Entries

ドラえもん ソノウソホント/ぼくのすべてをアゲタイ

2011/8/26 わさドラ ソノウソホント/ぼくのすべてをアゲタイ の感想です。

あー、DUNAMIS15とcode_18とついでに工画堂の白恋もう出るんだ。そろそろハードひとつくらい買おうかとも思う。でも、XBOXとPS3とPSPの3択ってかなり厳しいんですがー! 428もやりたいし、PSPは今後Q'tron西川作が来る可能性があるし、迷う。

そしてかまいたちの夜がゲームアーカイブスで出ていたことに気づく。私はホラー&グロが苦手でプレイしていないのだけど、1はサスペンス寄りらしいし、クローズドサークルもの大好きだし、やろうかな。

しかし、お盆に米澤穂信『インシテミル』がモデルな殺人ゲームに参加する夢を見るという最悪な目に遭った。自分がクローズドサークルを体験するのはいやだ!(『インシテミル』は古典ミステリーのオマージュ……というよりおちょくってるでしょ米澤せんせ)

ソノウソホント(原作:4巻)
脚本 相内美生/絵コンテ・演出 三宅綱太郎/作画監督 岡迫亘弘


みんながみんな自分の願望を満たすためにウソをつきまくったら、世界がめちゃくちゃになっちゃうぞ! と思う。

なんかお父さん自慢って「おまえの母ちゃんでーべそ」と同レベ……いやなんでもない。親自慢ってやったことないからちょっと違和感。(どうでもいいけど、クレヨンしんちゃんで「おまえの女房ブラジャーいらず」「おまえの母ちゃんケツでか星人」と罵りあっていたのは笑った)

お父さんが学者なあのいやみっぽい男の子はいったい誰ですか? 一回しか出てこないキャラクターなのになぜか強烈に残っているんですが。

ジャイアンのお父さんがほとんど出てこなくて印象にないって話だけど、そんなこと言ったらしずかちゃんもスネ夫も同じようなものでは。もっとも、しずかちゃんのお父さんは結婚前夜で十分ではあるが。ドラに限らず、藤子キャラはお父さんの印象が薄いかも。

一方でのび太のお父さんは割と登場することが多い。しかし、出てくるのはだいたい受難のためなのでかわいそうではある。(ときにはオチ要因のためだけに!)でも、人間あやつり機とかアドベン茶とかおもしろい回も多いんだよね。

ぼくのすべてをアゲタイ(アニメオリジナル)
脚本 相内美生/絵コンテ 善聡一郎/演出 腰繁男/作画監督 丸山宏一


なかなかのぶっとび回。しかし、展開は王道で安心。デートに行く男の人にハンカチ渡した時点でオチ読めちゃったよ。「見えなくなるめぐすり」と「ぼくをタスケロン」を合体させた感じか。あとは「悪魔のイジワール」とか「立体コピー(のび太の知らないのび太)」とかいろいろ。

のび太が持っていたあのハンカチは、「しずかちゃんへのプレゼントはのび太」でのび太が送ったハンカチのお返しだったりして。ちゃんと持ち歩いているなんてのび太さんステキ。

小学生がネクタイの結び方知ってるのか? と思ったらちゃんと適当に結んだことが描かれていて、しかもストーリーに利用していて好感。ついでに、度の違うかもしれないめがね貸すよりもコンタクトいっしょに探してあげようよ! とつっこもうと思ったらこれも直後に利用していてびっくり。何気に丁寧な回。

次回9/2の放送は「ドラえもんのたった一日の恋」です。
おしょうさんはなれれてくだちいな。

ドラえもん ジャイアンテレビにでる!/暑い夏にはおはなしバッジ

2011/8/19 わさドラ ジャイアンテレビにでる!/暑い夏にはおはなしバッジ の感想です。

ちょっとちょっと打越鋼太郎先生の新作ですってよドラさま。(=『善人シボウデス』)スタッフが『9時間9人9の扉』と同じということはもしかしたらQ'tronも参戦かも!

『真かまいたちの夜』も出るし、チュンソフトやAVGファンはテンションあがりっぱなしじゃないですか。私はその前に積んでる999と金八先生(と夏夢夜話)とっととやれって話だけど。

これで旧KID戦争にもうひとつ参戦で7か国の争いとなりました。あとは西川先生待ちなんですが西川さん新作まだー?

ジャイアンテレビにでる!(原作:30巻)
脚本 大野敏哉/絵コンテ 高柳哲司/演出 今井一暁/作画監督 をがわいちろを


めずらしくコンテに魔美の高柳哲司さんが!

テレビ局の社長の友達なのを利用してスネ夫もテレビに出たじゃない。エキストラだけど。ってそういえば主役はめこみ機が出てきたのはこの話だった。もっとも、わりこみビデオと同じようなものなので実際に歌いたがるジャイアンには使えないか。

なんというTVジャック犯……怖い子! でも、小学生の夢がかなえられるなんてうらやましい。こういうのは子どものうちに経験しておくべき。大人になるとこんな夢や希望なんて無くなっちゃうからね!

スネ夫のために夜中に思考錯誤するドラとあんな夢を見るのび太は優しすぎますぜ。しかし、それで調子に乗ってしまうスネちゃま。でも、あのくらいでオチの犠牲者になってしまうのはかわいそうな気がする。そもそも最初からスネ夫はジャイアンの被害者だし!

もっとも、スネ夫以上に関係ないのにオチに回された原作の先生はもっとかわいそうなのでよしとしよう。

暑い夏にはおはなしバッジ(アニメオリジナル)
脚本 藤本信行/絵コンテ・演出 しのみやすゆき/作画監督 小野慎哉


暑いからっていくらなんでもこんなの送る必要ないんじゃないドラミちゃん。だってのび太だよ? 地震でくずかごに逃げこむのび太だよ?

本来のおはなしバッジの話よりは怪談ランプに近い感じか。パックも出てきたし。なにげに原作でインパクト抜群のパック。わさドラだとママがカーラーを使ってたり女性っぽいところが散見されるからあまり違和感ないのだけれど、原作だと結構めずらしい気がする。

とうめいペンキ、前はともかく後ろ塗るの大変じゃないか? と思っていたらそのままオチにつながって吹いた。ジャイアンの母ちゃんがダイコン使ってたのがなかなか懐かしい。

次回8/26の放送は「ソノウソホント」「ぼくのすべてをアゲタイ」です。
今週のジャイアンの母ちゃんに引き続き父ちゃん活躍の回。

ドラえもん ジャイアン電池は無限大/かわいい石ころの話

2011/8/12 わさドラ ジャイアン電池は無限大/かわいい石ころの話 の感想です。

国書刊行会のサイトリニューアルと聞いて見に行けば最初に出てきた画面は、

「世界最高のユーモア小説『ジーヴス シリーズ』」

だからやめてって言ってるでしょ! と逆切れ。国書は嫌がらせの名人。(これも→国書刊行会:Twitter

結晶銀河のNOVA2恩田陸問題につっこんでいる方が私以外に少なくとも4人いらっしゃって私がびっくりした。皆アレ好きなのかよっ! うれしいじゃないか!:『結晶銀河』感想

ふと、ロス・マクドナルドが読みたくなったのだけど、こんなに絶版多かったの? やっぱり海外文学は不遇で泣ける。全作刊行中のアガサ・クリスティーとかが凄すぎるだけなのだ。

昔は「なんで全世界に読まれるべき藤子作品がうんぬん」とか言ってたけど、海外文学が絶版すぎるのを見てもはやどうでもよくなった。そもそも訳される絶対数少ないし。国内作品なんてぜんっぜんまし。

そもそも藤子FってドラえもんとSF短編読んでれば問題なくない? というより、作品の出来や作風を総合的に考えて、全作品の1/4くらいを読む価値のある作家がどれだけいるのか? とも。私の好きなP.K.ディックも短編集2、3冊読めばOKだと思うし。

ジャイアン電池は無限大(原作:42巻 感情エネルギーボンベ)
脚本 清水東/絵コンテ 西田健一/演出 三宅綱太郎/作画監督 遠藤良恵


感情がエネルギーになるのなら、震災で生じた怒りや悲しみエネルギーを取り出せばよい。節電になるし。

……いやいやいや。怒りや悲しみを消化するってそういうことじゃないだろう。つまり、この道具は普通にやばい。感情があるからこそ人間動くものだし、あんなへにょーんとなっちゃったら国が動かなくなるんじゃない?

つまりあの道具は外国のスパイが送り込んだ罠(ry 星新一の話でそんなのがあった。

じつは小学生のころ、私この道具とてもほしかったんだ。電池になるというところがすばらしかった。だってゲームボーイの電池すぐ無くなっちゃうじゃない。お金もかかるし。

しかし、充電式のゲームボーイアドバンスSPになってからこんな悩みは無くなってしまいました。携帯電話がこんなに発達した理由のひとつに充電式バッテリーの向上があるのではないかと推測。ま、それでも停電で基地局ダウンしたら終わりだけど。

感情エネルギーボンベもエネルギーをためておけるみたいだし、すごいですな。

かわいい石ころの話(原作:37巻 2006/12/8作品をリメイク)
脚本 水野宗徳/絵コンテ・演出 腰繁男/作画監督 志村隆行


名犬ラッシーとの別れと再会を強調した部分が2度も生かされていて笑った。そのせいでオチも感動ものに見せかけたギャグになってて楽しい。

アニメで犬な石ころをやるぶんにはビジュアル的に違和感無いけど、それをマンガでやるのがF先生の天才的なところというかおかしいところというか。しかもマンガ石もなんであんなにかわいいの、っていう。

そういうわけで、やっぱりジュドはボーリングの玉でよかったんじゃない? 十分かわいいよ、あの石ころ。

次回8/19の放送は「ジャイアンテレビにでる!」「暑い夏にはおはなしバッジ」です。
魔美が生きてる! 動いてる! のほうに反応してしまった。

探偵 神宮寺三郎DS 赤い蝶

探偵 神宮寺三郎DS 赤い蝶じつはDSソフトに移植されていない携帯アプリ版をのぞき、神宮寺三郎シリーズ全作プレイ済みな私です。

大好きってわけでもなく、システムも昔からある総当たりAVG。しかし、なぜか毎回プレイしてしまう神宮寺三郎シリーズ。正直言って惰性で続けているところもあるけど……まあそれなりにおもしろいからいいじゃない。

DS神宮寺は最初にでた『いにしえの記憶』がダメダメでDSのAVGバブルに乗り遅れたのが悲劇だった。これがよければ売り上げはあとあとも安定したはずだと思ってる。しかし、逆にあとあとのほうが出来がよいという。

ということで、DS4作目の『赤い蝶』をようやくプレイ。これは、表題作&携帯アプリ版5作の出来、ともにDSベストかもしれない。最初に買うならこれがオススメ。今回は人情話ではないので、人情話に飽きた既存の方でも安心。

今作はプロモーションビデオも最高!



神宮寺はスピーカーorヘッドホン推奨。携帯機のしょぼいスピーカーじゃ神宮寺の半分を損してる。今作は捜索時の"A beast,as thou art"に聞き惚れた。そろそろ中断しようと思ったタイミングで流れてきてやめられなかったこと数回。

しかし、DSは音源が残念すぎるので、PSPでもっと出してほしい。もしくは生演奏のサントラなんかが出たら私泣いて喜ぶ。そこまではいかずとも、そろそろDS版のサントラ出してくれないかな。『いにしえの記憶』サントラはFC版のBGMが多かったし。

以下はマニアックなアプリ版レビュー。

アプリ版、最初の「椿のゆくえ」はイマイチだったけどあとは全部よかった。

一番好きなのは「明けない夜に」ザッピングシステムの熊さん捜査に歓喜。この話は先生あまりいらない。熊さんとムルソン人たちとラストの妹さんで十分。とくに妹さんは演出すごすぎて惚れるレベル。

No.2は「果断の一手」 「明けない夜に」といい「赤い蝶」といい、金子光恵さんはいいシナリオを書く。神宮寺陣では一番安定してるライターだと思う。

ただし、ザッピング洋子君の出番が少なかったのが残念。たまには洋子君を活躍させてあげてください。謎じけだけでは不十分です。

最近の洋子君はどうもおとなしすぎて……。むしろ「赤い蝶」の薫さんが洋子君のイメージに近い。「伏せられた真実」で洋子君がマスコミ連れて爆走するところは笑ったから、これをもっとやれ。これが素の洋子君。

そして「連鎖する呪い」 なんと「危険な二人」「時の過ぎゆくままに……」でシナリオ担当の野島一成さん再登板。いわずと知れたFFのひとです。

無駄に登場人物が多くて二転三転するストーリーがまるで「危険な二人」のようだった。BGMが「時の過ぎゆくままに……」のアレンジだったり、キャラデザがいつもと違うような気がするのは野島効果ですか?

ついでに洋子君がいつもより元気だった気がする。ねむろうなんて あまい あまい……とまではいかないものの。

携帯アプリ版に良作が多かったから、「赤い蝶」にダレた気持ちをひきずるということがなく、楽しんでプレイできました。今後ともアプリ版に力を入れてほしいところ。しかし、アプリ版のリリースが止まっているんですが大丈夫なのか……。

『赤い蝶』のほかにDSでおすすめなのが『きえないこころ』 表題作はDSオリジナルで「赤い蝶」に次ぐ出来。しかも携帯アプリ版で人気の「キトの夜」も収録されているのがポイント。

でも、神宮寺はPSのころが一番よかった。ストーリー自体はPS版よりもDS版や携帯アプリの良作のほうが出来がいいと思うのだけど、PS版はなによりテキストが輝いていた。

ザッピングで洋子君と美貴は行動がかぶることが多かったけど、テキストがおもしろいから全然気にならなかったし、新宿をうろつくのが楽しかった。

一方、DS版はいつも似たようなテキストだからあまりおもしろみがないという。もはやPS時代の作りこみは無理なのか……。それと、タバコ吸うコマンドがDSから役に立ってない。あちこち調べ終わってもう調べるところがないというときに タバコ吸う でピロロロンでテンションが上がるのではないか!

といいつつ次回作楽しみに待ってます。See You in Next Trouble.

ドラえもん のび太 ユーレイになる/水たまりのピラルク

2011/8/5 わさドラ のび太 ユーレイになる/水たまりのピラルク の感想です。

米澤穂信ヤバい。超ヤバい。読んでると猛烈に他作家の本(特にミステリー)が読みたくなる。

「あなたはわたしの、ジーヴスだと思っていたのに」
「勘違いをなさっては困ります。わたくしはあくまで、小栗家のイズレイル・ガウです」

やめて! もうやめて! 私にはお金も時間も無いの!

来年の映画ドラえもんは「ドラえもん のび太と奇跡の島」とのこと。頭に浮かんだ原作は「無人島へ家出」だった。本当にあれで映画を作ったら楽しいかもと思ったが、「のび太のいきなり!黄金伝説」になるだけか。米澤穂信:Twitter

「無人島へ家出」と小川一水「漂った男」を合体させて、ドラえもんとしずかちゃんが無線機で10年間ずっとのび太を励まし続ける話にすればおっけ。そしてラスト直前、無線がこわれる。星雲賞まちがいなし。

Story Seller (新潮文庫)米澤穂信文庫コンプリートしたら、一番最初に読んで手を出すきっかけとなった「玉野五十鈴の誉れ」が最高傑作級だったことがわかり、ある意味がっかりした。(新潮文庫アンソロジー『Story Seller 1』は名作揃い!)

五十鈴が誰かに似ていると思ったら、マイメリのリースだ。命令に従っているだけなのか本心から付き従っているのかわからなくて不気味なあたりそっくり。首位マスターが主人公の敵というのがまた怖い。

本心が読めず描かれず、だからこそイイ! というのは同じくQ'tron西川さんのシンフォニック=レインの某キャラ(=ファルシータ)もそんな感じだし。私が「玉野五十鈴の誉れ」にはまるの当然じゃん。

と適当なこといって西川ファンを釣ってみる。

のび太 ユーレイになる(原作:プラス4巻 ウラメシズキン)
脚本 藤本信行/絵コンテ・演出 今井一暁/作画監督 丸山宏一


ユーレイ自体がでなくても道の街灯が消えるだけで十分ホラー。さらにコンビニの電気も信号も消えてついでに吹雪とか、ホラーすぎ。もちろん最近の実話。

しずかちゃんのお風呂とへらへらしたのびドラを加えたところにスタッフのいたずら心を感じる。じつにまずいもっとだせ。

ロボット背後霊のようにストーカーされるお話。……これ犯罪じゃない? もっとも、私たちは番組の間ずっとのび太たちをストーカーしてるわけなんだけどね! じつはそこにユーレイは私たちだったという叙述トリックがあった、なんてことはない。

ラーメンがおやつというところに時代を感じる。昔はやきいもとかもおやつだったんだよね。ラーメンに舌を入れられる場面は原作でも大ウケ。そのあと、ラーメンかぶった母ちゃん、やけどしなかったのかと心配になってしまった。わさドラの母ちゃんいいキャラだからさ。

対照的にユーレイに出会っても冷静なスネ夫。私ならたぶん固まるな……。結果的には失敗したわけではあるけど、ユーレイに出くわして商売になると普通に考えられる頭を持っていれば絶対会社の経営者に向いている。あとは部下にあたりちらさないようにすればいいんじゃない?

水たまりのピラルク(原作:34巻)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 しのみやすゆき/作画監督 小野慎哉


道具を使いこなすにも頭がよくないとダメという回。機転を利かせて道具を上手くつかうのび太にドラちゃんの知識を合わせれば完璧。にしても、なんでドラちゃんがピラルクを知っているのやら。

しかし、わさドラのスタッフは道具の使い方が上手くなったと思う。新魔界では空気砲で魔王の攻撃を相殺、どこでもドアでショートカット、新鉄人兵団では空気砲で地面にたたきつけられるのを防いだり。

特にどこでもドアがピカーンと光る演出はアニメドラのなかでも最高に感動した演出のひとつだった。あんなかっこいいどこでもドアが他にあったか? もっとやれ!

ピラニアのなかに落ちると骨だけにされる、というセリフが無かったのは事実に則したから? 実際は人間を怖がって逃げることも多いみたい。……でも、やっぱり危ないってばドラちゃん!

しずかちゃんを助けるためにピラニアのなかに飛び込むのび太がまじでかっこいい。のび太のかっこよさって、たぶんこういうところ。のび太の恐竜(原作)でも、「しずちゃんをはなせ!」と泣きながらティラノのしっぽ殴るんだぜ! かっこいいのび太に「実際に助けたか」なんて視点は必要ないの。

そのあと、こーんなスリルをあじわったのはじめてよ! と(たぶん)本音で語るしずかちゃん。これが彼女の本性でとてもよろしい。

次回8/12の放送は「ジャイアン電池は無限大」「かわいい石ころの話」です。
なんで石ころがこんなにかわいいんですか。

『結晶銀河 年刊日本SF傑作選』

結晶銀河 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)毎年恒例のSF傑作選、今年も登場です。しかし、SFアンソロジーとしてはいつものメンバーで、まったく知らなかったのは白井弓子・伴名練・酉島伝法のみ。

これじゃ新鮮度は低いから発掘は期待できないかな? と思って読み始めたがそんなことはなかった。白井弓子がまさかのダークホース。

そんな白井さんの作品は、収録作唯一のマンガ「成人式」 女の一生を経験するという成人式に挑戦する女性の物語。大事な子どもが死んだり人付き合いが上手くいかなかったり人生失敗ばかり。そんなつらい目にあってまで大人になる必要あるの? と私は思ったりするのですが、彼女はどんなことがあってもあきらめなかった。

その結果、彼女は救われたんだと思います。生きているってすばらしいよ! 私もがんばって生きるよ! と思わせる生命力がある作品。

ラストの2コマはなんとなく上田早夕里『魚舟・獣舟』の表紙を連想。ああいう命あふれる絵、大好き。ついでに作品の魅力を伝えるのに短編じゃ足りてないというのも「魚舟・獣舟」と同じなので長編にして出ないかな。

なんとなく風の噂で聞いた『WOMBS』は白井さんの作品だったのですね。これ含め他作品買い決定。

さて、私的に印象に残ったという意味では白井弓子の作品がトップだけど、総合トップは長谷敏司「allo,toi,toi」

規制社会を描くと聞いて、直前に配置されている山本弘「アリスへの決別」系の話を想像していたら、実際は人間の脳に手を加えて感情をコントロールするという、内省的で哲学的な作品でした。

本当は規制社会の全体像を描く伊藤計劃風な作品を期待していたのだけれど、イーガンすぎて凄すぎてそんなことはもはやどうでもよくなった。イーガン「しあわせの理由」が好きな方は読むしかない。

同作者の『あなたのための物語』はなにがおもしろいのかさっぱりわからないにもかかわらず、おもしろかったという不思議な作品。NOVA3「東山屋敷の人々」も良かったし、今後も期待。

ほかには異形コレクションから上田早夕里・瀬名秀明、NOVA2から津原泰水が登場し健闘していた印象。個人的に気に入ったのは以上の5人です。しかし、個人的な好みを除いても全体的にレベルの高い作品が勢揃いなので、1000円出して買う価値はあり、です。

ただ、ひとつ他人の尻馬に乗って(@RappaTei)文句を言わせてもらうと、NOVA2の恩田陸「東京の日記」が無いのは私も納得いきません! 規制モノを2作入れるなら収録作で一番出来が微妙な山本弘よりもこちらを入れるべきだった!

解説いわく去年は直球SFが多かったそうなので、SF色薄めな恩田陸を入れられなかったというのはわからないでもないです。でも、そんななかに恩田陸作品を入れれば強力な毒が入っていながら場をなごませる異色作になったと思うのですよー。あれはかっちりしたSFではないけど、小説としてはものすごく出来が良かったから。

以上、恩田陸と山本弘関係だけは私的に残念でした。あとは問題なし。おすすめ!

関連記事:
上田早夕里『華竜の宮』山本弘『アリスへの決別』『NOVA2』
タグ: 本・SF

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード