Entries

ドラえもん ロボット・ボロよ、永遠に

2011/3/4 わさドラ ロボット・ボロよ、永遠に の感想です。

重要なことに気付いた。映画が原作通りじゃないとダメな藤子ファンはもう少し周りを見て、いつも原作から変えられるフィリップ・K・ディックファンの私の立場ってものを考えなさい!

「アジャストメント」はP・K・ディックの短編「調整班」が原作ですが、予想通り共通点はほぼゼロ。「NEXT」と「ゴールデン・マン」ぐらい(またはそれ以上に)違う。これなら、スタージョン「昨日は月曜日だった」が原作だと言っても通るな。大森望:Twitter

なんですとー!!! あ、「昨日は月曜日だった」好きだから全然問題無し。

ユービックが映画化されるかも、ってことでディック好きな私は燃え。今度、初訳短編が出るとかでやっぱり燃え。ブレードランナーが好きな方も、藤子SF短編が好きな方も、ディック原作をよろしく。ただそれが言いたかっただけです。

ロボット・ボロよ、永遠に(アニメオリジナル)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 安藤敏彦/作画監督 丸山宏一・田中薫・吉田誠


やっぱりストーリー重視かつ感動ものは1時間あったほうがいいな。

とりあえずスネ吉兄さんとラジコンマニアの悪役兄さんが超すごいと思うんですが気のせいでしょうか。ドラえもん世界だとそうでもないのでしょうか。特にスネ吉兄さん、普通にボロよりもすごいの作ってないですか?

安藤さんでこういうあからさまな悪役出してくるってめずらしいな。「シンデレラはどこいった?」の芸能プロデューサーみたいに怪しいけどいいひとでくると思ったのだが。それは宇宙開発のお兄さんに回したか。

が、しかし。あの悪役お兄さんスッパリカットしても良かったんじゃないか? 宇宙開発のお兄さんの見せ場は悪役から助けるシーン無くても他につくれただろうし。せっかく1時間あったのに、中盤に時間をかけすぎてボロとの別れが唐突になってしまったのが残念。

でも、ディティールがいろいろ描かれていて感情移入もいつもよりしやすかったのでおもしろかった。宇宙に行くのははやぶさ効果かな。私は序盤で、ボロの人工知能を積んで一生地球を見守っていくのだろうか!? と思ったけど、さすがにそこまでSFじゃなかった。

しかし、きょうの話がおもしろいかおもしろくないかなんてささいなこと。明日の新鉄人兵団できょうの話のことはほとんど忘れてしまうこと確定なのだから! 安藤さんごめんね。

たまには公開日に行くとしよう。例年は月曜の夜にほぼ貸切状態でのんびり見るんだけど。ま、必要なら2回見に行けばいいや。寺本さんだから問題ない。

新・のび太と鉄人兵団
ママに投げつけられているボーリングジュドがかわいそうです! ママ、やめてください! あれも生きてるんだよ! ママに襲われながらも頑張って生きてるんだよ! なんて感動もの。……ピッポ状態じゃないのに感情移入してしまう人間ってすごいと思った。もしかしてかわいそうに思ったの私だけか。

それ関係ないの、があってうれしい。ここ重要シーン。あいかわらず私はここで爆笑。ここも私だけなの!? いや、作品内の状況的には笑うシーンじゃないんだけど……でも、作者の意図としては、「それ関係ないの」「ポチッ」はギャグじゃないの? 

このシーンは大山版のほうが笑えたかな。野村さんのさりげない演技が強烈すぎて。まあどっちも良いです。ちなみにこのシーンは前に語ったのでくわしくはそっちで。:それ関係ないの

一番印象に残ったのは、リルルが涙を流す一瞬のシーン。どこで使われるのか楽しみ。リルルが傷ついたピッポを抱きしめる設定画を見るかぎり、私はリルルに「思いやりの心」が無いとは思わないけどね。

思ったよりネタバレが無くて良かったー。まあ、最強のネタバレは12月の予告編に入っている「あなたが消えてしまう」だと思うんだけど。リルルの自己犠牲は原作や旧映画を未読でも予想できるとしても、半透明になって「消えてしまう」はないでしょ! さいてー!

そういえば新魔界でも公開前にメデューサの石になる魔法をネタバレして! まったく。まさかこれミスリードとかじゃないよね。新開拓史みたいに変えてくるとかないよね!?

今年は予告編ロングバージョンは無し? ありました。YouTubeですがテレビ朝日公式のものと確認できたのでリンクします。
新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~ 予告動画:YouTube

次回3/11の放送は「のび太のハチャメチャ入学式」です。
視聴者からの入学式のエピソードを採用して、ジャイアンの名セリフに絡めるとはなんかすごいかも。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/121-cdc77882

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード