Entries

ドラえもん まじんのいない魔法のランプ/のび太の忍者修行

2011/10/28 わさドラ まじんのいない魔法のランプ/のび太の忍者修行 の感想です。

値段ガー、装丁ガー、ジョブズの意志ガーなひとたちがカルトみたいで正直なところコワかったんですけど、それをいっちゃあ原作ガー、言葉狩りガー、全集の解説ガー、とかもたぶん同レベルだからおしまいだ。私の知らないところでカルト扱いされてるかも。ガクガクブルブル。

……冗談抜きで新興宗教に感じることがあるので、やっぱりこの世界からは全力で抜けたほうがよろしい、と前から思っているのですが、なかなかうまくいきません。

ジョブズ伝、特急のわりに安すぎて、また機械翻訳になってるんじゃないかって思った人が私以外にいて笑った。ですよねー。

まじんのいない魔法のランプ(原作:カラー作品集3巻 まじんのいないまほうのランプ)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 鈴木孝義/作画監督 嶋津郁雄


うう……手元にカラー作品集が無い……。全集も収録まだだし、そもそもあの厚さのものもちだすのめんどうだし。

!!! 電子書籍を待たなくても自炊すればいいじゃない! あの厚さの本を裁断するのはきびしいだろうから、どこかでしてもらってスキャナを買って自炊。スキャナは3万円くらいだから、あたらしく電子書籍を買うより安いじゃない! DRMもついてないし、わりと真剣に検討しようかな。

よく考えると私、海外小説でファンの作家がたくさんいるから日本の本が読めなくてもあまりこまらないや。もう日本の本はあきらめ、英語がんばってKindle買っちゃうぞ! となりそうなので、日本は自滅しないように電子書籍はやくね。

アラブ系の道具を日本で作っているor輸入している未来。現代では日本にアラブ系のデザインのものはあまりないよなー。きっと未来ではグローバル化が進んでデザインにも国境はないのです。

が、しかし。これかなりアレな道具のうえにどう考えても誤作動確実です。未来には安全装置というものがないんでしょうか。こんなのつくられて、「これがアラブ発の道具」なんてプロモーションとかされたら逆に中東のイメージが悪くなりそうです! 未来の企業は猛省すべき。

しずかちゃんに命令せずに「好きなことをしていいよ」というのび太に良心を感じた。もっとも、私はお風呂に入るんじゃないかと思ったけれども、バイオリンがあったか! しかも「逃げる」オチに大ウケ。本オチよりもうけた。

最後に、アラビアンナイト風SFのテッド・チャン「商人と錬金術師の門」 ドラえもん好きも結構ハマりそうな作品なんで紹介しておきます。未来の自分を見に来たのはいいものの、未来の自分は無駄にお金貯めてばっかり! いまの自分が使ったほうがずっと上手く使えるにちがいない!!!

あれー、これなんのデジャブ。

のび太の忍者修行(原作:28巻 ニンニン修業セット)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 鈴木孝義/作画監督 嶋津郁雄


さすがに忍者ハットリくんは出番なし。ついでにドラがマンガくれるのもカットされた。ゴロゴロしてるよりはマンガでもゲームでもいいから何かやったほうがよくない? というのは結構身にしみて感じていたりするのでちょっと残念といえば残念かも。

「とび続けているうちに、おどろくほど高くとべるようになる」
いや、それ、ないから。2mくらいなら練習すればできるかもしれないけど、あの木の高さはそれ、超えてるから。ふんどしつけて外を走れといい、ドラちゃんはいったい何をやっているのやら。

そしてガマガエルへの変身! うん、あんなの家にやってきたら腰抜かすわ。人間サイズだし。

知ってる? カエルって気持ちわるいんだよっ! マンガみたいにかわいくなんてないんだよ。なんで知ってるかというと以前住んでいたところにいくらでもいたからだ! 2回ほど手のひらサイズのカエルも見たことあります。とにかくカエルに化けるのはやめてくれ。

が、現代社会ではそもそも「何かに化ける」っていうのが受け入れられないことがつづきからわかる。透明人間にしても人間なのに、映画『インビジブル』なんかでも避けられていたし。こんな道具に需要があるのかってところからまず謎。犯罪にしか使えないような……。

私、昔は夢のあるこの道具ほしかったんだけど、いま話の感想を書くとこんなに夢のないことになるのはなんでだぜ!

次回11/4の放送は「そうなる貝セット」「最高! 最悪なおもてなし」です。
とり貝っこしよう、というセンスが好き。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/174-97129427

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード