Entries

止まない雨はない シンフォニック=レイン

……さぁ、妖精の歌を奏でましょう。

(シンフォニック=レイン公式サイト Storyより http://www.kogado.com/html/kuroneko/sr/


シンガーソングライター、岡崎律子さんがお亡くなりになって今日で6年になります。
そのような大切な日に、遺作『シンフォニック=レイン』を取り上げないわけにはいきません。
シナリオ・美術・音楽が一体となったこの芸術ゲームを紹介します。


絵からほのぼのギャルゲーを想像する方が多いかもしれませんが、
そんなこと考えてやると大変なことになります。
この絵であんなシナリオやるのですから、逆にギャップが恐ろしいです。
さすが鬱シナリオ集団Q'tron.


テーマは人間の弱さ、醜さでしょうか。
それに向き合いながら精一杯生きていくキャラクター達。
もういろんな意味で感動します。


このゲームのすばらしいところ、まずはテキストです。
ゲームを進めていくと、ある設定が明らかになってきます。
ただ、その設定はあくまで背景にすぎず、テキストで出していくシナリオの深み。
某シナリオではテキストを読んでいて、私がやるせない気持ちになりました。

もしどこかでネタバレを見てしまった方もぜひやってみてください。
ネタバレ見たら終わりの一発ネタではありませんので。

メインライターはMy Merry May を担当した西川真音さんです。(原案はディレクターの貝阿弥範明さん)
西川さんはMMMで原案作成の長井さんよりも恐ろしくテーマ・設定に沿ったシナリオを書いていましたが、今回もやってくれました。
(参考 May担当: レゥ・リース・たえ・みさお Maybe担当: リース・鏡・穂乃香)


次はキャラクター、そして演じる声優陣です。
とても「生きた」キャラクターばかりです。声優の皆さんもGJでした。
特にファルの某イベントを演じた浅野真澄さん・リセルートラストの折笠富美子さんには拍手です。


最後は、作品と一体になった音楽です。
この作品では全曲の作詞・作曲+OP・EDの歌唱を岡崎律子さんが担当しています。

ボーカル曲は10曲ありますが、すべて本編と密接にリンクした曲です。
ここまで見事に音楽を内容に合わせたゲーム・アニメ・映画等は他に知りません。

そしてこれらを歌うこれまた声優の皆さん、特にフォーニ役(自称音の妖精)の笠原弘子さんはすばらしいです。
KIDの某ゲームのEDでもすごいと思っていましたが、これほどとは。
もう本当に笠原さんは音の妖精で構いません。
もちろん笠原さん以外の方々もとてもお上手でした。


ひとつ岡崎さんのファンの方々にお願いがあります。
サントラを買うだけでなく、シンフォニック=レイン、やってください。
「ゲームありきの曲ではない」というレビューを見たことがありますが、まったくの逆です。
これは間違いなく、シンフォニック=レイン、というゲームのための曲です。
やらなければ、歌詞の意味が理解できません。
ゲームをクリアすると歌詞の解釈自体が180度変わるものすらあります。

ですから、ぜひ、やってください。

そして、もちろんQ'tron西川ファンはやりましょう。


最後に、これから買おうと決めている方へ。
シンフォニック=レインはいま手に入るもので「愛蔵版」「普及版」の2種類があります。
2004年発売のオリジナル版と比べて

「愛蔵版」はサイドストーリー4話、BGMアレンジサウンドトラック、小説『妖精の本』←サイドストーリーの一つを絵本にしたもの
「普及版」はサイドストーリー7話(サントラ・小説はなし)

という追加要素があり、マニアは両方買わなければならない素敵な仕様になっております。
普及版のみにあるサイドストーリー「こんな空の下で」が話題にのぼることが多いので、とりあえず普及版を買うのをおすすめします。

ちなみに、おすすめ攻略順はリセ→ファル→トルタです。(特にトルタは最後にすること)


関連記事
シンフォニック=レイン ネタバレ感想 (ネタバレ感想)

タグ: Qtron
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/31-159e85d3

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード