Entries

ドラえもん ねがい星/モテモテール大作戦

2011/6/3 わさドラ ねがい星/モテモテール大作戦 の感想です。

人工知能学会の瀬名さんの講演「なぜミクロスはスネ夫並みの知能なのか」、伊藤計劃『ハーモニー』のETMLについても話したの? それは行きたかった。講演録だしてください!

講演のときに話題にでたらしい瀬名さんの著書『インフルエンザ21世紀』はいい本でした。瀬名さん自身もブログで東日本大震災につながるとおっしゃってます(小説を書きたいのに:瀬名NEWS)し、私もそう思うのでぜひ読んでおくべきです。

シリーズ対談:大震災のあとで 瀬名秀明×苅部直 - 毎日jp
瀬名さんと同じ県で被災した立場からすれば、瀬名さんの言説にうなずけるところは本当に多いんだよねー。……というか、

『ドラえもん』のスタッフが沿岸の被災地でチャリティー紙芝居をしたので同行しました。映画「ドラえもん」の監督さんが書き下ろし、……。

なんですって!? 紙芝居の話は耳にしたが、監督が書き下ろしたなんてはじめて聞いた。寺本さんや渡辺さんなら私ものすごく見たいんですけど! でもここでは楠葉さんのことを指すのかな?

瀬名さん新刊だすではないですか。「ハヤカワ」から「短編集」って両方とも初じゃない? 連作短編集は『第九の日』で前例あるけど。「2010年代のSFの目指すべき方向を示した表題作」という解説を見ると、表題作はNOVA3「希望」の再録っぽいな。

「希望」なんておすすめしてたらドラからSFに入ろうとする読者逃がしちゃうかなあ。私も10%~20%くらいしか理解してないけどね! とくに「希望が最後に残る」ってところがまったく理解できていない。でも全体に流れるダークな雰囲気がなんか好きだ。

あえて小説版ドラを気にいったひとにすすめる。どう思うのかが知りたいから。

ねがい星(原作:10巻)
脚本 大野木寛/絵コンテ 善聡一郎/演出 しのみやすゆき/作画監督 小野慎哉


白黒反転の演出ってドラでは結構めずらしいよね。たまにでると驚く。

短くすっきりまとめたギャグ話としては原作のほうが優れていると思うのだけど、いろいろな生き物をだして動かすアニメもまた見ていて楽しい。

スネ夫はほしいものを素直にいうべき。身長、と。そうしたら新潮文庫が降ってきて私ハッピー。『Fantasy Seller』が気になるきょうこのごろなんだ。

この話で一番気になったのが不法投棄のドラたち。「土に還る」と一応フォローははいっていたけどさ。窓からポイ捨ての法則が発動しないだけまだましというべきか。しかし、あんな機械が土に還るのであればとても便利だ。さすが未来。ゴミの心配は少ない。

ついでにカップラーメン10個一気食いというのび太のねがいに笑った。「ぼくのバカ! バカ!」となるのですね。カップめん大量に食べたくなって、それを頼もうという想いはとてもよくわかる。ただし子どものころ限定。いまとなってはそんなユメありません。

どちらかというと私は最終的なのび太と同じくやまもりおこさまランチがいいです。おこさまランチはおいしいよ。ちなみにMy Merry Mayをやってると食べたくなってくる料理のひとつ。

モテモテール大作戦(アニメオリジナル)
脚本 清水東/絵コンテ 井出安軌/演出 しのみやすゆき/作画監督 小野慎哉


これはしずかちゃん天使。オチの予想がつかなかった。

なるほど。相手のためを想って冷たくするというのはよくある話。それでも気づかなかったのは、最初の「自分でやらなきゃだめよ」が話の腰を折るのび太を本気で冷たくあしらったように見えたんだもん!

なにげにピッポ役の小林由美子さんが再登場。女の子Bがだれだかわからなかったけど。

「のび太さん、一番好きなの私でしょ」で不気味なBGMに切り替わってこわかった……。好きなひとは自分の魅力でひきよせましょう、どんなものでも使いすぎたり食べすぎたりすると副作用がありますよってことで。

次回6/10の放送は「新曲発表! ジャイアンにボエボエ?」です。
南海大冒険のベティみたいな女の子がでるらしい。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/143-d4c12cb8

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード