Entries

ドラえもん 会いたいヒト回転寿司/コピー頭脳でラクしよう

2014/2/28 わさドラ 会いたいヒト回転寿司/コピー頭脳でラクしよう の感想です。

今回の日本SF大賞は、全員受賞でよかったとおもいます。

そんなわけで、また長谷敏司がSF大賞逃した(/_;)  ほんとうは09年『あなたのための物語』で受賞するはずだった。でもあのときは伊藤計劃がいたから、というより伊藤計劃が死んだから。なんであと何年か生きていてくれなかったの。

まいめりー好きに、人工知能SF好きに、『あなたのための物語』『BEATLESS』「allo,toi,toi」おすすめ超オススメ。<私>は、あなたの、お役に、立てましたか。

会いたいヒト回転寿司(アニメオリジナル)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 寺本幸代/作画監督 嶋津郁雄


典型的なアニメオリジナル回、かと思ったらまた寺本さんかよ! ストーリーが地味で気づかなかった。

一回のおまけに誘われてこんなへんな道具買っちゃった寺本さん、もといドラえもん萌える。ひみつ道具博物館の鈴を修理するエピソードといい、意外と彼女は庶民的な話を創りますよね。今日の話だと、おうちに課長たちを呼んで「ぜったいかぜ悪化したよ……」とつっこませるところもまた。

本日の寺本回のみどころは、後半ののびドラの仲たがいからスタートです。おたがいに頬を引っぱりあってけんかするのびドラがほほえましい。新魔界のやわらかドラちゃん大好きだったので、またそのうちやってくれないかと期待してる。(そういえば今回伊藤翼のテーマが魔法少女マミで笑った)。

そしてまわるまわるドラえもんの超脱力オチ。スローペースなBGMをバックに、「ドラちゃん、それなにか楽しいの」「いえ、ぜんぜん楽しくないです」と無感動なコメントをつけてちゃんちゃん。うまいなあ。

コピー頭脳でラクしよう(原作:43巻)
脚本 相内美生/絵コンテ 腰繁男/演出 敷島博英/作画監督 菊地功一


なんだか作画がへんだな……と思ったら「オバケと暮らした夏休み」(2013/8/23)以来2回目の菊地功一さんが作画監督。そういえばオバケ回のスネママパートあたりの作画と似ているような気がする。おなじみのキャラに関しては慣れていないからか違和感あるけど、今回オリジナルのネコかわいいよネコ。

原作の話はいぬがホラーと化していた印象があるのだが、アニメで観るとあまり怖くないのはなぜかという理由はすぐに氷解。声がのび太だから。「のび太はぼくだ!」と吠えられても全然怖くねー! そのおかげで原作と変わらないオチなのに、ギャグオチという印象しかなかったのであった。

危険な道具なら使う前にいってよ、というのはごもっとも。まったくこの中古子守りロボットは。

次回3/7の放送は『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』です。
(^_^)/
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/235-28b4fcaf

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード