Entries

重松清『その日のまえに』『流星ワゴン』

その日のまえに (文春文庫)自分や近しい者が病気で死を意識しなければならなくなったとき、どう向き合うかというおはなし。短編集。

病気と死を扱えば話は重くなり考えさせられるのはあたりまえ、ありきたりであるという感想はとても理解できる。

一方でありきたりで身近にもないとはいえないからこそ考えさせられるという感想もあるのも当然。ただ、よくあるのは「考えさせられるけど、自分にはそんな経験は一度も無いし実際そうなったらどうするかはやっぱりわからない」ということ。

私の感想をいいます。小説としてはありきたりな話だと思います。評価は高いようだけど名作かときかれたら「?」マークがつきます。それでも胸に響くのは否定できない。そして、実生活のほうで「こんご二度目を経験することがあってもそのときどうするかはやっぱりわからない」ということです。

経験者がこういうストーリーに対してどう考えているのかはかなり興味がある。もっとも、「たとえ経験者でもそんなの人によってちがうに決まってるじゃないか」といわれたらそのとおり。人生いろいろ、人のこころもいろいろ。それでもやっぱり気になる。そういうもの。

「その日のまえに」「その日」「その日のあとで」のコンポが好きなひとが多いようだけど、私は「ヒア・カムズ・ザ・サン」に一票。

ところでこのブログの話題に関連して。私、「家族愛」をテーマとしている楠葉監督の劇場版ドラえもん作品わりと好きですよ。(周囲では評判わるいが!)

血がつながっていようがどーしようもないことがあるのは理解しているしそっちもそっちで経験者だし最終的には「自分以外は他人」というドライな考えしてる人なので、「家族なら助け合うべき」という意見に基本的に反対の立場であると付け加えたうえで、楠葉作品好きですよ。わさドラはもともとメイン5人一家が優しくなったという印象が強いしね。

流星ワゴン (講談社文庫)重松作品で評価の高い『流星ワゴン』が好きじゃない理由はそれだな。家族ならわかりあえるという思想は嫌いなので。それなら『その日のまえに』くらい仲のよい家族を描いてくれていたほうがすっきりする。

それに、『流星ワゴン』は「さんざん過去は変えられないと煽っといてそれ!?」ともにょるオチ。一方『その日のまえに』はテーマ的には良い意味で予定調和。私はこっちのほうが好き。
タグ: 本・SF

この米澤穂信がすごい! 分野別書籍リスト

米澤穂信はハズレの作品はないんですが、好き嫌いわかれる作品が多いと思います。最初に嫌いな作品が当たって二度と読まなくなる、なんてことになるともったいないと判断し、特徴別に作品をまとめてみることにしました。(かなり主観混じり)

私的おすすめ度とミステリー度をC~A+で付けてみました。私的おすすめ度はあくまで私の好みに合うかどうかなのであまり気にしないでください。私はラノベ苦手なのでラノベ系の作品はおすすめ度低めになります。

ミステリー度ですが、私は本格ミステリーあまり読まないので結構とんちんかんかもですすみません。もちろんミステリー度が低いから駄作ということはありません。むしろ私は低めの作品が好みです。

1.ライトノベル系作品

氷菓 (角川スニーカー文庫)  愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)  春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

まずは私が苦手とするこの3作から。

『氷菓』『愚者のエンドロール』は「やらなくていいことはやらん」という省エネ主義の主人公折木奉太郎とその仲間3人が所属する古典部で繰り広げられるミステリー、通称古典部シリーズの1作目と2作目。

『氷菓』 おすすめ度 C+ ミステリー度 B

古典部1作目の『氷菓』はいわゆる「日常の謎」系ミステリーです。北村薫や加納朋子が有名ですね。謎はいろいろ提示されますが、古典部部雑誌の『氷菓』というタイトルの謎が中心となります。もちろん殺人事件は起こりません。

『愚者のエンドロール』 おすすめ度 C ミステリー度 A
古典部2作目『愚者のエンドロール』 これはミステリー映画の犯人当て。前作よりもミステリー度が上がります。ホームズネタも出てきますので古典ミステリー好きはたぶん喜ぶ。ただ、「ホームズしか知らない脚本家が(ry」というオチでたぶんずっこける。

『春期限定いちごタルト事件』 おすすめ度 C ミステリー度 B
こちらはじみーで目立たない平凡な「小市民」な高校生活を目指す小鳩常悟朗と小佐内ゆきが活躍する、通称小市民シリーズの1作目。こちらも「日常の謎」系の話ですが、『氷菓』よりもさらにこじんまりとしていて少し印象が薄すぎるかな。

この3作、ライトノベルに抵抗が無く、かつミステリーが好きなら積極的に読んでいいと思います。ただ、主人公が気取った感じで心情描写がちょっと回りくどく、人を選ぶ印象。このなかのどれか1作読んでみて、同じ理由で苦手としたならば他は回避してもいいかもしれません。

が、シリーズもののせいで、これには罠が待ち受けているという。ということで次いきます。

2.癖の抜けたライトノベル系作品

クドリャフカの順番 (角川文庫)  遠まわりする雛 (角川文庫)  夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

ここからもやはり古典部・小市民シリーズ。文章の癖は1.より抜けているので人を選ばなくなっていると思います。古典部・小市民のキャラは好きだけど文章がいまいち、これずっと続くの? と心配な方でもこれらは安心して読める作品が多いかと。

『クドリャフカの順番』おすすめ度 B ミステリー度 B+
古典部シリーズ3作目。前作のホームズに続き今度はクリスティー。賛否わかれるかもしれませんが、古典部シリーズは癖の弱いこの作品から入ってさかのぼるのもいいかもしれない? と思ったり。キャラ達の意識の変化がつかめないって意見も出そうだけど、それに関しては4作目がポイントだからまあいっか、と。

『遠まわりする雛』おすすめ度 B+ ミステリー度 B
古典部前3作をすべて読んだ後に読むことを推奨します。そして、評価を下すのはラストを飾る表題作を読んでから。米澤穂信、人物描写が本当に上手くなったと思わせる一作。千反田さんはいかにもラノベにありそうなエキセントリックなキャラで新鮮味ないよなーなんていままで思っていてすまんかった。

『夏期限定トロピカルパフェ事件』おすすめ度 B ミステリー度 A
こちらも前作の春季限定~を先に読むこと推奨。単独で読んでも問題ないですが、前作を読んでいると読後感が変わると思うので。前作でおまけ感があったミステリー部分も今作ではかっちりと構成されています。悩んだけどミステリー度はAで。

『秋期限定栗きんとん事件』おすすめ度 B+ ミステリー度 B
同じく前作の夏期限定~を読んでから。こちらは単独で読まないほうがいいと思います。これはミステリーのロジック部分よりも人物描写の巧さに舌を巻く。なんとなく怪しいが、動きが明確に描写されないある人物、もはやそれがミステリー。

ポイントは単独で読んでも大丈夫な『クドリャフカの順番』です。この作品が合うならば、ライトノベルが苦手でも1.に戻って、そのあと『遠まわりする雛』『夏期限定トロピカルパフェ事件』に行く価値はあるかな、と。

ちなみに『遠まわりする雛』『夏期限定トロピカルパフェ事件』の終盤は次の「3.空疎なジュブナイル作品」に近いので、3.が好きならそこも考えておくべきかも。

3.空疎なジュブナイル作品

さよなら妖精 (創元推理文庫)  ボトルネック (新潮文庫)

『さよなら妖精』おすすめ度 A+ ミステリー度 C
米澤穂信の3作目であり出世作。そして米澤長編で私的ベスト。ライトノベルのジュブナイルな雰囲気は残っていますが、その雰囲気はクール。

古典部シリーズのすかしたキャラが苦手であればこちらをぜひ。まあ、こっちの主人公がすかしてないかって聞かれたらそれは否定するけど。

『ボトルネック』 おすすめ度 B ミステリー度 C
なぜか自分の存在しない平行世界に行った主人公が元の世界との違いを探っていくSFミステリー。でも、SFミステリーの設定は作品を描くうえでの背景ととらえて、悩めるジュブナイルとして読んだほうがいいかも。正直、とても解説しづらい話。私は作者が何を言いたいのかよくわからなかった。嫌いではないですが。

4.本格ミステリー

犬はどこだ (創元推理文庫)  インシテミル (文春文庫)

『犬はどこだ』 おすすめ度 B+ ミステリー度 A
悩みましたがここに入れます。人探しと古文書解読がかかわる探偵ミステリー。ただ、ハードボイルド系の割には文章が古典部の延長線上にあって若干子どもっぽい印象もあり? 少し気になっただけなので古典部苦手でも大丈夫ですが。ちなみに後半は結構鬱で、『ボトルネック』「玉野五十鈴」が好きな方に合いそう。

『インシテミル』 おすすめ度 A ミステリー度 A+
ミステリーマニアな米澤穂信が描く直球ミステリー……というか古典ミステリーのオマージュというか。『そして誰もいなくなった』系のクローズドサークルものです。米澤作品のなかでは異色作かも。ありえない設定や説明の薄さはメタミステリーを意識した米澤穂信のお遊びでしょう。あえてつっこみません。おすすめ度はA。

5.Story Sellerシリーズ

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫) Story Seller (新潮文庫) Story Seller〈2〉 (新潮文庫)Story Seller〈3〉 (新潮文庫) 小説新潮 2011年 05月号 [雑誌]

『儚い羊たちの祝宴』 おすすめ度 A ミステリー度 C
雰囲気がStory Seller 1,3,2011の作品に似ていて、1の「玉野五十鈴の誉れ」が再録されているということで変則的にここに入れます。すべて昭和の雰囲気、ついでに言うと鬱オンリーです。鬱OKならどうぞ。

「玉野五十鈴の誉れ」(『Story Seller 1』) おすすめ度 A+ ミステリー度 C
お嬢様と使用人という関係のなかで揺れ動く、女性どうしの友情物語……でいいのだろうか。これは五十鈴の描き方が巧すぎる。文句なしA+ ちなみに『Story Seller 1』は名作揃いなので、「玉野五十鈴の誉れ」一作目当てに買うのも……なんて迷う必要ないですよ。おすすめアンソロジーです。


ごめんなさい2,3,2011の作品感想も書きたかったんですが力尽きました。ひとことで説明するなら2の「リカーシブル――リブート」は古典部シリーズとボトルネックの間くらいのジュブナイル作品。しかし、これはおすすめできません。未刊行の長編作品の冒頭だったらしくぜんぜん完結してません。

3の「満願」と2011の「万灯」は「玉野五十鈴」な雰囲気が好きなら読んでもOKだけどStory Seller 3,2011全体の出来を考えるとこれ一作目当てに買うのは微妙? という感じではある。最終的には 3,2011のなかではいちばんおもしろかった、とだけ。

しかし、最初は嫌いだった古典部シリーズが巻を重ねるにつれて、わたし、気になります! となるとは2作を読んだ段階では夢にも思わなかった。一方で『さよなら妖精』を読んでしまうと、古典部や小市民にもこういう変化球が来るかもと思うと読むのやめられなくなって。実際そう変化してきてるし。これどんな罠。東京創元社のK島氏め!

でも、妖精をのぞけば好きなのはやっぱりStory Sellerシリーズ群だなあ。最初にStory Sellerに出会ったのは運命だったらしい。新潮さんに感謝。ただ、Story Seller自体は巻を追うたびにいまいちになっていくのであれあれこれこれ。小説新潮Story Seller 2011作家群の道尾秀介と米澤穂信は良心だったのだ。

関連記事:
『さよなら妖精』
『小説新潮 5月号』(「Story Seller 2011」)感想
タグ: 本・SF

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード