Entries

若竹七海「幸せの家」(『宝石 ザ ミステリー3』)

宝石 ザ ミステリー3若竹七海ホイホイの流れで今年も買ってしまったなんてそんなこと。(前作の記事:若竹七海「暗い越流」(『宝石 ザ ミステリー2』

ミステリーアンソロジー『宝石』シリーズの第三弾。今回は東野圭吾・湊かなえ・今野敏・誉田哲也・東川篤哉・笹本稜平・若竹七海・小杉健治・長岡弘樹・石持浅海・深水黎一郎・深町秋生・大山誠一郎・川崎草志・長沢一樹の15人。ただし例年どおり東野圭吾は電子版未収録なので気をつけるように。

今回のベストは湊かなえ、石持浅海、若竹七海。湊かなえはあいかわらずのドロドロなんですが、文章自体は前回ほどジメジメしてなかったので、収録作のなかではトップです。

石持浅海はたぶんいつもどおりであるのだろうオカルト小説。私にとってはNOVA、SF宝石と短編でのつきあいが続いてます。彼とは相性が良いことが発覚しつつあり、長編読みたいフラグがかかりました。

そして安定のおもしろさを誇る若竹作品。いわゆる本格ミステリ、そのなかでもとくにメタミステリが嫌いな私としては、そうでないだけで評価高めざるをえない。今回の収録作品で多かったんだもの。

若竹七海の「幸せの家」は収録作のなかでは楽しめるほうですが、若竹作品としては良くも悪くも普通なので、あの冴え渡る淡々とした嫌味文を読みたい方は推協賞の「暗い越流」をお読みになるのがよろしいと存じます。

彼女の作品は文章に魅力がありすぎて、本人が気合い入れて考えていると思われるトリック部分などもはやどうでもよくなるオチが待っていること多数。「手紙嫌い」なんてその最たるもの。作者ノリノリで書いているとしか思えない途中部分がユーモアにあふれすぎて、オチはもはやおまけと化していた。

プレゼント (中公文庫)だからこそ逆パターンで「たぶん、暑かったから」のようにオチをぶんなげられても私は許す!

葉村晶シリーズ第一弾『プレゼント』のスピンオフ作品がでるようです。どさくさにまぎれて『プレゼント』の電子化してくれたら私すごく喜ぶ。一年待ったんですけど、どうしてそれでも『依頼人が死んだ』と『悪いうさぎ』しか電子化してくれないんですかやだー。
タグ: 本・SF
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/231-5249c381

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード