Entries

ドラえもん 日食を見よう/まんが家ジャイ子先生

2012/5/18 わさドラ 日食を見よう/まんが家ジャイ子先生 の感想です。

じつは同系統のディックよりも好きだったりする作家、クリストファー・プリーストの『双生児』を読んでるんだけどこれ面白い。

歴史とパラレルワールド、現実と虚構、T・PぼんとSF短編が混ざってる感じでFっぽくもあるしこれ劇場版ドラの原案希望。いつものオリジナル劇場版ドラはぶっちゃけもうワンパターンでストーリー的にはつまらないんだyo! 来年のがどうなるかわからないけど、たまには意外なのをやってください! 監督は「のび太の夢物語」の高橋渉で。

『双生児』、尻切れトンボといううわさも聴くけど気にしない。たとえ途中でトンデモ展開になっても気にしない。それはいつものプリースト。

映画『プレステージ』レビューで、「これは手品じゃなくてファンタジー」という不満を述べている方がいるけど、それは原作『奇術師』からなのでプリーストに文句いってください。まあ原作で私もそれにはつっこんだけどね!!!

日食を見よう(アニメオリジナル)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 八鍬新之介/作画監督 三輪修


12RIVENの日が来た。ちなみにI/Oは月食。まったくもー旧KID組はこの手のネタが好きねえ。どちらも内容にはあえて触れないのがマナーです。ギミックに対してストーリーが薄いなんてそんなこと(ry

「日食? それっておいしいの?」

ドラえもんで日食を知ったおぼえがある私はのび太のこと笑えないかも……。出木杉としずかちゃんはともかく、それ以外のみんなも金環日食に夢中だなんて知的なのね。

そして「月と太陽の距離はまるでちがうのにどうしてぴったりかさなるの?」という問いがオチにつながるなんて思ってもいなかった。いや、2回目の日食が起こった時点で察したけどね、さすがに。しかしなかなかのトンデモ。

トンデモといえば今回は演出もなんか変だった。一瞬の平安時代への変化とかクモノイトンで上に登っているところの白黒反転とかドラが一回転して背景に太陽と月のお別れとか音楽とか音楽とか音楽とか。

ついでにいうとミニチュア大百科はもちろんバタバタヒラヒラを出したりクモノイトンを出したり道具の面でも細かい。そんなに出来がいい話でもないと思うけど、異色回という意味で楽しめたかな。

まんが家ジャイ子先生(原作:29巻)
脚本 清水東/絵コンテ 誌村宏明/演出 八鍬新之介/作画監督 をがわいちろを


あーたしかにジャイ子の声がちがうわ。声優さん変わってから一言くらいしか出番無かったから判断つかなかったけど、これだけしゃべる回だとさすがにわかる。

つきまくったうそがふくらんでにっちもさっちもいかなくなった話。誰かが「異議あり! ムジュンしています!」とつっこんであげるべきところを本人が気づいてよかった。

しかし、作者が目の前にいることを知らなくとも、「これ読んでみて」って言われて「ひっでえまんが!」とは普通言わないよなあ。ここはスネ夫GJというべきなのか。あ、のび太だけでなくスネ夫も「ジャイ子ちゃん」って呼びかけていて安心しました。

ジャイ子がF先生の投影っていうのは本当なのかね。「あたしの描きたかったまんがはこんなものじゃないんだわ!」

ジャイ子が原作初期とキャラがぜんぜんちがうなんてつっこんではいけません。じつは原作初期のジャイ子と原作中期からのジャイ子は同姓同名の別人です。そう思わなければなりません。

F先生が新作のアイディア考え付かずに場当たり的にのび太の不幸を演出するためのスケープゴートとしてジャイ子を出したけど、その後使い方がわからなくなってキャラをずらしたなんてそんなこと(ry

まあせっかくこんなに良いキャラになったことだし、アニメオリジナルでもう一本くらいジャイ子主人公の話つくらないかなーなんてちょっと期待してみる。

おまけ:ファンレターに「次の同人誌の新刊は、『ショコトレ』の合同本を作ることになりました」とあったのに笑った。

次回5/25の放送は「あの道この道楽な道」「ポケットの中のしずかちゃん」です。
しずかちゃん誕生日回はハズレがないんだぜ、と思ったら今回15分枠だった(T_T)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/207-65d30380

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード