Entries

月村了衛『機龍警察 自爆条項』(祝『NOIR』BD-BOX発売記念)

TVアニメーション『NOIR (ノワール)』 BD-BOX(仮) [Blu-ray]ノワールBD-BOX発売おめでとー! じつは私、真下耕一監督の大ファンで、アニメ監督ではドラえもんの寺本幸代監督とならぶ二大監督だったりして。

BDはちゃんと予約買いしました。後悔はしてない。だって買わなかったらのちのち後悔することが確定してるから。藤子アニメ『チンプイ』のDVD-BOXが12万とか聞くと買っててよかったって思うよ。ということで、次にまとまったお金が入ったらファントムのBD-BOXを買ってもいいですか? いいですよね。

とりあえず、第6話の「迷い猫」がBDで観られて最高だ-! 「やるわ」から最後までの流れが好きすぎる。

なにがすばらしいかって、canta per meをバックミュージックに各人物の表情のアップが淡々と流れるだけ、超手抜きといわれてもしかたない演出なのに、それだけでおのおのの感情が伝わってくるという、しかも傍観者のミレイユとアルテナと猫までも含めてきちんと映している完璧さ、そしてラストのラストは一転して引いたカメラから雪景色を映すだけという、最高だ-!

これがいいたかっただけです。BD仕様レビューは他のどなたかがしてくれると思うので、私は原作者の月村先生の著作を紹介することにする。

機龍警察 自爆条項 (上) (ハヤカワ文庫JA)警視庁でパワードスーツの整備をさせれば右に出る者のない技術班の鈴石主任。その機体の実際の運用に関しては随一の元IRFテロリスト、ライザ・ラードナー警部。

そんなラードナー警部に罰を下しにテロリストたちが来日した。テロ被害者として彼女を憎んでいる鈴石主任は本来それを歓迎すべきなのだけど、やっぱり今回彼女の命を狙うテロリストたちもまた憎いし、自身の罰を望んでいる彼女の思い通りになって彼女が死ぬのもそれはそれで面白くないしで、主任は結局警部の機体を完璧に整備するはめに陥る。

自分で書いていてわけがわからなくなった。

機龍警察(ハヤカワ文庫JA)そんな『自爆条項』は機龍警察シリーズの第2作目。

正直言って、第1作目の『機龍警察』はミステリーとして普通に楽しめる程度で、それほどおもしろくありません。絵にしたら映えるのになあ、というシーンも多く、やっぱりこのひとアニメの脚本やってたほうがよかったんじゃないかと思ったくらいです。NOIRの原作者という理由のみで買っただけになおさら。

そんなデビュー作から、本作の日本SF大賞受賞、3作目の『暗黒市場』で吉川新人賞を受賞とここまで人気シリーズに発展するなんて誰が想像できただろうか。でも、この評価は間違ったものではありません(「SF」大賞としてはどうかと思うが)。私も1作目の気分を引きずって気が進まないまま自爆条項を読みましたが、考えを改めました。

1作目で正直いちばん謎キャラだったライザの過去が描かれる2作目の自爆条項、その舞台は現在日本と過去アイルランドパートにわかれます。とくに彼女がどうしてテロリストになったのか、どうしてテロリストをやめたのか、そして最後まで救いが無い鬱屈したアイルランドパートがすばらしい。

そして現在日本にいるのは、ライザが所属していたテロ組織IRFのテロによって家族をすべて失った鈴石緑技術主任。2人の間に割り切れない想いが流れるなか、作戦は決行される……なんというNOIRですか!

「ラードナー警部には……赤が似合うと思います」 (Kindle位置No.1743)
TPOを考えるとラードナー警部の服装はよろしくないのでは、という文脈でこの答えは微妙におかしい。しかし、そのすれちがいの上で2人の心情が見事に交錯する。このシーンは至高です。
タグ: 本・SF
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/233-87e2b462

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード