Entries

J.G.バラード『殺す』

殺す (創元SF文庫)バラードってこんなのしか書かないの(;´Д⊂) 私がP.K.ディックを読むときはいつものPKDを求めているように、バラードファンはいつものバラードだと安堵するのでしょう。

でも私、バラード読んでるとなんか生理的に気持ち悪くなるんだよなあ。創元表紙の美しいイメージと破滅的思想が混ざったドロドロした感情が直接脳の嘔吐中枢を刺激するとでもいうか。バラードあんま好きじゃないんだけど、すごいひとではある。こんな作品書くひとそういないだろ。

しかし今回紹介する作品、まずあまりにどストレートな邦題にびびる。ちなみに原題は"Running Wild" タイトル付けづらい話ではあるんですが、どっちも微妙かも。

そんな『殺す』、東京創元社のくせに630円とお手頃だよ! ページ数なんて見ないでそのままAmazonカートに入れてポチりましょう……とはちょっといえないなあ。内容においても。

いえ、あいかわらずのMadなバラードです。狂ってます。それは間違いない。

アイディアの根本はバラードらしくすばらしいものなんですが、それが昇華できていない印象ですね。ページ数が短すぎるのもあいまって、アイディアだけを見せられている感じ。

25年前(1988)ではこの話はたぶん衝撃的なものだったと思います。ですが、いま読んだところでどうかなあ? アイディア・問題提起のみ終わっているこの作品だと新たに得るものがないような気がします。バラードであればこの3倍書いてもっと、もっと深い話にできたはず。もったいない。

そういうわけで狂った世界にはまったバラードマニア以外ならあとまわしで問題ないと思います。逆にいうと安心のバラードなのでマニアは読んでいいと思います。

マニアじゃない方は『楽園への疾走』でもいかがでしょうか。これは出来がよかった。:『楽園への疾走』感想

あと感想書いてないけど『千年紀の民』もなかなか。『殺す』のテーマ(らしきもの)が気にいった方はこっちのほうが楽しめるかも。ちなみに『楽園への疾走』も『千年紀の民』もバラードにしては読みやすいので初期バラードが苦手な方にもおすすめできます。
タグ: 本・SF

ドラえもん 日食を見よう/まんが家ジャイ子先生

2012/5/18 わさドラ 日食を見よう/まんが家ジャイ子先生 の感想です。

じつは同系統のディックよりも好きだったりする作家、クリストファー・プリーストの『双生児』を読んでるんだけどこれ面白い。

歴史とパラレルワールド、現実と虚構、T・PぼんとSF短編が混ざってる感じでFっぽくもあるしこれ劇場版ドラの原案希望。いつものオリジナル劇場版ドラはぶっちゃけもうワンパターンでストーリー的にはつまらないんだyo! 来年のがどうなるかわからないけど、たまには意外なのをやってください! 監督は「のび太の夢物語」の高橋渉で。

『双生児』、尻切れトンボといううわさも聴くけど気にしない。たとえ途中でトンデモ展開になっても気にしない。それはいつものプリースト。

映画『プレステージ』レビューで、「これは手品じゃなくてファンタジー」という不満を述べている方がいるけど、それは原作『奇術師』からなのでプリーストに文句いってください。まあ原作で私もそれにはつっこんだけどね!!!

日食を見よう(アニメオリジナル)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 八鍬新之介/作画監督 三輪修


12RIVENの日が来た。ちなみにI/Oは月食。まったくもー旧KID組はこの手のネタが好きねえ。どちらも内容にはあえて触れないのがマナーです。ギミックに対してストーリーが薄いなんてそんなこと(ry

「日食? それっておいしいの?」

ドラえもんで日食を知ったおぼえがある私はのび太のこと笑えないかも……。出木杉としずかちゃんはともかく、それ以外のみんなも金環日食に夢中だなんて知的なのね。

そして「月と太陽の距離はまるでちがうのにどうしてぴったりかさなるの?」という問いがオチにつながるなんて思ってもいなかった。いや、2回目の日食が起こった時点で察したけどね、さすがに。しかしなかなかのトンデモ。

トンデモといえば今回は演出もなんか変だった。一瞬の平安時代への変化とかクモノイトンで上に登っているところの白黒反転とかドラが一回転して背景に太陽と月のお別れとか音楽とか音楽とか音楽とか。

ついでにいうとミニチュア大百科はもちろんバタバタヒラヒラを出したりクモノイトンを出したり道具の面でも細かい。そんなに出来がいい話でもないと思うけど、異色回という意味で楽しめたかな。

まんが家ジャイ子先生(原作:29巻)
脚本 清水東/絵コンテ 誌村宏明/演出 八鍬新之介/作画監督 をがわいちろを


あーたしかにジャイ子の声がちがうわ。声優さん変わってから一言くらいしか出番無かったから判断つかなかったけど、これだけしゃべる回だとさすがにわかる。

つきまくったうそがふくらんでにっちもさっちもいかなくなった話。誰かが「異議あり! ムジュンしています!」とつっこんであげるべきところを本人が気づいてよかった。

しかし、作者が目の前にいることを知らなくとも、「これ読んでみて」って言われて「ひっでえまんが!」とは普通言わないよなあ。ここはスネ夫GJというべきなのか。あ、のび太だけでなくスネ夫も「ジャイ子ちゃん」って呼びかけていて安心しました。

ジャイ子がF先生の投影っていうのは本当なのかね。「あたしの描きたかったまんがはこんなものじゃないんだわ!」

ジャイ子が原作初期とキャラがぜんぜんちがうなんてつっこんではいけません。じつは原作初期のジャイ子と原作中期からのジャイ子は同姓同名の別人です。そう思わなければなりません。

F先生が新作のアイディア考え付かずに場当たり的にのび太の不幸を演出するためのスケープゴートとしてジャイ子を出したけど、その後使い方がわからなくなってキャラをずらしたなんてそんなこと(ry

まあせっかくこんなに良いキャラになったことだし、アニメオリジナルでもう一本くらいジャイ子主人公の話つくらないかなーなんてちょっと期待してみる。

おまけ:ファンレターに「次の同人誌の新刊は、『ショコトレ』の合同本を作ることになりました」とあったのに笑った。

次回5/25の放送は「あの道この道楽な道」「ポケットの中のしずかちゃん」です。
しずかちゃん誕生日回はハズレがないんだぜ、と思ったら今回15分枠だった(T_T)

ドラえもん 人よけゴールデンウィーク/アパートの木

2012/5/4 わさドラ 人よけゴールデンウィーク/アパートの木 の感想です。

人よけゴールデンウィーク(原作:19巻 人よけジャイロ)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 西田健一/作画監督 嶋津郁雄


ゴールデンウィークだと車が渋滞しようが施設が混もうが中に入れるだけましっていうところもある。私はそのへんの経験上、ゴールデンウィークはずらして普通の土日に行きましょうというものわかりのイイ子でございました。まあ一日二日ですむところ限定だけど。

それにしてもドラちゃんダメダメの話である。わざわざポケットを置いていったあげく迷子になるとか。悪いののび太じゃなくて絶対ドラ。言い出せないところが劇場版恐竜っぽい。

登山の基本、すこしでも迷ったと思ったらその場で引き返す、道がわからなくなったらとどまる、これ鉄則なんだぜドラちゃん。守らないとRemember11で死ぬから気をつけてね。

ちょうどGW中に日本アルプスで遭難事件が多発していてちょっとびびる。以前、Remember11の考察ネタ探しで登山中の遭難事故のことを調べはじめた一ヶ月後にトムラウシ山遭難事故が起こったときはホントに悪寒が走ったことを思い出す。

こう言っちゃなんだけど、この事故はリスクマネージメント関係で格好の素材になりうるネタでもあるので登山関係なくそっち系好きな方には『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』よろしくね。

原作から疑問だったんだけど、この話のオチはひっくり返して地図上に置いたことで大量に人が集まっちゃったってことでいいのか? 道具の効果が切れて単なるGW効果で人が来たってことではなく。

アパートの木(原作:10巻)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 西田健一/作画監督 小澤辰則


五郎さんってだれやねん。のび枝さんとの関係はなんなの! とかツッコむ原作読みであった。まねコンはいつアニメ化されるのかしら。

私みたいに実家から脱出するために勉強して(せざるをえなくて)大学行った人もここにー。その選択は正しかったと確信してるけど、手に入れた学歴とか知識とかが実家ですり減った心のぶんを越えるかどうかはよくわからん。

そういう関係上、私には一人暮らしをすれば親の大事さがわかるーみたいな理論はやっぱりよくわからんのだけど。だけど、ひとりでいるとたまになんか怖いってことだけはのび太に共感した。

もしかしたらアパートの木が一日経って生き埋めになる可能性があるように、突然地震とかあって大ピンチになる可能性もなきにしもあらず。というかこれ3・11の私じゃん! 近くにそれなりに話せる人がいるといろいろ便利なのでそれにこしたことはないです、ええ。

次回5/11の放送は「ニセ宇宙人」「ドロン葉」です。
宇宙人が野田首相に会いたがってるんです。

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード