Entries

ドラえもん ドラえもんの100年タイムカプセル

2012/4/27 わさドラ ドラえもんの100年タイムカプセル の感想です。

ドラえもんの100年タイムカプセル(アニメオリジナル)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 腰繁男/作画監督 をがわいちろを・丸山宏一


ドラえもん版「アチタが見える」 あっ、ちがう! 私あの話苦手なんですよね。ラストが不気味で怖くて。

でもドラえもんって量産型なんだし、あの写真を見ても別のネコ型ロボットと知らない男の子が写ってるくらいにしか思わな……ああ夢無いねごめんね。

これは本当にドラ誕生日スペシャルでやるべき話だったのでは……? 30分で締めなければならなかっただけにまとまりもあまりよくないし。

そもそも脚本が水野さんじゃないからダメなのか! というのは冗談だけど、大野木さんの割にあんまSFしてなかったのも残念だなー。いや、大野木さんだとつい、期待しちゃうので……。

だがしかし、じつはこの話が9/3誕生日スペシャルの前編・伏線だったとしても私は驚かない。まあそっちに期待することにしましょう。

最初にタイムカプセルの話が出たとき、中身を考えずにまず「入れ物もらってくる!」というのび太はすっごく頭がいいのでは。20年も経ったらボロボロになっていてもおかしくないはずだよね。ちなみに私は「ハマグリパック」をもらってくればいいとおもいました。

そしてあいかわらず置いてあるものを勝手に持っていってトラブルを起こすのびちゃんなのですが。

「ひとのものをかってにいじっちゃわるいや」
 ↓
「こら、かってにいじるな! いつもそうだいいかげんにしてくれ! いじるなよ!」
 ↓
「いじってやる!」

ということがあったことによりのび太はひとのものをかってにいじる常習犯となりました。まあ何度も言っているのだが、大事なものを置きっぱなしにしたり不法投棄をしたりするドラえもんも子どもである。子守りロボットとは思えません。

なんだかんだで事件は最後に解決。生まれたばかりのドラえもんに萌えた人は私だけではないはずだ。水田さんかわいいぞ! 挿入されるボーカル「夢をきかせて」も名曲。私は「キミのなかののび太」や「キミが笑う世界」みたいな素朴な唄に弱いのよ。

次回5/4の放送は「人よけゴールデンウィーク」「アパートの木」です。
鏡の中の世界にいけば(ry
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/205-ca495339

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード