以上、ピッポの心情変化はリルルにも影響を及ぼします。

舞台あいさつの寺本さんのコメント「相手の気持ちになって考える」や挿入歌の「あなたはわたし」、これは言い方としてはシンパシー。しかし、重要な追加要素はこのようにエンパシーでした。これは寺本さんすごくわかっているといわざるをえない。もう一生ついていきます。

じつのところ、地球人→メカトピア軸はシンパシーなんですよね。ジュドの姿を変えて「かわいい」と思い、人間の女の子そっくりのリルルを見て「かわいそう」と思う。エンパシーがないわけではありませんが結構薄いです。

本当の思いやりの心を持ったのはロボット側であって人間ではなかったってこれすごい皮肉。いや、深読みしすぎだろうけど。

……とここまで書けばなぜ私が小説版ドラに不満を持ったのかわかってもらえるかなあ。瀬名さんのわりにシンパシー&エンパシーの処理が甘いからですよ。

ちなみに瀬名秀明さんは「思いやりの心=エンパシー」ととらえていて、私もそれには同意。で、エンパシーを育てて地球を天国のような星にするのは……ムリじゃない? というのを震災のデマ拡散で確信した次第。あれはシンパシーの暴走であって、相手がどう思うかというエンパシーの観点なんてまったく無いよ。

昔からチェーンメールなどを注意する人はたくさんいた。でも、改善されてないのはTwitterの登場ではっきりとわかった。私はもうあきらめたい。

そんななかで『華竜の宮』の上田早夕里さんとか、ほんと凄い方だと思う。上田さんは阪神・淡路経験者で、人間のそんな本質は変わらないと結構絶望してるようにお見うけします。(このあたりから:上田早夕里(@Ued_S)/2010年10月30日 - Twilog ……失礼なこと言ってごめんなさい)

しかし、「それでもなんとかしたい!」という希望を繋ぐ方でもあり。

希望が最後に残るのか。

で、最後に話は変わるけどゲームのFF13もかなり好きなんだ。

第7章の「上界は下界の侵略を恐れ続けてきたんだ。呪われた敵だと信じてな……」
「下界でも、上界は悪魔のすみかでいつか攻めてくる。――そう信じてた」というやりとりが最高だった。

さらに、鉄人兵団にはない要素の「故郷を奪った憎むべき敵の仲間だとしても、自分たちと同じように楽しく生活している人を傷つけるなんて嫌だ!」という彼女が切なかった。

FF13の小説を読めば例の2人が完全にリルルとピッポポジションにいるのがわかるわけなのだが……だからなんで本編に入れないんだっつのこんな重要なとこ。

そういうわけで新・鉄人兵団が好きなひとにFF13オススメ。インタ版の英語をがんばってリスニングして小説読んでアルティマニア読んでようやく魅力がわかるというすばらしくユーザーに優しくないゲームだけど。

とりあえずインタ版の字幕の手抜きにはとても文句をつけたい。あと小説版は絶対読め。私はプレイ前に読むことをすすめます。くわしくはこちら:ファイナルファンタジーXIII 総合

ドラえもん ウルトラリング/解決! 出木杉事件

2011/7/22 わさドラ ウルトラリング/解決! 出木杉事件 の感想です。

米澤穂信『クドリャフカの順番』にエスパー魔美のコスプレが登場。不意をつかれて爆笑した。なんでよりによって魔美なんですか。わたし、気になります!

ウルトラリング(原作:カラー作品集5巻)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 鈴木孝義/作画監督 嶋津郁雄


2週連続でカラー作品集原作のちょっと異色の作品。じつはカラー作品集がいま手元にないので原作確認できなくて困るな。

ママ大活躍のおはなし。ウルトラリングをはめると、パーマロゲンという新物質ができて筋肉の収縮力は6600倍になり、骨の堅さはダイアモンド以上になるのです。

そういえばパーマンはこの手の悩みが描かれていないか、描かれていてもギャグ調でスルーかだったかな。まあ、いちいちまじめに書くわけにもいかないしね。

わさドラの特徴。
1. ママが優しい。このときの笑顔が綺麗。
2. ママが怖い。このときの笑顔が綺麗。

今回は完全に合体型。ドラの鼻をはじくときの笑顔にガクガクブルブル。ドラが吹っ飛んでいっても冷静なあたり非日常的な現実に慣れてしまったのかもしれない。

後半の「あぶないよ強盗さん逃げてー!」に定番だけど笑った。結果として返り討ちにしたわけだけど、「うちの子に何するのよ!」と強盗に突っ込んだ気持ちは本物。きっとリングがなくてものびドラを守るために走って行ったにちがいないさ。

解決! 出木杉事件(原作:30巻 真夜中の電話魔)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 鈴木孝義/作画監督 嶋津郁雄


アニメオリジナルの出木杉くんはたまにキャラが崩れるときがあるけど、原作の話やオリジナルでもキャラが整った話はいいよなー。年相応の子どもっぽくて、のび太とともだちでいるのも自然な感じ。だから、この話で出木杉くんがのび太を信頼して任せるのも実に自然。

役者の萩野さんはあまり上手いとは思わないけど、逆に素直な少年らしさが感じられるので結果としてよかったのかもしれない。

しかし、今作は主役の出木杉くんよりもしずかちゃんのスカートに尽きるよね。電話からでてきてスカート強奪なんて、いたずら電話よりもタチが悪いです!

そういえば公式のスタッフリストを見るかぎり、脚本陣は完全に大野木・藤本・相内・清水さんの4人体制になったのか。一時期は岡部・小林・富永さんが混ざってカオス状態だった。完成品から脚本を見抜く力はないのでどうでもいいことではあるけど、皆さんいなくなるとちょっと淋しいな。

次回8/5の放送は「のび太 ユーレイになる」「水たまりのピラルク」です。
ピラルクはなにげに名作。

Amazonレビューを役立てるために見るべき3点

あくまで個人的な経験からの見解。もちろん、すべての作品にあてはまるとは限りません。

1. 総合評価はあてにしない。
私的に思うに、積極的につまらない作品(星1,2)ではないが、普通(星3)~結構おもしろい(星3.5)レベルの作品でも、総合評価で星4~星5の作品は山のようにある。

2. 評価が星1と星5で真っ二つの作品はとりあえず読む。
ほぼ確実に傑作。自分に合えば大当たり。合わなくて大ハズレだったら「自分はこんな作品が嫌いなんだな、ふむふむ」とポジティブに受けとめましょう。これ次に生かせる。

3. 高評価レビューに混じった低評価レビューの「参考になった」投票を見る。
総合評価が高く、実際に星4~5のレビューが大量にあっても、一部の低評価なレビューに「参考になった」投票が多く入っていた場合、そのレビューが的を射ていて、つまらないことがある。

3は穴。2の場合、作品自体は傑作で、かつ大好きになるか大嫌いになるか。3の場合、単純に凡作。この差はなんなんだ。しかも、投票が少なくても的を射ていることがあるのが困りもの。

1について。Amazonレビューは減点法評価が多い感じだからこうなるのかな? ちなみに私が点数を付けるなら加点法で付けます。「普通に楽しんだ」で3点。減点すべきところがない作品でも、ビビっとくるスパイスがないと4点~5点はつけません。ここのブログで取り上げている本の多くは3.5点~5点の作品です。

あと1はAmazonにかぎらずネット全体にあてはまります。ネットをあてにするよりも、信頼できるレビュアーを見つけてその個人を頼りにしたほうが良作を得られる確率が高まると思います。

そんなことはない。ネットの集合知はすごいんだぞ! と考えているあなたに、「9・11」Amazon検索結果をプレゼント。最近のトレンドだと原発か。
タグ: 本・SF

ドラえもん 雲に乗って学校へ/夜行列車はぼくの家

2011/7/15 わさドラ 雲に乗って学校へ/夜行列車はぼくの家 の感想です。

辻村さんまた受賞ならずか。あと1回くらい落ちてから直木賞取るんじゃないかと予想。吉川英治文学新人賞も4度目の正直だったからねー。

もっとも、真保裕一さんなんかは直木賞に4度ノミネートされたあと、もはやお呼ばれしなくなったけど。

雲に乗って学校へ(原作:カラー作品集4巻 きんとフード)
脚本 相内美生/絵コンテ・演出 八鍬新之介/作画監督 をがわいちろを


今日はABパートとも作画・劇伴がよかった! 特にBパート劇伴。

いいかい。きんとうんはそのへんにやたらといるものじゃないんだ。
えっと……。ここつっこむところ? まあ、原作でも初期は本物のオバケがでてきてたし、それとのつながりということでいいのか?

まあそんなことどうでもよろしい。きんとうんちゃんかわいすぎないですか。あのくりりんとしたおめめ、しかも触ったら気持ちよさそうにモコモコしてるみたいだし。これはペットとして一匹ほしい。縄でつないでエサを与えないなんて動物虐待はんたーい。

空から落ちてきた缶詰で地面が割れているところがリアル。ジャイアン無事でよかったね。きんとうんに限らず、タケコプターとか使っているときに物を落とさないようにしましょう。

夜行列車はぼくの家(原作:25巻 ブルートレインはぼくの家)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 八鍬新之介/作画監督 田中薫


ブルートイレからエメラルドトイレに格上げされました。

走る家。この話は走る家のシュールさがすべて、のはずだったのだけど、アニメでは背景美術という新たな魅力が誕生。CGもがんぱってました。映画と合わせて、いまの技術による美術はリメイクの際のポイントのひとつ。

にしても、ま た ドラさん女装か! 女装好きなスタッフでもいるのか。女装ドラに対するのび太の微妙に引いたリアクションに笑った。だから次こそのび太の女装の番ね!

来年の映画は『のび太と奇跡の島』 どんな話なのかさっぱり予想がつかない。予告の段階ではファンタジー色のほうが強そうな感じかな。

そしてゲストはどうなるのか。……そういえば人間の言葉をしゃべらないorゲストが集団で出てこなくて実質ひとりの映画ってのび太の恐竜しかないんじゃない?(夢幻三剣士はそもそもゲストがいない)

登場ゲストっていつも実質は人間系でおもしろくないといえばおもしろくない気がする。動物ゲストを出すならもっと文化の違いなどを描いてSFにもっていけばいいのに。えーこれ大野木さんの出番じゃない?

絶滅動物系のSFってなにがあったかな……先日話題にしたドイル『失われた世界』とソウヤー『さよならダイノサウルス』しか思い浮かばない。来年に向けて予習しておきたいところ。

次回7/22の放送は「ウルトラリング」「解決! 出木杉事件」です。
スカート……、いや、なんでもない。

アガサ・クリスティー『春にして君を離れ』

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アガサ・クリスティー、ひとをイライラさせる天才だ。この作品はもっと評価されるべき。いや、いまの時点でされてるか。

『春にして君を離れ』はミステリの女王アガサ・クリスティーがメアリ・ウェストマコット名義で出版したノンミステリ。

主人公ジェーンは夫想い・子ども想いの優秀な母親である、そう彼女は自分で確信していた。しかしそんな「あなたのために想って!」という他人想いのはずだった思考がただの自己満足、自己欺瞞にすぎないことに気づく。そして、気づいた主人公ジェーンが最後に取った行動は…?

こういう家庭、あるある。とくに日本では「親は子どものことを想っているんだ!」という観念が強いせいで、病的な親と離れられず、結果として子どもも病気になってしまうんですよ。

親がおかしいと思ってもそれを周囲に言うと反抗期扱いされて自分のほうがおかしいのだと勘違いせざるをえない環境なんです。

日本のこういうところが私は大嫌い。でも、この作品のAmazonレビューの評価が高いのを見ると、日本もまだまだ捨てたものじゃないかもしれない。

そういうことで、『春にして君を離れ』病的な親や家族に悩まされた方におすすめします。それと家庭問題にかぎらず、他者愛と見せかけた自己愛を押しつけるひとに悩んだ方、栗本薫さんの解説も含めて必読本。自分のしていること。それって誰のため? と。

それとノンフィクションですが、スーザン・フォワード『毒になる親』をセットで読むと効果3倍増。ノンフィクションでは私的イチオシ。アダルトチルドレンの被害者は絶対読めレベル。だって救われるから。そうじゃない方にも読んでほしいけどね。

ところで、アガサ・クリスティーが新訳プラス期間限定で新カバーにどんどん変わってる。でも、私は旧カバーのほうが好みだなあ。アガサ・クリスティー:早川書房

もっとも、東京創元社のコナン・ドイル『失われた世界』の期間限定カバーにくらべれば数倍 ま し だ け ど!(これ→文庫創刊50周年記念 期間限定カバー:東京創元社

ホームズシリーズも光文社から新訳でていたのか。

ちなみに、翻訳小説が苦手、もしくはそもそも小説読むのが苦手な方が海外モノに手を出すときは素直に新しい訳本を買うのをおすすめします。「格調高い旧訳に比べて新訳はうんぬん」みたいなレビューの影響を受けて旧訳買ったりしないほうがいい、というのが私の持論。

つまり私はホームズとドルリーレーンシリーズが読みたい。どこも新訳ラッシュですね。

アダルトチルドレン関係の記事書いてみました。ゲームの話が混じっていますがお気になさらず。:日本人の80%はレプリス仮説;レプリス≒アダルトチルドレン
タグ: 本・SF

ドラえもん 野比家の巨大マグロ/四次元ポケットにスペアがあったのだ

2011/7/8 わさドラ 野比家の巨大マグロ/四次元ポケットにスペアがあったのだ の感想です。

今月のハヤカワ配本は瀬名秀明『希望』 とりあえず作者か出版社は収録作を明記してはどうかと。「希望」「魔法」「ロボ」「光の栞」「鶫と鷚」「For a breath I tarry」「静かな恋の物語」の7作でいいのかな?

うーん、「希望」「魔法」「For a breath I tarry」は既読だし、「光の栞」は『年刊日本SF傑作選2010』、「鶫と鷚」は『サイエンス・イマジネーション』で今後読む予定だし、今回はパスかな……。

直木賞には辻村深月さんがノミネートしてるのね。辻村さんは合う人と合わない人がはっきりわかれるイメージがあり、私は後者な気がする。最近の作品はどうなんだろう? 個人的には辻村さんより高野和明『ジェノサイド』のほうが気になるけれども。

野比家の巨大マグロ(アニメオリジナル)
脚本 清水東/絵コンテ 山岡実/演出 吉野芙紀/作画監督 岡迫亘弘


おさしみをおなかいっぱい食べるためにガリバートンネルで小さくなったはいいものの、もとにもどることができなくなってしまった。もとの体をとりもどすために2階へアスレチックだぜ!

なんだおさしみ関係ないじゃん、と思いきやどろぼうネコ再登場で体をもどすことはもはやどうでもよくなり、結局おさしみを守るために戦う野比一家。ネコに襲われたらなにげに命が危ないと思うのだけどそんなの放置! とにかくおさしみが大事。この微妙にずれた庶民感覚、じつにいい。

野比一家大活躍の話はいつも楽しめる、というかシュールすぎて笑う。そうじきと本気で戦ったりふくびきのためにコタツでダッシュ、今回は力を合わせてネコ追い払い。原作にはあまりないよね? 野比一家団結ギャグ話。

というかわざわざ自分たちが小さくならなくてもビッグライトでおさしみを大きくするのではだめだったんだろうか。こっちが小さくなるとしょうゆをかけるのにも苦労ものだよ?

四次元ポケットにスペアがあったのだ(原作:25巻)
脚本 藤本信行/絵コンテ 西田健一/演出 吉野芙紀/作画監督 三輪修


のび太の表情もよかったけど、ドラも相当なものだったな。いたずらに気づいたドラがのび太の部屋につっこむシーンのドラとか。そしてゴミ箱までのび太をさがすドラちゃんとってもおちゃめ。まあ、地震なまずの話でのび太はゴミ箱に隠れたわけなので間違ってない。

もっとも、このシーンは大山ドラ(原恵一コンテ回)のほうが燃えたかな? タケコプター3つつけておしいれにドガーンとつっこむあれ。原さんはエスパー魔美の落ちついた印象が強いからこれ見てちょっとびびった思い出が。

芸能人枠では甘栗旬とかいうひとが登場。しっかしわかってはいるがチョイ役。福山雅秋といい素敵な芸能人のむだづかいね。こんなぜいたくが許される、それがドラえもん。

のびドラにかぎらず今作は全員表情がくるくる変わって楽しかった。三輪修さんいつもありがとうございます。

最後に。勤務中ではないのに積極的にのび太の宿題を見てあげる先生は優しすぎると思います。

次回7/15の放送は「雲に乗って学校へ」「夜行列車はぼくの家」です。
ブルートイレはぼくの家。

Memories Off 2nd

Memories Off 1stのみなもシナリオで名をあげたQ'tron。
Memories Off 2ndではあの西川さんも参入してさらなる鬱ゲーになったよ!

以下は Memories Off 2nd 希シナリオ・巴シナリオおよび工画堂作品シンフォニック=レインのネタバレを含みます。

続きを読む

タグ: Qtron

ドラえもん 七夕の空が落ちてきた

2011/7/1 わさドラ 七夕の空が落ちてきた の感想です。

七夕の空が落ちてきた(アニメオリジナル)
脚本 相内美生/絵コンテ・演出 三宅綱太郎/作画監督 志村隆行・遠藤良恵


ドラの女装ってなんでこんなに似合うのかなー。もっとも、目を輝かせたドラが抱きついてチューとかあまり想像したくないけど。

女装ドラが好きな方には2010年の「大パニック! スーパー赤ちゃん」もおすすめしておく。さあ、次はのび太の番だ。のび太の女装はないわけじゃないが、ドラみたいにノリノリでやってるのはない気がする……。

七夕は小学生のときは結構イベントが行われていたけど、それ以降はさっぱりであまり印象に残らない行事。今回も七夕が近いことわすれてた。日本の季節感を味わうにはドラえもんが必要ということで。

話自体は普通だったけど出木杉がやっぱり活躍したり星がきれいだったり七夕の飾りに和んだり夜の雰囲気に落ちついた回でした。最近暑いからこういうのは涼しげな雰囲気に浸るだけでいいのだよ。

そういえば震災で停電した夜の宮城の星空はとても綺麗だったから、東京でももし停電すればあんな星空が見えるのかもしれません。地震直後の大雪といい、満天の星空といい、あの日は本当に不気味だった。すこし遅くまで起きていたひとは仙台市若林区の津波のニュースを聞いてさらにショックだったらしい。

織姫役は豊口めぐみさんか。このひともいろんな役やるなあ。旧KIDなinfinityシリーズRemember11の黛鈴を知っている立場からするとこういう普通にかわいい声想像できない。鈴さんは超大嫌いすぎて大好き。彼女はR11でとっても輝いていた。

次回7/8の放送は「野比家の巨大マグロ」「四次元ポケットにスペアがあったのだ」です。
公式サイト予告ののび太の表情が最高。

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード