Entries

日本人の80%はレプリス仮説;レプリス≒アダルトチルドレン

自分が嫌われないために気を遣う人は、身内を潰す。:yuhka-unoの日記

はてなで話題になっていた記事。あいかわらずコメント欄が被害者に新たな傷をつけるセカンドレイプ。まあ、こんなのいつものことなのは存じております。

すでに指摘されていますが、これはアダルトチルドレン(AC)ですね。「思いやり」について考えるための格好の素材のひとつがAC問題だから、私も積極的に勉強してる。

以前、この方の記事、ポジティブ神話とキレイな被災者:yuhka-unoの日記を読んで、ずいぶん私と似たような意見(=善と偽善と無自覚と 続・今回の地震あれこれ @宮城県)の方だと思っていましたが、ACの知識がある方であれば納得。私もACベースでこの手の話をしていたから、当然のこと。

ACがどんなものなのかはyuhka-unoさんの記事と、トラックバックされている
『自分が嫌われないために気を遣う人は、身内を潰す。→その通り!』:自由人PENGの再チャレンジ日記
さんの記事をご覧になればある程度わかるかと思います。

つまり、ACとは主に親の虐待(肉体的・精神的)によって他人への依存が強くなり、大人になっても自己を確立できない人のことをいいます。

虐待というと殴るとか罵倒するとか思い浮かぶ方が多いでしょうが、ここでいう虐待とは子どもを自己の思い通りにコントロールして自己承認の道具にすることをいいます。

子どもに厳しいしつけをするのに「子ども自身のためにきちんとした大人になってもらいたいから」ではなく、「親として恥ずかしい思いをしたくないから」とか「立派な子でしょーって自分が自慢したいから」という理由が極端に先行するようなこと、これも虐待の一種になります。(そして、本人は当然のこと、子ども・周囲もそれに無自覚なことが多い)

そして、

アダルトチルドレンは自己が未成熟なので、自己評価や自己肯定が苦手で、他人の下す評価をそのまま自己評価として受け止めてしまいます。(中略)良い人を演じなくてはならないという強迫観念から、気を遣います。
『自分が嫌われないために気を遣う人は、身内を潰す。→その通り!』:自由人PENGの再チャレンジ日記

これ、私のブログの読者さんであれば、誰か似ている人がいると思いませんか?

レプリスですよ。さらにいえば、Mayもとみ。

レプリスに自己なんてものはありません。他人の望むように行動します。そして、もとみも恭介の好む人物像に合わせて自己を変えようとしていました。彼女たちはACに近い。

私がMy Merry Maybeの浩人が大嫌いなのは、いわゆる毒親っぽいから。beリースに自分の思い通りに動くように求めてる。リースのためじゃない。自分のために。

その結果として、
ひろとくんごのみの(ry
レゥのように(ry
となる。

あのセリフは、そういうこと。レプリスとしてどうなのかは知らないけれども、少なくとも「人間」として健康な生き方ではない。もっとも、浩人は彼女たちが「人間」として生きることを望んでいるわけなんだが。

もっとも、日本人の80~90%はACという話もあるから、そう考えると日本人のほとんどはレプリスなんじゃないの? とも思う。そうなると結局のところ人間って何よ? みたいな。マイメリ好きな方はこの機会にACに興味を持っていただければ幸い。

と、ふと思い出して「"春にして君を離れ" アダルトチルドレン」で検索しても300くらいしか出てこないのに驚いた。いまだに認知されているとはいいがたいAC親の異常性を60年前に描いたアガサ・クリスティーの天才さがみんなわかってない!

(ちなみに『春にして君を離れ』の発行は1944年、アダルトチルドレンの言葉が生み出されたのは1970年代後半)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)それでも少数だけど私と同様にスーザン・フォワード『毒になる親』を副読本として薦めている方が何人かいらっしゃって安心した。というか本来こっちが主読本。

クリスティーは現代まで続くミステリーのパターンをほとんど出したという意味で歴史的に凄すぎるひとではあるが、それがめずらしくなくなった今日ではむしろ人間観察・描写の上手さをアピールしたほうがいいんでないかと。クリスティーファンの見解はいかに。

関連記事:
アガサ・クリスティー『春にして君を離れ』
新・鉄人兵団はエンパシー要素が成功のカギ、ついでにFF13のススメ

上のエンパシー記事で参考にあげた、
sympathyとempathy, independentでdependableな関係!:☆RUBY'S My P.L.L☆ ~My Private Lov3 Lessons~
さんの記事本当にいいなあ。共依存(codependent)はACのキーワード。深い国際交流経験をもつ方だと、価値観のズレを味わう機会も多くなるので、この手の話に強い方結構いらっしゃいますよね。

『9時間9人9の扉』担当はイシイジロウ&打越鋼太郎!

極限脱出 9時間9人9の扉クローズドサークルもののサスペンスAVGでなかなかの良作。AVGファンはやるべき。

ただし、打越(シナリオライター)作品初プレイの方は、最初から最後までかっちりとした本格ミステリーになるわけではなく、最終的にトンデモSF理論になることは覚悟でやったほうがいいです。つまり、いつもの打越さんであります。

そういうわけで、私のようにuchikoshi節に染まったひとからすれば、またかっ! となるのもまた事実。

設定自体はEver17に近い。でも、私はこの作品は12Rivenに近いと思う。というか12Rivenの欠点である棒読みで修飾過多な文章と矛盾だらけの力押し設定が全然直ってないではないかっ! 結局12Rivenでトラックをどうやって投げたんだと。

12Rivenの説明お姉さん(=マイナ)に疲れた方は回避したほうがいいです。あいもかわらずいろんなトンデモ仮説を登場人物が脈絡なく教科書を読みあげるように語りだしますので。(これが文章棒読み)

加えて12Rivenのやたらテンポの悪い文章も健在なので、こちらも気にいらなかった方は回避で。同じ表現の繰り返しも目立った。「のぼる、のぼる、のぼっていく――」のような表現、終盤で3回くらい見たよ。

ちなみにQ'tron長井さんもシナリオ協力してますが、Qっぽさは無いです。Remember11のような文章がたくさんあったので、文章もたぶん全部打越さん。

999やって70%くらい確信もったけど、R11のこころ編は打越さんあまり書いてないと思う。こころ編のライターはもっと褒められていい。R11の緊張感はこころ編にあり。

と、欠点が目立つ999ですが、ミステリー&サスペンス部分はいけます。たしかに文章のテンポの悪さがありますが、展開自体はハラハラもの。皆殺しエンドやR11のごめんねエンド(っぽい)のもあります。

それと最終的にはトンデモSFになるとは言いましたが、その前の「犯人」当てはきちんとしたミステリーですので、問題なし。ここは12Rivenよりもかなり成長してる。あと12Rivenで気になった円周率クイズのような面倒なだけの選択肢も無くなったのはGood。

そういうわけで、だらだらした文章をないことにすれば終盤の謎解きに入るまではかなり楽しめるかと。若干スリルが加わった12Rivenという評価が一番しっくりくる気がする。ただ、R11ほどでもないので私の評価は
Remember11>Ever17>9時間9人9の扉>12Riven>Never7 の順かな。(R11はオチが無いので人に薦めるならEver17のほうが上)

そもそも、自己の他作品と比べやすい作品を出すというのは作家としてどーなのか。過去作品とたいして変わっていないということですぞ。そろそろ打越さんはinfinityシリーズの「仕掛け」に頼らない作品を書いてもいいんじゃないかと思う。(でも、それだと文章下手なのはつらいな)

しかし、なんだかんだいって続編の善人シボウデスを結構楽しみにしている私。善人シボウデスのキャラ名がΣとφってまたギリシアネタか。Ωとμネタを前にも見ている私からすればバレバレですよん。



トレイラーのラストの声優さんがちびまるこちゃんに聞こえるんですけど。もしかしてあの不気味なかわいいウサギでもやるんでしょうか。

999の発売元のスパイクはダンガンロンパ(音注意)で不気味なキュートなクマにドラえもん当ててましたが。

そして、同じくチュンソフトの新作『真かまいたちの夜』ライターに小林泰三と田中哲弥。ちなみにかまいたち2のライターは田中啓文と牧野修。誰得。SF好き得。しかし私はグロ苦手。

ちなみに、999は若干グロありです。爆死した死体の描写文があるので、想像力のある方は避けたほうがいいかも。ただし、絵としては壁や床に血が飛び散っているようすを描く程度で、ひどい死体は描かれませんのでその点はご安心を。

たとえるなら、R11の事故現場やスフィア全滅エンド(正確には「内海計画実行エンド」)の文章が大丈夫であればたぶん問題なさそう。それに精神的な怖さはR11のほうがずっと上ですのでR11がOKで血が飛び散った絵に耐性あれば大丈夫。

追記:善人シボウデスクリアしました。『善人シボウデス』感想
タグ: Qtron

米澤穂信『さよなら妖精』

さよなら妖精 (創元推理文庫)Story Seller 2011でバングラデシュを濃厚に描いたあの米澤穂信が帰って(?)きた! 舞台は日本であり旧ユーゴスラヴィアでもある。しかも、複雑な背景があるユーゴ紛争を絡めてジュブナイルとしてまとめるその力量には感嘆。

デビュー作の『氷菓』・2作目『愚者のエンドロール』を読んではいはいラノベラノベと見捨てた方もいると思うのですが、米澤穂信は3作目で化けるという噂とStory Sellerシリーズの抜群の安定感を知っていた私はそんなこと気にしないのであった。

そして案の定それで正解でした。私が読んだ(=文庫化した)米澤穂信の長編のなかで、いまのところ一番好き。

前2作のラノベっぽい文体は抑えられています。(それでも苦手という方はいそうですが)かつ冴えているギャグは冴えている。最初の英語で話しかけるエピソードは図書館で笑いをこらえるのに苦労しました。

しかし、それ以上に私が魅力を感じたのは、ユーゴスラヴィア出身のマーヤを中心とした異文化コミュニケーションから生まれる微妙な距離感。そして生まれるクラスメートとの距離感。序盤から中盤がつまらないという感想もあるみたいですが、私は話が深刻化する後半よりも、ズレた感じが楽しめる序盤のほうが好みです。

Story Seller 1の「玉野五十鈴の誉れ」でも思ったけど、米澤さんってこの距離感を描き方が絶妙。『さよなら妖精』では、マーヤもいいけど、同級生のセンドーも……。

ラノベ的なおちゃらけが少なく終始クールな雰囲気が貫かれるこの作品はジュブナイルが好きでない私にも大ヒット。この冷静さを牽引したのがセンドーもとい大刀洗万智。彼女の功績はさりげなく大きい。米澤キャラのなかで一番好き。

異文化交流の話としても、ジュブナイルとしても良質な小説でかなりオススメ。

それにしても、(ネタバレ反転)マーヤって普通に考えればものすんごく怪しいキャラだし、物語導入部分でセンドーが「もう忘れたい」と言っていたから、マーヤはユーゴのスパイでそれがバレて帰ったんだと勝手に予想していたら全然そんなことなかった。いや、でも、やっぱり白河の家に転がり込むあたりは強引すぎ……。

最近はラノベ作家から一般小説作家に転身する方が多いから油断できない。「玉野五十鈴の誉れ」「満願」(Story Seller 3)のような昭和な雰囲気バリバリの作品を最初に読んでいる私は『氷菓』のラノベ色の強さにびっくり。

古典部や小市民シリーズのように気取った主人公の一人称小説は基本嫌いなのだが、『さよなら妖精』のように化けるかと思うと全部読まなければならない。罠すぎる。現に少しずつおもしろくなってきてる罠。『ふたりの距離の概算』文庫化はやくー。

余談。

マクロイに藤子SF短篇「気楽に殺ろうよ」の元ネタと思しき一篇が入っていて驚きました。(中略)「ところかわれば」(晶文社『歌うダイアモンド』所収)ですー。米澤穂信 :Twitter, 1, 2

ああ~~!!! 私の隠しネタをばらされた! まあ、使う予定は無かったから別にいいんだけど……。他にもあまり知られていない元ネタ作品たくさんあるから皆さんSF(をはじめとした小説)をよろしくね。

関連記事:
この米澤穂信がすごい! 分野別書籍リスト
『小説新潮 5月号』(Story Seller 2011)
タグ: 本・SF

ドラえもん 走れドラえもん! 銀河グランプリ

2011/9/9 わさドラ 走れドラえもん! 銀河グランプリ の感想です。

走れドラえもん! 銀河グランプリ(アニメオリジナル)
脚本 水野宗徳/絵コンテ・演出 高橋渉/作画監督 田中薫・三輪修


きゃー、水野脚本・高橋演出で描く銀河アステロイドラリー! スタッフが豪華すぎるといいたいところだが、それよりも強烈なキャラが多すぎる。

そんなキャラたちを補佐する声優陣。というかむしろ水野・高橋よりもこちらがメインな気がする。藤原啓治・ならはしみき・金田朋子ってどんだけー!(というかなんだったんだあの中華三人娘)

そしてなによりゴンスケ役の龍田さんがサイコーすぎる。この人天才じゃね。これは来年の奇跡の島に期待せざるをえない。

ストーリー? キャラの印象が強すぎてもう忘れた! 細かいところにツッコんだら負けだと思ってる。あ、ひとつツッコむなら、ドラが爆発に巻き込まれるところ、素で最終回かと思った。

ところでドラってなんで耳が無いんですか? 設定の話じゃなくて、作者の話。ドラネコがモデルなら、耳付けようよ。ドラは締め切り直前で思いついた話だから、ネズミにかまれてうんぬんは後付け設定だと思うんだが。

小林由美子さんもさりげなく歌レギュラー化したっぽくてうれしい。あ、関係ないけど、沢城みゆきさんって有川浩『シアター』の羽田千歳のモデルだったんかい。全然知らんかった。つまり、キレて仲間におしぼり投げつけるところも実話ですか? 怖いです!

そしてうれしいお知らせです。「のび太を愛した美少女」DVD化きたぜぃ! プレミアムコレクションのおかげで誕生日スペシャルも少しすればDVDで見られるようになって、いいことだ。……しかし、今回は未収録少なくて泣いた。ルリィとイチしかないじゃん。ええい、天の川鉄道はまだかっ!

次回10/7の放送は「のび太王にはさからえない」「あなたの良い所もらいます」です。
のびえもんがちょっとグロい、と思ったがそれは体の部品とりかえっこでもいっしょか。

例年を考えると、ドラ休憩の間にそろそろAVGの神宮寺三郎シリーズ新作の発表があってもおかしくないはず! そうでなくてもドラ休みの間にAVGラッシュでテンションあがる。

鏡よ鏡よ鏡さん

を普通に

きょうよきょうよきょうさん

と読んだ私は一度まいめりーめいびーを捨てるべき。


だが断る。



Web拍手にマジレス。
>りむるさん
あなたがきょうさんきょうさんいうからわるいんだっ。
タグ: Qtron MyMerryMay

ドラえもん ドラえもんのたった一日の恋

2011/9/2 わさドラ ドラえもんのたった一日の恋 の感想です。

遅れたけどドラちゃん誕生日おめでとう。ドラちゃんにこの記事をプレゼントします。
善と偽善と無自覚と 続・今回の地震あれこれ @宮城県
私のマイメビや鉄人兵団から学び取ったことの集大成って自分ではこの地震の記事だと思ってる。本当はドラ誕生日ネタに使おうと2月から考えていたのに。

ところで、瀬名秀明さんが私よりもずっと寺本さんを正当評価してるのは当然だよね。かなわないなあ。(参考:新・鉄人兵団はエンパシー要素が成功のカギ、ついでにFF13のススメ

やっぱり私は瀬名さんがきらいだ。興味を持っている分野が私と同じだから瀬名さんの本を読んでいると、自分のバカさがわかって鬱になる。だから瀬名さんなんて大きらい! きらいだきらいだ、ワ~~。

3・11の未来――日本・SF・創造力そういうわけで先日発売した『3・11の未来――日本・SF・創造力』の瀬名秀明執筆部分、鉄人兵団好きなら必読でしょうね。

ただ、苅部直さんとの対談・思想地図βのイベント日経サイエンス別冊あたりを読んでいる方は新鮮味ないかもしれない。

最近いそがしくてしかも震災疲れにかかったみたいで更新がテキトーになって本もあまり読めてないんですが、3・11の未来はなんとか全部読みたい! 小松左京先生の序文からパワーを感じたもの。

ドラえもんのたった一日の恋(アニメオリジナル)
脚本 相内美生/絵コンテ・演出 腰繁男/作画監督 三輪修・岡野慎吾


どうしてマンガやアニメに出てくるデフォルメされたネコってこんなにかわいいの。のび太におとなしく抱かれたミーアちゃんとかタヌキドラちゃんとか。以前の「あやとり世界」に出てきたネコはやたらリアルだったけど、絶対マンガっぽいほうがいい。

しかし、しかしだ。いままで見たネコで一番かわいいのは美夜子さんだと私は主張する!!! とくに原作序盤でネコのふりしてのび太を追いかけるところは最高。異論ある方出てらっしゃい。

今作の内容はツンなミーアちゃんをドラががんばって溶かしてデレミーアにするお話。

ツッコむとすればとりあえずドラさん。彼女のミイちゃんはどうしたのかと! あんなにポスター貼ったおしいれに入られたら「浮気者!」って言われちゃうよ。

というかあれ怖いです。突然知らない誰かがやってきて「恋に落ちる運命なのです!」と言われたらどうよ。いつか勘違いで犯罪起こすレベルなので暴走する前にご対面できてよかったのかもしれない。

そしてミーアちゃんに彼氏がいることがわかりドラが地球はかいばくだんを出して暴走する! と思ったら、ミーアちゃんが会いたかったのはおばあちゃんでした。そういうわけでとりあえず丸くおさまってよかったよかった。

……でもあらかじめ日記って必要だった? 突然のゆーかい犯くらいわさドラだったらあらかじめ日記無くても出せると思う!

そして藤子ミュージアムはもう開館だったか。しょっぱなからアレですがつぶれないことを祈ります。宮城県石巻市の石ノ森萬画館は黒字だそうだから大丈夫なのかしら。震災で1Fの被害がひどいけど……いっしょにがんばろう石巻!(スタッフは皆無事です!!:石ノ森萬画館最新情報 MANGATTAN NEWS!

次回9/9の放送は「走れドラえもん! 銀河グランプリ」です。
最近のドラは安定していて飛びぬけた名作がないのでここはドラ誕で一発たのみます!

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード