Entries

ドラえもん ウルトラリング/解決! 出木杉事件

2011/7/22 わさドラ ウルトラリング/解決! 出木杉事件 の感想です。

米澤穂信『クドリャフカの順番』にエスパー魔美のコスプレが登場。不意をつかれて爆笑した。なんでよりによって魔美なんですか。わたし、気になります!

ウルトラリング(原作:カラー作品集5巻)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 鈴木孝義/作画監督 嶋津郁雄


2週連続でカラー作品集原作のちょっと異色の作品。じつはカラー作品集がいま手元にないので原作確認できなくて困るな。

ママ大活躍のおはなし。ウルトラリングをはめると、パーマロゲンという新物質ができて筋肉の収縮力は6600倍になり、骨の堅さはダイアモンド以上になるのです。

そういえばパーマンはこの手の悩みが描かれていないか、描かれていてもギャグ調でスルーかだったかな。まあ、いちいちまじめに書くわけにもいかないしね。

わさドラの特徴。
1. ママが優しい。このときの笑顔が綺麗。
2. ママが怖い。このときの笑顔が綺麗。

今回は完全に合体型。ドラの鼻をはじくときの笑顔にガクガクブルブル。ドラが吹っ飛んでいっても冷静なあたり非日常的な現実に慣れてしまったのかもしれない。

後半の「あぶないよ強盗さん逃げてー!」に定番だけど笑った。結果として返り討ちにしたわけだけど、「うちの子に何するのよ!」と強盗に突っ込んだ気持ちは本物。きっとリングがなくてものびドラを守るために走って行ったにちがいないさ。

解決! 出木杉事件(原作:30巻 真夜中の電話魔)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 鈴木孝義/作画監督 嶋津郁雄


アニメオリジナルの出木杉くんはたまにキャラが崩れるときがあるけど、原作の話やオリジナルでもキャラが整った話はいいよなー。年相応の子どもっぽくて、のび太とともだちでいるのも自然な感じ。だから、この話で出木杉くんがのび太を信頼して任せるのも実に自然。

役者の萩野さんはあまり上手いとは思わないけど、逆に素直な少年らしさが感じられるので結果としてよかったのかもしれない。

しかし、今作は主役の出木杉くんよりもしずかちゃんのスカートに尽きるよね。電話からでてきてスカート強奪なんて、いたずら電話よりもタチが悪いです!

そういえば公式のスタッフリストを見るかぎり、脚本陣は完全に大野木・藤本・相内・清水さんの4人体制になったのか。一時期は岡部・小林・富永さんが混ざってカオス状態だった。完成品から脚本を見抜く力はないのでどうでもいいことではあるけど、皆さんいなくなるとちょっと淋しいな。

次回8/5の放送は「のび太 ユーレイになる」「水たまりのピラルク」です。
ピラルクはなにげに名作。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/157-d261d84f

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード