Entries

貫井徳郎『慟哭』『夜想』

慟哭 (創元推理文庫)加納朋子の『無菌病棟より愛をこめて』が思いのほか評判いいので、なぜかその前に旦那の貫井さんの作品を読む。

そこですごくいまさらだと自分でも思うのだけど、彼のデビュー作『慟哭』にひとこと申しあげたくなった。

「この作品はミステリ読みほどだまされる!!!」


だってだって。(以下ネタバレ反転)

じつに普通に佐伯と「彼」が同一人物だと思いながら読みすすめる。
 ↓
彼が松本と名乗って衝撃を受ける。
 ↓
え。え? この二人もしかして別人だったの!?
 ↓
でもいやこれ絶対に同一人物だよなあ。
 ↓
そうか同一人物にみせかけて別人という叙述にちがいない!


とあさっての方向に行き、見事にだまされてしまいましたよ!


おまわりさん、あの人が、ミステリを読んでいるのに「なんだそのままか。つまんないな」って(ry

夜想 (文春文庫)トリック以外でこの作品でよく語られる新興宗教にハマる心理を知りたいのであれば同作者の『夜想』を読んだほうが素朴かつリアルで優れていると思う。

そして、『慟哭』のもうひとつのポイントである警察内部の権力争いなんかはほかにもっといいものを描く作家がたくさんいるような気がするし、いまさら『慟哭』をすすめる理由はあまりないかな。

にしても、本の広告に「衝撃のラスト!」「どんでん返し!」とか煽りつけるのほんとやめてほしい。これだけで私はオチの想像がついてしまって、なんだそのままか、つまんないなって(ry

一方で、予測できるからこそ途中つまんなくても「いや、これあれだからもしかしたら最後まで読んだら評価がひっくりかえるかも!」とオチまで読む心理があるからこまる。そしてつまんないオチだと怒り3倍増だけどね。メフィスト賞受賞の某アレのことですよ!

『慟哭』はトリック以外はなんだかんだで楽しめたので私は満足です。でもやっぱり私は『夜想』のほうをすすめる。いまの読者ってミステリ専門じゃなくても勘のいい方多いし、「『慟哭』のトリックわかりやすすぎつまんない!」で貫井作品投げちゃったらそれは損だと思うから。
タグ: 本・SF
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/217-5adb9d48

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード