Entries

『善人シボウデス』 Aliis si licet, tibi non licet.

極限脱出ADV 善人シボウデスわけあって休日に2日ほどホテルにこもらなければならなかったので荷物少なめで2日間楽しめるものを考え、30時間遊べるという善人シボウデスを買ったのですが、大正解だったようです。ひさびさにドはまりしてしまった。

私はRemember11>Ever17>9時間9人9の扉の順で好きだったのだけど、順位変える。これからは、Remember11>善人シボウデス>Ever17でいきます。

同時に、私は途中良ければすべて良しなタイプなんだと自覚せざるを得ない。途中がおもしろければオチが過去作品の使い回しだろうがゼロの計画がいまいち理解できなかろうが明らかに続編前提のつくりだろうがどうでもええわ。だいたい打越ライターの時点でオチなんてある程度予想つくわけだし、オチなど評価対象にならぬ。

ちなみにどんなふうにオチが無いのかっていうと、今回のノナリーゲームはある大計画のための小計画にすぎなくて、「さあ、真の目的を達成させるぞ!」というところでEND。

成功したのか失敗したのかは謎だが計画自体はオチてるのがRemember11で、計画自体オチてないのが善人シボウデスって感じかな。

しかも12RIVENから「仕掛け」がやたら複雑になって「こんなの考えるオレすごいでしょ!」な自己満足と化してるのはいただけないところ。Never7からRemember11は仕掛け自体はシンプルでおおまかなところは一発で理解できるものだったんだけど。

ゴースト トリック NEW Best Price! 2000逆転裁判の巧舟もゴーストトリックでそっち路線にいって正直がっかりした。(というよりもともと巧舟はあんな感じか。逆転裁判1~3では短所が見えづらかっただけで)

ついでにいうと序盤もノナリーゲームの説明ばっかりでテンポが遅くいまいちか。ここはR11には全然及ばないなー。

それでもやっぱり中盤のサスペンス、ホラー、そして燃え展開はおもしろかったのだよ! 燃えるんだよ、全員が協力選んだり裏切り選んだり殺されたりなこの心理戦! ある人物が最後に姿を現してABゲームに臨む、ある人物のまさかの裏切り、このぞくっと感は999で感じなかったもの。

999も「誰がゼロか?」で疑心暗鬼に陥っていたのは確かなんだけど、あまり緊張感は感じなかったんだよね。そもそも999もクローズドサークルなのに9人以外の人物がひょっこり出てきたりするし。それ以上にあれは私に合わない文章が多すぎてちょっと。

善人シボウデスのなにがいいかって999のような修飾過多でうざい文章少ないことや「ふと頭に浮かんだんだけど……」って全然脈絡のない話しないことや冷凍庫に閉じ込められて大ピンチなときにストーリーをつなげるためだけの無駄話しないこと。

人によっては打越の文章が本当に嫌いって人いると思うのよ。私もそっち系。(R11悟編ではあまり気にならなかった、むしろ好きになれたのが我ながらふしぎ。こころ編にはかなわないが)

残念だけどそれ自体は善デスで解消されてないです。でも今回はそういう文章が出やすい地の文が少ないので我慢できるレベルだとは思う。緊急の場面で無駄話っていうのも打越作品には多いけど今作は999の冷凍庫レベルはなかったのでこれもまあOK。

書いていて「なんだ999これが無ければ名作だったんじゃん!」みたいな感想でしかない気がしてきた。つまりは999より全然洗練されているってこと。999が楽しめた人はやるしかないね。

あとファイが打越流電波ヒロインなのではないかと警戒してる方(←過去の私)に朗報。ファイはかなり良いキャラでした。私は善デスでいちばん好き。ここは心配しなくていいです。

そもそも今作は電波キャラ自体がいない。なんてことだ。もっとも、いろんなもの突き抜けて神の領域に達しつつあるキャラならいるような気がする。とても私好みなキャラ。

電波キャラはいないけど、電波がないわけではないのでそこは注意。あいかわらず寒いギャグや下ネタ多いです。「ギャクセンスがゼロで寒いけど打越だからしょうがない」って感想を複数見かけて笑った。みんな打越に汚染されてる!

しかし、今作では打越さんのテキストの短所を打ち消すレベルの長所がある。それは999と違い声優がついたこと。全員巧い。すっごく巧い。

打越さんのネタはむしろ反感を買うことが多くて、前作の八代をババアと罵るところとか品が無いなーとイライラしたものだけど、今作のディオのババアジジイ発言はまったく角が立たなかった。これは声優の勝利としか。infinityシリーズでもシナリオの電波を声優が昇華してるところが結構あったから打越ゲーは腕のある声優つかうべき。どこさいくさ、おめーさー。

感想書こうとするとネガティブな部分が出やすい作品とは思うけど。でも、おもしろかったです。おもしろかったです。しかも携帯ゲーで30時間という大ボリューム作品を出したということも褒めたい。内容にかかわらず、それだけでも、評価すべきだと思う。

で、とりあえず続編はだしてね!

個人的には「これからの俺たちの戦い」が描かれなかったことより、私の好きなキャラが謎だらけで終わったことのほうが納得いかん! 気になるから早く!

それとなんだかんだで前作の999はやるべき。前作のキャラクターが重要人物として出てきます。999の感想はこちら。:『9時間9人9の扉』感想

以下は善人シボウデスおよび前作9時間9人9の扉のネタバレ。2作プレイ済みで見ることを推奨。

続きを読む

『探偵 神宮寺三郎 復讐の輪舞』&Jinguji Song Chronicle Vol.2

探偵 神宮寺三郎 復讐の輪舞3DSとあわせて神宮寺新作買ったよー。私がプレイした感じでは携帯機神宮寺としてはかなりいい。

映像が綺麗で据え置き並み……とまではいかないけど雰囲気がかなりでてる。私が初3DSプレイなのもあいまってそこは感動した。OPムービーはもう「神宮寺が帰ってきた!!!」ってよろこんだしTalk Profile開始と終了時の演出はかっこいいし。今回は音声もストリーミング再生らしくすばらしい音質なのでここはヘッドホン推奨。

不安要素だった3Dキャラもかなり頑張ってる。とくに洋子君が歴代でトップ級の美人。うん私それだけでいいや。ちなみに今回は洋子君も捜索するしTalk Profileもします。やったー。

あと今回の見どころは捜索。善人シボウデスの影響かなにかしらんけど脱出ゲーの様相をだしてます。集めた道具を合体したり分解したりしてお部屋の謎を解いていく。しかも結構むずかしい……。脱出ゲー好きな人は期待していいと思います。

とベタ褒めしたいのだが正直勧められないのがとってもつらいところ。だってプレイ時間5時間~7時間くらいですよ。このために3DS買ったのに(泣

まあDS版もメインシナリオはそのくらいだったけどアプリ5個+謎じけ6個で最終的には10時間~15時間は遊べたし短編であってもいろいろなおはなしが楽しめるということで時間以上の充実感があった。今作それ全部無し。

というか未収録アプリが4作あったのになぜいれなかった。しかも未収録アプリのひとつ「揺らめくひととせ」のキャラが今回サブで出てくるんですけどアプリ配信終了でできないじゃないですか。いれてよ! 私やりたいよ!

ストーリーについてはいつもの神宮寺。やりなれてるとたぶんまたかーとなる。軽くネタバレするとヤクザぶっとばして終わります。もうすこしインテリな展開になるとおもったのに。ちなみにタイトルと話の内容はほとんど関係ない。タイトル付け間違ったんだと思う。うん。

あとこの話、依頼人の君島弘樹・裕太親子の依頼が終了したところからはじまっていて。進めていていやに話にぶつぎれ感があるからそのうち回想として尺を取るんだろうなと思ってたらそんなことなく終わった。公式小説を読めということだそうです……。だからゲームのなかにいれてよ!

そもそも、公式でウリにしてる容疑者神宮寺三郎ってナンバリングタイトルだけでKIND OF BLUE・いにしえ・輪舞と3つ目じゃねーかyo!(いいかげん「洋子君が容疑者だって!? 俺が洋子君の無実を証明する!」をやるべき。なんでこれが無い)

というわけでいろいろ頑張ってるのはわかるんだけど勧められない悲しいゲーム。2000円くらいになったら買ってみてもいいかも、かなあ。公式でOP映像が公開されてるのでこれにビビッときたらもうすこし出してもいいかも。

はじめての3DSなんだし次につなげられればとは思うのだけどそもそもいまのワークジャムの状態では次につなげられるかがまず怪しいという。



さて、本当に勧めたいのはゲームではなくこちら。Jinguji Song Chronicle Vol.2が出ると知って私がいちばんびっくりした。まさか私がいったとおりになるとは

DS版のいにしえの記憶~復讐の輪舞までのDS出典オリジナル曲が(たぶん)全曲聴けます!(アプリについては除外) しかも旧DSの曲に関してはより高音質で。私が好きな"I Am Misanthropos"(『赤い蝶』タイトル曲)や"A Beast, As Thou Art."(捜査時)も当然あって歓喜。

ひとつ気になったのがあるとすれば"Inconsistency"かな。この曲はいにしえの記憶サントラでは"inference"というタイトルで旧DS作の推理中(というか情報整理中)に流れる曲。アレンジされていて原曲とはちょっと違います。この曲目当てな方は注意。

あとDSで流れた曲でも他作品が初出典の曲は未収録なのでこちらも注意。復讐の輪舞でいうと推理中(情報整理中)とTalk Profile中の曲はKIND OF BULEサントラの"Solving Mystery"と"Gathering Pieces"、与那国登場時の曲は灰とダイヤモンドサントラの"False Truth"となります。他にもあるかもしれないので試聴で確認を。

関連記事:
探偵 神宮寺三郎DS 赤い蝶
いまさら『クロス探偵物語』(SS・PS, 1998)
わーくじゃむは ばくはつ しなかった><

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード