Entries

曽根圭介『熱帯夜』

熱帯夜 (角川ホラー文庫)ようやく、曽根圭介の単行本が全作Kindle化したよ。ひゃっほいです。NOVA2で短編読んだときから、彼の作品をたくさん読みたいと思っていました。そして私のSF勘(感?)は正しかった。彼のSFセンス、ヤヴァいです。

このひと、講談社から出す警察小説はあまりおもしろくないのです。(ただし版元が講談社でも、警察がからまない『藁にもすがる獣たち』は彼の黒さがいい感じに出てて好き。話の組み立ても『熱帯夜』収録作と同様に秀逸)

しかし、そんな乱歩賞的な作品を敬遠したあなた、とてつもない損をしています。本日のおすすめはこれ、角川ホラー系列の『熱帯夜』 推理作家協会賞受賞のそれなりに正統ミステリな表題作、世代間闘争が激化した未来日本らしきものを描くSF「あげくの果て」、ゾンビが人間を食うホラーSF「最後の言い訳」の3作の収録です。

話の構成が3作すべて職人芸で巧い。それでも、作品の魅力は他にあるような気がしてならない。どの作品もダークすぎて笑えない状況設定が多い(とくに、社会の役立たずな老人は死ねテロが起こる「あげくの果て」)にもかかわらず、読んでてなんかすごくウケるんですけどなんでですか。

「熱帯夜」はトリックなんてもはや途中でどうでもよくなってブッチャーさんと主人公のアレしか記憶に残ってないし、「あげくの果て」は難局二号とかいう微妙な名前のスーパースーツらしきもの着たおばあちゃんにあたま抱えたし、「最後の言い訳」はオチで「うひゃひゃひゃひゃひゃwww」とわたしこわれちゃったよ! 「最後の言い訳」はもう黒すぎ、すばらしすぎ、もっとやれ。

読んでいてなんとなく、曽根さんは藤子Fが好きなのかと感じた。藤子FのSF短編「定年退食」「流血鬼」(その他ネタバレにつき自重)のデジャブ。実際に読んだことあるのかはわからないけど、まちがいなく似たセンス持ってる。藤子好きにもおすすめの一冊。
タグ: 本・SF
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/229-ea1b1fa3

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード