Entries

フィリップ・K・ディック『アジャストメント』

アジャストメント―ディック短篇傑作選 (ハヤカワ文庫 SF テ 1-20)ディック原作の映画『アジャストメント』公開を記念してひさびさに新ディック短編集が出版されました。

去年の『未来医師』につづきめでたいことです。未来医師はあまりおもしろくなかったけど。:『未来医師』感想

大森望 Ohmori Nozomi『アジャストメント―ディック短篇傑作選』

収録作一覧はここにあるとおり。「アジャストメント」は新潮文庫『悪夢機械』収録の「調整班」の改題なので、初訳は「さよなら、ヴィンセント」のみ、文庫初収録はプラス「人間とアンドロイドと機械」(講演録)となります。

まず、初ディックの方には文句なしにおすすめする短編集です。ディックデビュー作「ウーブ身重く横たわる」のようなユーモアあふれる作品から、「父祖の信仰」のようなドラッグはいってちょっとおかしくなった作品までせいぞろい。

しかも全部おもしろい。個人的には大好きな「電気蟻」の収録がとてもうれしかった。これ一作で買いでいい。下手すると表題作の「アジャストメント」が一番インパクトないかも。それでもやっぱりおもしろい。

これ一冊でディックはだいたいつかめるのではないかと思います。

そして、ディックはほとんど読んでるぜ! ということで「さよなら、ヴィンセント」「人間とアンドロイドと機械」を目当てに買うべきかどうか迷っている方もいると思います。私もそうでした。

断言します。買いです。

なぜなら、エッセイの「人間とアンドロイドと機械」がある意味一番おもしろかったから。これをいれた大森さんは本当にえらい。

ディックの人生を知らなくても、作品を読んでればこのひとなんかどこかおかしいってわかると思うんですよ。「人間とアンドロイドと機械」を読めばそれが再確認できます。このひと頭のねじがはずれてなんかへんなほうにぶっとんでるよホント。神がかってる。それがすばらしいね。

内容はさっぱり理解できなかったけどおもしろかったです。ディック最高。

ちなみに「さよなら、ヴィンセント」は8ページのショートショート。不思議な読後感をのこすファンタジー? 結構好きですがよくわからないところがあります。

実質、『アジャストメント』は「人間とアンドロイドと機械」が読みたいかどうか一択でいいかと。

『アジャストメント』を読んでもっとディック短編を読んでみたい! という方には。
P.K.ディック SF作品レビュー:Silverboy Club
いろいろな短編集がでていますが、こちらに載っている作品を買えば「全部読んだことのある短編だった!」ということはないです。

ちなみに現在も重版されているのは、『ゴールデン・マン』『まだ人間じゃない』『マイノリティ・レポート』『シビュラの目』、それとすべて再録になりますが『ペイチェック』です。

この中だと、『ゴールデン・マン』『まだ人間じゃない』をおすすめ。『シビュラの目』はディック短編集ではいまいちか。

ユービック (ハヤカワ文庫 SF 314)長編に興味があれば『ユービック』を。ディック長編は神がかったわけわかんない作品もあっておすすめしづらいんですが、ユービックは長編のなかではかなり読みやすいので初心者にぴったり。

すこし前まで在庫切れになっていて、絶版になったのかとびくびくしていたら、ディック仕様の新カバーで再登場です!(書影:ユービック:ハヤカワオンライン

今回はディック短編集をだしていただいてハヤカワさん本当にありがとうございました! 今後も短編集を出版される予定だそうなので、ぜひ、未訳の"Mr.Spaceship"と"Prize Ship"もお願いします。このさいバラでだされても文句はいわない。

(それと私が好きな『地図のない町』再販していただけないでしょうか、とひとりごと……)

最後に。私にディックを教えてくださった翻訳者の浅倉久志先生に心からの感謝を。
タグ: 本・SF
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/142-e329f14a

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード