Entries

とっても楽しいSF小説ベスト5 -2011-

今年後半はあまり本が読めなかったけど、SFベストえらぶよー! 今年出版された本ではなく今年私が読んだ本、ということでおねがいします。


第5位 有川浩『図書館戦争』

図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)5年経ってやっと文庫になった。いまだに売れていたからずっとハードカバーで通すのかと思ったよ。

とりあえず設定がトンデモ。私も初めてこの設定を聞いたときは、このひとヘンなんじゃないかと思った。が、そんなトンデモ設定の中身はとても現実的。あまりにリアルで読者を鬱にさせるのが有川浩。その鬱が一種のギャグになってる。

あ、いや、鬱だけじゃなくて恋愛要素もいっぱいあるよ。うん。


第4位 瀬名秀明『BRAIN VALLEY』

BRAIN VALLEY〈上〉 (新潮文庫)これって小説ということでいいんでしょうか。上巻は脳関係の論文を読んでいるような気分に。

まあ、瀬名秀明の本気は下巻だよ、下巻。こちらも『図書館戦争』と同じく超トンデモ作品になってしまいます。下巻のクライマックス、「神」についての真実が明かされたとき、トンデモすぎて私は笑ってました。

こういう作品もっと書いてほしかったんだけども、最近の瀬名さんは完全真面目モードでなんだか残念です。作風が変わっただけともいう。


第3位 『結晶銀河 年刊日本SF傑作選』

結晶銀河 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)2010年発表の作品を集めたアンソロジー。どれも名作にはちがいありませんが、3位の座は白井弓子「成人式」および長谷敏司「allo,toi,toi」にささげます。

白井弓子は粗削りながら「生」というテーマをもって読者の感情に訴える一方、長谷敏司は完璧な論理をもって読者の感情を操る。その感情って、本当に自分のものかと。(……という話だと思う)

表現のしかたがまったくちがう2人が同時に読める『結晶銀河』 最高!


第2位 上田早夕里『華竜の宮』

華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)今年、もうひとつとんでもない作品読んだので2位になっちゃいましたすみません。

日本SF大賞にまどマギがノミネートされて話題になるなか、「SFファン以外誰も読んでないけど大賞はこれ」と言われて前評判通りの受賞です。なんか微妙に悲しいですが、おめでとうございます。……実際どのくらい売れてるんでしょうかね。

白井弓子の作品と同様、テーマは「生」と受け取りました。それを壮大な舞台、しかも二段組み600ページを用いて処理したのは、お見事。そして、出版を決めた早川書房にも、お礼がいいたい。


第1位 シオドア・スタージョン『輝く断片』

輝く断片 (河出文庫)好きな作家を3人あげなさいと聞かれたら、皆さんはどう答えますか? 私ならシオドア・スタージョン&藤子・F・不二雄&西川真音の3人かな。スタージョンはいまのところ筆頭にあげる。そのくらい魅力のある作家です。

しかし、その魅力を語れといわれると、困る。ひとことでいうなら、「ことばで世界を歪める人」

スタージョンが描くストーリーはじつに普通です。ひねったプロットなんてありません。でも、彼はことばの魔術師。普通にして見たことのない世界を描きます。ありえない。



SFとは関係ないですが、今年後半は電子書籍の話題に気を取られてしまった。クリスティー全集電子化とは、ハヤカワめもっとやれ。ロバート・B・パーカーとかディック・フランシスとか。

結局Amazon Kindleはまだ先のようですが、まさかの楽天Koboが参入決定したし、紀伊國屋Kinoppyもかなりがんばっているし、来年が楽しみです。頼むよー。
タグ: 本・SF

有川浩『図書館戦争』

図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)メディアワークス文庫創刊のさいの作家に有川浩が入っていたので、図書館戦争はここから出るにちがいない! と思ってたら普通に角川でずっこけた、とマニアな話。

有川浩の作風は『塩の街』~『図書館戦争シリーズ』とそれ以降にわかれる感じかな。SF好きな方はとりあえず前者を選べ。

というのも、『図書館戦争』までの作品は大きな舞台と目標を設定してその中のドロドロラブラブな人間関係を描いている感じ。近年の作品はわりとこじんまり。

しかもその大きな舞台というやつが、まさにありえない設定なものだから楽しいんだな。この図書館戦争シリーズなんてぶっとび具合はトップクラスなんじゃなかろうか。

巻末の有川・児玉清さん対談で児玉さんいわく、

有川さんはその宣言(注:図書館の自由に関する宣言)を見た瞬間に、これは小説になるぞ、「早く書かないと誰かに取られちゃう!」と思われたそうで。(『図書館戦争』文庫, p390)

ネタとして使うひとは他にもいたかもしれませんが、図書館員が武器持ってガチ戦争なんて考えるのあなただけです。たぶん。

同様に、前々作『空の中』で怪物がばらばらに分裂して制御不能になったさい、「DIDの治療をしよう!」となったのは吹いたおぼえが。どうなってるのよこの人。

しかも、大枠の設定がいい意味で無茶苦茶なのに、「下手なやつに銃弾与えて予算無くなるよりも上手いやつを伸ばしたほうがいい」とか「戦争で公共物を壊したら保険代がバカにならない」とかどうして現実的なところは嫌になるくらい現実的なんだよ!

でも、そんな中で恋愛を描くのがまたすごいというかリアルというか。ついでにいうと……1作目『図書館戦争』の「真相」って読者からすればだいたいあからさまなわけで。しかしそれを知らずトンデモ発言くりかえす主人公には大ウケした。

いや、本当なら本の規制問題とか恋愛がステキとかいうべきなんだろうけど、私はこれギャグ小説だと思う。ということで笑えるのでぜひ読んでみましょう。

ちなみにスピンオフで別冊が2冊出ていますが、こっちはキャラ小説の印象が強いので世界観重視な方は読まなくてもOKだと思います。

最後にちょっと苦言。有川さんの近年の作品はパターン化してきてちょっと危ういと思う。そう感じるのが私だけならまだしも。

某作家さんについて最近思うこと:ぺぎろぐ
ストーリー・セラー:琥珀色の戯言
最近の有川浩さんについて:Yahoo!知恵袋

同じような意見が複数出てきているのを確認したのでちょっとやばいかも。SFにかぎらずいい作品を書く実力派な作家さんなのはわかるので、一作一作丁寧に書いてほしいなあと思います。シアター2はなかなかよかった。

関連記事:『空の中』感想『海の底』感想
タグ: 本・SF

サンタさんがやってきた!?

Merry Christmas. クリスマスプレゼントに、アニメドラえもんスタッフ&原作&DVDリストという謎のデータを差し上げます。ほしい方はご自由にお持ち帰りください。(2014/11/5更新)

Doraanime.xlsx

↓ちなみに中身はこんなの。







スタッフリストは他でも公開されているものがありますが、たしかDVDデータがまとまっているものはなかったと思いますので誰かほしいひとがいるかなと。ローカルで眠らせておくのももったいないので、あげます。

わさドラDVD収録状況
DVD未収録またはセルのみに収録されているものにしぼってまとめた簡単なリストはこちら。ドラ誕生日や年末スペシャル回のような場合、こっち読んだ方が早いです。

※放映回数・通し話数は ドラちゃんのおへや[第2期] 放映リスト さまのものに従いました。また、アニメ原作で私がわからなかったもの(とくにミニシアターの単行本未収録話)についても参考にさせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

ドラえもん どこでも大ほう/重力ペンキ

2011/12/16 わさドラ どこでも大ほう/重力ペンキ の感想です。

ハヤカワがクリスティーにつづいてラーソン『ミレニアム』三部作を電子化……神だ。ここに神がおる。やっぱりこれはKobo・Kindle待ちの私へのいやがらせかー! 私まだミレニアム読んでないんですよう!

値段据え置きでいいから『華竜の宮』も電子化すればいいのに。分厚いし字小さいしSF大賞の影響で品切れでもったいない。

上田早夕里さんってロボットと人間の境界線とか、科学はどこまで人間を延長するかとか、マイメリのギミック好きにはハマるテーマを扱っているひとで、マイメリひとおしのうちのブログとしてはいちおし作家ですよ。

でも、マイメリや華竜の宮のテーマについて考えるなら小説だけじゃなくてノンフィクションを読んで勉強しなきゃならんとおもう。空想から空想したってしょうがない。

どこでも大ほう(原作:6巻)
脚本 相内美生/絵コンテ・演出 八鍬新之介/作画監督 丸山宏一


中国語ではたとえば新幹線の中のことを"新幹線上"(正確には新幹線の字が違うが)といいまして。

つまりあれは、中国語仕様だったんだよ!

なんだってー!

未来の世界はテキトーすぎる。日本用にローカライズしなさいよねと。

え? そういう問題じゃない? どうもすみません。新幹線に向けて発射しても大丈夫なようにする、それが無理なら新幹線に向けて撃ってはいけませんと注意書きをすべきですね!

パパを新幹線に乗せて大喜びしてるドラのびもあれだが、それよりもたまに突然とんでもない人(今回は銀行強盗)がでてくるのはドラえもんの仕様なのでしょうか……。

あーいう怖い人がヘンな大砲にはいるなんてそれだけでギャグなんですが、そう思わせるのが目的ですか、はい。あいかわらずのテキトーな藤子節ということでいいや。

重力ペンキ(原作:5巻)
脚本 水野宗徳/絵コンテ・演出 八鍬新之介/作画監督 丸山宏一


脚本はクリスマス回鉄板の水野せんせい。そういえば2009年の「聖夜ののび太クロース」でも母親に焦点を当てた話作りをしていたね。

作中ではクリスマスということで雪まで降ってるよ。え? 私のいるところ? もちろんきょう雪降ったよ! 家帰ってすぐにドラえもんだったから家の中8℃切った状態で見てたよ! さむいよ!

というわけであまりひとごとではない話でした。雪降ってる外にしかも夜出ていくなんていやです。

それはともかく、今作はなんかとても昭和のかほり。お母さんが内職、兄弟いっぱい、しかも洗濯機置き場が外って……洗濯機はいまもそんな家がないわけじゃないけど、でもさすがにあの家は古すぎるんじゃないの。というか地震来たら……やめてー!

まさかメインキャラ5人のママのみならずゲストキャラのママまでぐっとくるキャラとして描いてくるとは思わなかった。一郎くんの隠しごとを見抜くオリジナル描写にはちょっと泣けた。

そのあと、ドラのびだけじゃなく「みんなで」あばら谷くんの家にいくところとか、のび太があばら谷くんを迎えにいくところとか、地味にいい演出。

やっぱりわさドラのテーマって「家族」でしょ。劇場版も新魔界から人魚大海戦までずっとこんな感じだし、渡辺・寺本回に限ったものではないわなー。

原作を別の面からとらえなおして魅力を引き出した良回!

「重力ペンキ」原作の本来の魅力? そんなのパパの苦労がたなとともに一瞬にしてくずれた一コマに決まってるだろ!

すみませんすみません。

次回12/30の放送は『年忘れだよ!ドラえもん検定クイズSP』ということで、「ドラマチックガス」「天の川鉄道の夜」などなどです。
お。今年の放送はまだあったのか。でも再放送……と落ち込んだ直後、寺本無双回であることがわかり寺本ファンの私はもはやどうでもよくなった。午後5:30からなので録画組は注意! 私はもう予約した!

河北新報社『河北新報のいちばん長い日』

華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)まず、上田早夕里『華竜の宮』の日本SF大賞をお祝いします! 本当におめでとう!

1995年の阪神・淡路大震災の筆者の経験がこの作品に生かされていると感じています。それは、いま軽く読み返してみてはっきりとわかりました。この作品に描かれている問題は、3・11大震災でも起こったことだったから。SF大賞の件は抜きにしても、この作品をいま読まずにどうすると。

ちなみに600ページと分厚い作品ですが、そんなのよめねーよな方に朗報です。

この作品、二段組みです。

がんばって♪

まあ、私はプロローグ読んだ時点で読み終わるのもったいねーって思ったのでたぶん大丈夫です、たぶんね。ちなみに、以前書いた感想はこちら。あえて、My Merry Mayファンにもおすすめしてあります。:上田早夕里『華竜の宮』

そういうわけで本題。今回は3・11絡みで河北新報社『河北新報のいちばん長い日』を取り上げます。

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙まず、被災地にいて一日以上の停電に苦しんだ方、ぜひ読んでください。

電気が復帰してやっと情報が入ると思ったらチェーンメールばかりTwitterはデマだらけ、あげくの果てにメディアでは「Twitterが役立った!」という声があがってて失望した方たくさんいると思うんですよ。

そして思うはず。新聞はものすごく役立ったと。この本に登場する方々は、それを代弁してくれます。設備の故障で出版不能の危機にさらされながらも、新潟日報の力を借りて印刷することができた号外。でも、もう夜だし、停電だから避難所に持っていったって無駄じゃないのか。

でも、そんなことはなかった。避難していたひとびとは携帯電話の明かりを使ってむさぼるようにそれを読んだのです。停電で、テレビやインターネットで情報を得ることができなかったから、ラジオと新聞だけが頼りだった。

が、その日の号外や次の日の朝刊なんて、この大震災の序章にすぎず。実際に津波に襲われた南三陸町へ取材に記者たちは絶句。まさに、街は壊滅状態。亡くなった幼い子どもにも出会うも、遺体回収よりも生存者救出を優先しなければならない現実。記者は、カメラも向ける気にも話を聞く気にもなれなかったのだった。

一方で石巻市。(市町村単位では今回もっとも犠牲者が出たまちです)
ヘリをとばしていると、小学校の屋上にSOSの文字と手を振っているひとを見つける。でも。

「ごめんなさいね、ごめんなさいね、ごめんなさいね……。僕たちは撮ることしかできない。助けてあげられないんだ……」
「なにやってんだ……俺、最低……」(p68)

助けてあげられない。写真を新聞に載せて、間接的に助けにいってもらうしかない。とりあえず、新聞に載せれば助かる、と内心言い訳をする。実際に載った。これで助かるはず! という希望は、じつは、甘かったことが二か月後に判明する……。

記者たちは取材した内容を、新聞でどう書くか? という問題にもぶち当たる。

宮城の村井知事は言う。「死者は、万単位になる」
しかし、この言葉をそのまま書いていいものか。被災者にはショックが大きすぎるのでは……。そう考えて、記者はほんの少し言葉を変えた。

それは、原発事故について書いたときも同じだった。福島原発が爆発した。しかし、ただ「原発爆発」と書いたら被災地に不安が広まるかもしれない。記者は、情報を整理していくうちに、あることに気づく。

そして、福島原発事故を伝える見出しは、他の全国紙とは微妙に違ったものとなった。

でも、死者万単位の話にしても、福島原発の話にしても、見出しを変えた決断は正しかったのか? ただ現実逃避したかっただけじゃないのか? いまでも、記者たちは自信が持てない。おそらく、今後も記者を続けていくうえでも試練のひとつになるのだろう。そもそも、自分は地元紙として何をやったのか? と彼らは自問する。

『河北新報のいちばん長い日』、それは、こんな物語。

最後にひとつ。震災のショックがまだ癒えていないと自覚している方は、これを読んではいけません。そろそろ、この震災のことをまとめてもいいころなのかな、と思っていた私も胸がえぐられるように苦しかったです。(このトラウマ、一生残るのかな……)

まだ、復活していない、と思うのであれば、もうすこしだけ、そっとしておきましょう。無理に気丈にふるまう必要なんて、ないんだから。
タグ: 本・SF

ドラえもん 巨大スネ夫あらわる!/ひるね王選手権

2011/12/9 わさドラ 巨大スネ夫あらわる!/ひるね王選手権 の感想です。

小学生の方が書いたクリスティーの書評が私よりも上手いし読書を楽しんでるしで絶望するなど。
「秋の読書探偵」最優秀作品賞(小学生の部):翻訳ミステリー大賞シンジケート

小学生でクリスティーのミステリー部分だけでなく人間描写をほめるとかあり~~~!? そもそもアクロイドとかオリエント急行にせずに『忘られぬ死』を選ぶってこと自体がすごいとしか。大物だ。

クリスティー電子化のせいでSONY Readerが無性に欲しくなってきたわけだが、いくらなんでもいまはタイミングが悪すぎるとおもう。

Amazon Kindleとか楽天Koboとかあげくの果てにNookが来る可能性もなきにしもあらずとかなんなの? しかもアメリカ版SONY Readerも130ドルから99ドルになってる……(日本版は約20000円)。私へのいやがらせにちがいない。

巨大スネ夫あらわる!(アニメオリジナル)
脚本 大野木寛/脚本協力 富永淳一/絵コンテ・演出 鈴木孝義/作画監督 嶋津郁雄


アニメオリジナルでいいよね? 最後に唐突な先生オチで来たから原作ありかと一瞬思ったが。突然先生かパパでおわれば原作つきの可能性が高い件について。F先生の構成がときに下手ともいう。

そうだね、怪獣がでてきたらまずは警察、その後自衛隊だ。しかし自衛隊の銃使用許可が下りなくて被害が拡大するとか、愛護団体(この場合は人権団体?)がでてきてすったもんだになるとか。

それなんて有川浩と山本弘?

Haikasoruさんからでる山本弘の英訳MM9かっこいい……。

75円75銭て... 今週も日本に本をオーダーするのを躊躇することになってしまった。(中略)3215円の書籍代がドル決済で$41.80、送料手数料が$49.14、合計なんと$90.94。 @Haikasoru 1, 2

Haikasoruさんがしんじゃうだれかたすけて!

文庫落ちを待っている上田早夕里『ゼウスの檻』(1890円)がKindle版7.2ドルで売っていていろいろ悲しくなった。というか費用かかる翻訳ものをこんなに安く売って大丈夫なのか…? ハヤカワとかもいつもいきなり文庫出して会社潰れないかむしろ不安なんだけど。

しかし、日本の電子書籍は守りの議論ばかりでいかん。国境の無い電子書籍をつかって日本のコンテンツを輸出するぜ、とでもいってくださいよ。

以上有川浩の自衛隊シリーズと山本弘の宣伝でした。いや、巨人ものってドラえもんSFでもっといけるんじゃないかと。ガリバーもあったし。そのうち30分でやってみてください?

ひるね王選手権(アニメオリジナル)
脚本 大野木寛/絵コンテ 誌村宏明/演出 鈴木孝義/作画監督 志村隆行


どこかで見た話だな。ねむりの天才のび太とかうつつまくらとか大富豪のび太とか。これらを無理やりつなぎあわせた感じで構成がいまいちな印象が。こっちはまちがいなくアニメオリジナルとわかった。

それと細かいけど、出木杉くんは「ぼくは勉強でもスポーツでも、たいがいのことで彼に負けることはありませんでした」と他人と自分をくらべるようなことはしないとおもうよ。そして彼はひとのいいところを純粋に褒めるひとだとおもうよ。

とケチをつけつつ、0.97秒世界新記録には笑った。こんな微妙な数値を出してくるあたり、知っててわざと変えたな!

次回12/16の放送は「どこでも大ほう」「重力ペンキ」です。
去年のことを考えると次回が今年ラストかと。でも今年はクリスマスドラミスペシャルないのかな。

ドラえもん おぼっちゃマンボ/うそつきかがみ

2011/12/2 わさドラ おぼっちゃマンボ/うそつきかがみ の感想です。

おぼっちゃマンボ(アニメオリジナル)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 西田健一/作画監督 嶋津郁雄


えーと、AKB48ってやつなんでしょうか。私よく知らないけど……。現実問題、この手のプロデューサーみたいな役柄はよっぽど仕事ができてアピールもうまくないと有名にはなれないから、やっぱりジャイアンには向いてないかと思われる。

というかスネ夫のほうが断然向いている。ジャイアンの歌をあきらめさせるためにテキトーにプロデューサーに誘ってるあたり裏参謀タイプだし。

……と思ったが、「そりゃあボクちゃんは歌はうまいしかっこよくって歌手にはぴったりだけど……」と気を抜くとペラペラ本音出ちゃうあたり、もしかしたら向いてないかも。会社の経営者がこんなんじゃマスコミにたたかれる。まあ、小学生だしそのうち成長していくんだろうけど。

こことあと「正直に言うと、どっちもよくないと思う」のところといい、間の取り方が今回いいな。

最初はぎこちなかった歌がしだいにノリにノッていくのがさすがです関さん。

うそつきかがみ(原作:2巻)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 西田健一/作画監督 嶋津郁雄


これってカルト宗教ですか? こわいです! こわいです! そういえば原作のママの目とか洗脳状態だったからなあ……。

この話はたしかにいろいろやばいけど、それは原作の魅力であってつっこむところはあまりないのだが。ボーリングのかわりにドラのびが取っ組みあってかがみを壊すアニメオリジナルの部分はとてもよかった。

なにがよかったかというと、のび太が心配してドラの頭をなでているところ。そしてその直後に、けがはなかった? とふたりを心配するママ! やっぱこの家族3人いいわ。原作でなぜか突然ボーリングな展開もギャグの一種だからカットするなって意見もありそうだけど、わさドラママファンの私としてはこっちでOK。

ママといえば、「おくさまは世界一の美人なのです」「やだーもうそうだったのねー」と照れるママに三石さんが合いすぎて笑った。このへんもやっぱわさドラのほうがいいよなーと。

ママのちょんまげ追加といい、スマートドラといい、ほかのオリジナル部分も光ってた。原作の魅力と合わせ、文句なし。

次回12/9の放送は「巨大スネ夫あらわる!」「ひるね王選手権」です。
今回にひきつづきスネ夫主役回。そしてスネ夫ゴジラになる回。

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード