Entries

日本人の80%はレプリス仮説;レプリス≒アダルトチルドレン

自分が嫌われないために気を遣う人は、身内を潰す。:yuhka-unoの日記

はてなで話題になっていた記事。あいかわらずコメント欄が被害者に新たな傷をつけるセカンドレイプ。まあ、こんなのいつものことなのは存じております。

すでに指摘されていますが、これはアダルトチルドレン(AC)ですね。「思いやり」について考えるための格好の素材のひとつがAC問題だから、私も積極的に勉強してる。

以前、この方の記事、ポジティブ神話とキレイな被災者:yuhka-unoの日記を読んで、ずいぶん私と似たような意見(=善と偽善と無自覚と 続・今回の地震あれこれ @宮城県)の方だと思っていましたが、ACの知識がある方であれば納得。私もACベースでこの手の話をしていたから、当然のこと。

ACがどんなものなのかはyuhka-unoさんの記事と、トラックバックされている
『自分が嫌われないために気を遣う人は、身内を潰す。→その通り!』:自由人PENGの再チャレンジ日記
さんの記事をご覧になればある程度わかるかと思います。

つまり、ACとは主に親の虐待(肉体的・精神的)によって他人への依存が強くなり、大人になっても自己を確立できない人のことをいいます。

虐待というと殴るとか罵倒するとか思い浮かぶ方が多いでしょうが、ここでいう虐待とは子どもを自己の思い通りにコントロールして自己承認の道具にすることをいいます。

子どもに厳しいしつけをするのに「子ども自身のためにきちんとした大人になってもらいたいから」ではなく、「親として恥ずかしい思いをしたくないから」とか「立派な子でしょーって自分が自慢したいから」という理由が極端に先行するようなこと、これも虐待の一種になります。(そして、本人は当然のこと、子ども・周囲もそれに無自覚なことが多い)

そして、

アダルトチルドレンは自己が未成熟なので、自己評価や自己肯定が苦手で、他人の下す評価をそのまま自己評価として受け止めてしまいます。(中略)良い人を演じなくてはならないという強迫観念から、気を遣います。
『自分が嫌われないために気を遣う人は、身内を潰す。→その通り!』:自由人PENGの再チャレンジ日記

これ、私のブログの読者さんであれば、誰か似ている人がいると思いませんか?

レプリスですよ。さらにいえば、Mayもとみ。

レプリスに自己なんてものはありません。他人の望むように行動します。そして、もとみも恭介の好む人物像に合わせて自己を変えようとしていました。彼女たちはACに近い。

私がMy Merry Maybeの浩人が大嫌いなのは、いわゆる毒親っぽいから。beリースに自分の思い通りに動くように求めてる。リースのためじゃない。自分のために。

その結果として、
ひろとくんごのみの(ry
レゥのように(ry
となる。

あのセリフは、そういうこと。レプリスとしてどうなのかは知らないけれども、少なくとも「人間」として健康な生き方ではない。もっとも、浩人は彼女たちが「人間」として生きることを望んでいるわけなんだが。

もっとも、日本人の80~90%はACという話もあるから、そう考えると日本人のほとんどはレプリスなんじゃないの? とも思う。そうなると結局のところ人間って何よ? みたいな。マイメリ好きな方はこの機会にACに興味を持っていただければ幸い。

と、ふと思い出して「"春にして君を離れ" アダルトチルドレン」で検索しても300くらいしか出てこないのに驚いた。いまだに認知されているとはいいがたいAC親の異常性を60年前に描いたアガサ・クリスティーの天才さがみんなわかってない!

(ちなみに『春にして君を離れ』の発行は1944年、アダルトチルドレンの言葉が生み出されたのは1970年代後半)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)それでも少数だけど私と同様にスーザン・フォワード『毒になる親』を副読本として薦めている方が何人かいらっしゃって安心した。というか本来こっちが主読本。

クリスティーは現代まで続くミステリーのパターンをほとんど出したという意味で歴史的に凄すぎるひとではあるが、それがめずらしくなくなった今日ではむしろ人間観察・描写の上手さをアピールしたほうがいいんでないかと。クリスティーファンの見解はいかに。

関連記事:
アガサ・クリスティー『春にして君を離れ』
新・鉄人兵団はエンパシー要素が成功のカギ、ついでにFF13のススメ

上のエンパシー記事で参考にあげた、
sympathyとempathy, independentでdependableな関係!:☆RUBY'S My P.L.L☆ ~My Private Lov3 Lessons~
さんの記事本当にいいなあ。共依存(codependent)はACのキーワード。深い国際交流経験をもつ方だと、価値観のズレを味わう機会も多くなるので、この手の話に強い方結構いらっしゃいますよね。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/170-707ecb59

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード