Entries

ドラえもん あなたにつくしん坊/おそだアメ

2012/3/9 わさドラ あなたにつくしん坊/おそだアメ の感想です。

あなたにつくしん坊(アニメオリジナル)
脚本 相内美生/絵コンテ 善聡一郎/演出 三宅綱太郎/作画監督 志村隆行


私のことをよく知っている方なら、ここでスーザン・フォワード『毒になる親』、アガサ・クリスティー『春にして君に離れ』をすすめてくると想像ついてるかもしれない……。そのとおり!:『春にして君を離れ』感想

まあこんなに極端でなくとも誰でも「他人に尽くしたいという思いやりのこころ」を持っているはず。しかし私の新・鉄人兵団感想を読んだみなさんにうかがいたいと思います。他人に尽くしたいと思うのはその人のためでしょうか。それとも自分のためでしょうか。まあ最終的には「自分がしたいから」という意味で「自分のため」という結論になりうるというのは置いておいて。

本当に相手のことを考えているのか、それとも善意に押し売りなのかの区別をつけるのはわりと簡単です。「ありがた迷惑です」といってそれを素直に受け入れれば前者、「あなたのためを思って言ってるのに!」と逆ギレしたら後者です。後者はだいたい自分のエゴを他者に押しつけているだけ。

つまり、このつくしん坊は別に「相手に尽くすように洗脳する」道具ではなくて、自分のエゴを増幅する道具だったんだよ!

きょうの感想はずいぶんまじめだって? だって私の身近にいたんだものこういう人たち。まじ迷惑。私が実家捨てて逃げた理由の95%はこの手のアレ。あ、そういうことなの。だからアガサ・クリスティーの作品にシンパシーを感じてしまうのである。

最後に不まじめな話をすると、わたしはつくしん坊~と目を輝かせて踊るドラにはやっぱり女装をさせるとお似合いだと私は確信している。つきまとわれるならやっぱり男だよね。え。違う?

女装ドラや「ぼくのび子ちゃん」で繰り広げられたジャイアンを考えるとドラBLって結構似合うと思うのだがあまり聴いたことのない件について。そもそもドラの同人自体が少ないような? 権利に厳しいとかそのへん関係ないような気がする。

あ、いや。私自身は同人とか興味ないんだからねっ! 勘違いしないでよねっ!

おそだアメ(原作:10巻)
脚本 藤本信行/絵コンテ・演出 三宅綱太郎/作画監督 遠藤良恵


2010年のジャイアン誕生日SPにビミョーにおそだアメが使われて「貴重な原作枠をどうしてくれるー!!!」となってしまったのは私だけなのでしょうか。そんな失望は2年近くなって裏切ってくれました。よくやった。これならアイスショーで使われた「まねコン」なんかもOKだね。

空き地なんて誰でもそばを通る場所で会議はやめておきましょう。すぐバレるから。このへんの脇があまいあたりまだまだ小学生である。

一方でジャイアンは自分の歌が嫌われてる自覚ってないのかね。あれか。ジャイアンはありがた迷惑をさらに発展させた「そんな心にもないこと言っちゃって、本当は俺の歌が聴きたいんだろ」とかやっちゃうタイプなのか。でも歌についてはよくわからんが、誕生日の話によると「自分は人気ない」って自覚がないわけじゃないようなんだよね。

時間差リサイタルオチもいいけど、ぶっちゃけおそだアメのいちばんおもしろくてFっぽいところはママを時間差攻撃するところ。今回、そもそもママの歌はあまり上手に聴こえないのだが、あれはお世辞でいいの? 時間差攻撃のほうが本音でいいの?

次回3/16の放送は『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団』です。
見なさい。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/202-cd43ac6f

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード