Entries

まだ人間じゃない Monochrome -モノクローム- ネタバレ感想


神よ……あなたは本当に人間を愛しているのですか?
(by 中條崇)


以下はゲーム Monochrome -モノクローム- のネタバレを含みます。
ネタバレなし感想・攻略情報はこちら http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/blog-entry-23.html


他のてんたまシリーズは未プレイです。


このゲーム、とにかく演出がすばらしいですね! 紙芝居でこんなに心に残る演出ができるというのが凄い。シナリオは説明不足なところもありますが、美術・BGMの力も一体となった雰囲気の勝利です。

印象に残ったシーンは
・遊羽登場シーン
夜にカラスに囲まれて黒衣の衣装で登場。神々しい。
というイメージは直後の遊羽の言動で崩れ落ちた。

・紗耶香シナリオ終盤の遊羽消滅
・大輝の天使解説→雛水の調査とシンクロ
・Chapter3で悠斗に切り替え
・怜里の死→梨沙の死とシンクロ


Goodな点
・背景美術
担当はさとう時子さんです。さとうさんはI/Oもよかった。好きな方です。

・BGM
全曲好き。いくつか挙げると
久遠の光 -Permanence-
還るもの・継ぐもの -To determination-
雛水 -Apostle-
千歳 -Cupid-(イントロ凄い)
紗耶香 -Rosary-
梨沙 -Reincarnation-
慈愛 -The third messiah-

やっぱ絞るの無理です。ほかにもいろいろ。ちなみに、阿保さんにとって内蔵音源からストリーム再生になった初作品とのこと。(阿保さんのサイト及び設定資料集より)

・効果音
効果音に感動したのってこれが初めてかもしれない。メニューで選択するときの「シャン」という音が素敵。

・演出
息が白くなっているような細かい演出も。あと、ちゃんと血まみれ立ち絵があってよかった。(Remember11……)

・テキストと声の不一致
14時と書いて2時と読むとか、義姉さん→姉さんとか。

千歳のパジャマ!!!
これ気に入った方は、Q'tronゲームErdeのエナシナリオをどうぞ。梨沙のパーカーも好き。


Badな点

・梨沙シナリオ
かなり恋愛もの。伏線回収すべき最終ルートでこれはまずい。あと、唐突な展開が多くて、あまり二人に感情移入できなかったのが痛い。だいたい、天使は愛を理解できないという設定なのに、あんなにすぐ恋愛しちゃダメでしょう。

・梨沙トゥルー
グッドは奇跡。トゥルーはただのご都合主義だと思う。こんなの作るくらいなら梨沙が助かるED作ってあげてください。

・構成
実質遊羽シナリオ=雛水シナリオ。それが梨沙シナリオにしわよせがいってるようです。雛水シナリオを遊羽+梨沙にして、雛水を伏線回収にまわせばもう少しまとまったと思うのですが。

・テーマ
最初、テーマが「幸せ」か、難しいの選んできたなー、と思ったのに単なる恋愛、家族愛の話にしかなっていないような……。あと、あれが「幸せ」なのかと聞かれると個人的に微妙。愛情なんてそう長く続くものじゃ(略

・天使の祈り
個人的にはちょっと……合わないような。EDで歌の存在を知って、切ない歌に違いないと想像していたので笑った。でも、歌自体は結構中毒に。

・梨沙EDムービー
OPと同じって……手抜き?

・My Merry Maybeに関連して(↓Maybeネタバレ反転)
OP=EDムービーはなっがいMay+Maybeだから感動するんです! でも、Little loveは名曲。星砂と同じく演奏自体は地味なのに、心に響く。

その他

・声優
ずいぶん他のKIDゲーとかぶってる。
田村ゆかり(Memories Off 1st)
中原麻衣(Close to)
森永理科(Remember11)
千葉紗子(Memories Off 2nd)
(敬称略)

・Q'tron
長井知佳さん担当は紗耶香・遊羽です。紗耶香と雛水かと思ったらハズレか。だって雛水グッドエンドでも死ぬし

ファンブックによると「松澤紗耶香 鬱系は長井さんしか! と言われたのでご要望にお答えしたつもりです」(『モノクローム ビジュアルファンブック』, p103, 2004, エンターブレイン) ということで、社内でも鬱ライターとして定着していた模様。

大輝と崇のアレなシーン書いた犯人も長井さん。「男キャラを書いた方が評判がいいからつい」(引用文献同上)っていやいやいや。確かに好きですけどね恭平兄さんとか玉村先生とか。でもそういう意味じゃないと思います。

・千歳
千歳って何歳くらいに見えるのだろうか。身長は130cmとのこと。日本人(女性)の平均身長を調べてみたら、8歳で127cm、9歳で133cmくらい。ということは……えっ? 小学3年生くらい!? 学院長は激務だと思うのですが、大丈夫なのか……。

そういえば田村さん主演のアニメ『リリカルなのは』の主人公も小学3年生だった。あっちは逆の意味で3年生に見えない。

・遊羽グッドルートで時計台から「バタッ」と音がしたとき、雛水が自殺したのかと思った。その直後血まみれで現れたので未遂に終わったんだと思った。全然違った。

・梨沙が襲われた直後、千歳から梨沙の記憶が消えたのってなんだったんだ。
もしかして梨沙の親御さんも彼女のこと忘れたわけ? ちょっと待ってかわいそう。

・羽つけた大輝もとい悠斗、似合ってない。

・メインヒロインってヒナさんですか?


気になったところ

・My Merry May でも思ったのですが、人間ってそんなにすばらしい生き物でしょうか。(この際、キリスト教の概念はなしで)

人間でないものが、人間でありたいと思う。人間が、人間でないものを人間に引き込みたいと思う。こういうことってあるのか。あっていいのか。

飼っているかわいいペット(たとえば犬)に人間になってほしい、人間じゃなくてかわいそう、という人はあまりいないと思います。それは、人に忠実である犬だからかわいいという人間のエゴでしかないのか、それとも…?

・「愛」という概念を知らない天使が、人間を見て「愛」を理解できるのか。
マイメリでリース(May)は「(レゥは)愛されているのでしょう」と言っていました。しかし、リースにそれがわかるのか!? という。ここは私がいまだに考えてしまうところです。

Monochromeの場合、家族愛がうらやましいと思った時点で愛を理解できていることになるので、人間になる必要なんてないような。天使のままで愛を理解できるならいいじゃないですか。人間にならなくたって。

遊羽と雛水の関係なんかも愛と言っていいのでは。……本当に「愛」を知らないの? 梨沙シナリオはもうつっこみどころ満載。

・自由意志がない。
あれで自由意志がないといったら人間も同じようなものでは。人間だって常識的にやらなければいけないこと、できることはある程度決まっているし。設定資料集を読む限り、天使にも職業選択の自由はあるみたいだし。人間と何が違う?

元老院の教育でそう思いこんでいるだけという可能性もありますが、それならもっと元老院側の陰謀を描写しないと。

どうも「愛」と「自由意志」の二点は設定ミスを感じました。こういう抽象的な「人間にあるもの」を持っていない存在を描写するのって実はものすごく難しいことだと思います。このへんはマイメリに軍配。マイメリの「心」は本当にしつこかった。(個人的にはもっとしつこくてもよかった。特に穂乃香シナリオ)


悪い点が目立ちますが、好きなゲームです。理屈じゃありません。雰囲気ですよ雰囲気。考えるな感じるんだ。

それにしても、Monochromeといいマイメリといい鉄人兵団といい、「人間とそうでないものの相互理解」って私のテーマな気がする。そもそも可能なことなのか。


関連記事
Monochrome -モノクローム- PSP限定版レビュー

タグ: Qtron
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/35-591f615c

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード