Entries

ドラえもん わらってくらそう/のび太の息子が家出した

2012/3/23 わさドラ わらってくらそう/のび太の息子が家出した の感想です。

ネット離脱中に応援メッセージどうもありがとう。3/9のは見返さないと感想書けないな……。

なんか3月に入ってから映画のせいか鉄人兵団(寺本)のせいか知らないけどアクセスが増えているような気がしないでもない。

でも私は本来ドラのことを語りたいわけじゃなくて物語について語りたいのでそっちに期待してはいけません。そもそも藤子ファンダム嫌いだし。あ、言っちゃった。

でも、「ファンならこの作品(末期大山ドラとか渡辺ドラとか)受け入れられなくて当然だよねー」みたいな同調圧力みたいなのは私は問題だと思ってる。私以外にも問題に思っている方はいらっしゃるようだけど……。

レギュラードラはほっといてさっき劇ドラ見に行きました。なんだ結構いいじゃないですか。すくなくとも人魚大海戦よりずっといい。

周囲の評判は全然知らないし「またファンタジーかよ」みたいな感想が流れてるのは想像に難くないけど、私としてはドラえもん関係なく一個の物語として成り立ってるかが重要なのでね。テーマとそれにともなう構成もしっかりしてたからOK。つっこみどころは多いけど。

しかし期待していたケリー博士ぜんぜん活躍しなかった。ガーン。

それと、「ダッケの正体」はネタバレでもなんでもなかったようです。以前ひどいこと言ってごめんなさい。あやまります。

ところで、映画に関連して。前回新鉄人を見ていて気づいたことがあります。新魔界よりも新鉄人のほうがまとまっていて出来がいいと思いますが、新鉄人と同じくらい新魔界が好きな私はおそらく寺本信者です。本当にありがとうございました。

き、きっと恐竜2006よりも緑の巨人伝が好きな渡辺信者もどこかにいらっしゃるよっ! というか私は巨人伝のほうが好きかもしれない……。クリエイターの個性が突き抜けているともはや構成などどうでもよくなるのです。

わらってくらそう(原作:8巻)
脚本 清水東/絵コンテ 腰繁男/演出 鈴木孝義/作画監督 嶋津郁雄


お葬式のときに嫌いな相手に使わせるんですね、わかります。そこまでひどくないパターンに「うちのカナリヤが。うちの金魚が」

原作では呼び捨て(のはず。少なくとも本人がいないときはそう)のジャイ子を「ジャイ子ちゃん」と呼んでいて好感度上がったのに道具のせいでいろいろ台無し。もっとも、石ころぼうしの回でのび太はママに似たようなことをやっていたわけだけど。

ママも先生も、そもそものび太のようすがおかしいことに気づいてあげて……。笑われたジャイアンとスネ夫のほうが「のび太、さっきからどったの?」と心配してるのを見てちょっと感動してしまったじゃないか!

耳になにかつっこんで取れなくなったら耳鼻科に行きましょうね。パンチでイヤホンを取りだすトンデモに笑ったけど、それが転がって外で歩いているしずかちゃんの耳にはまるさらなる無茶ぶりにうけた。

しかしそれに違和感をおぼえないのが本来の藤子Fクオリティ。いちおう原作オリジナルの場面なのだが原作からして基本はあんなのだ。ものを投げるとだいたいダンプカーがやってきて道具をさらっていく。

のび太の息子が家出した(原作:36巻)
脚本 相内美生/絵コンテ・演出 鈴木孝義/作画監督 嶋津郁雄


子は良くも悪くも親に似るっていうのは心理学的にも結構正しい。普通、人間ひとりが知ってる家庭はひとつだけだから、新しい家庭をつくるときも影響されちゃうの。ノビスケのワンパクなところはのび太に似てないが、これは本来の気質なんだろうか。

「将来ろくな大人になれない」っていうのは親や先生の脅し文句なのであまり気にする必要はないけどねー。あまり子どもを脅すのはよろしくないと思います! だいたい将来のび太は結婚して子どもひとりもうけてるんだから立派じゃないですか。いまの時代としては。

しかし。
「この美少女がやがては口うるさい鬼ババに……」
「えー、やだなー、ほんとにー?」
というあいづちはうっちゃダメだろう。将来の結婚相手に、しかも心底イヤそうな顔で! これはのび太がわるい。この前しずかちゃんさようならで命を助けてもらったっていうのに。

「もとはといえばみ~んなきみからの遺伝なんだからね」
え、その前は!?

そうだ、僕は僕だけで出来てるわけじゃない~。

……。

そういう歌だったっけそれ。

次回3/30の放送は「おいしい温泉に入ろう!」「宝さがしごっこセット」です。
チョコレートぶろ。だが断る。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/201-2a58b6a7

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード