Entries

新・のび太と鉄人兵団、特報!

来年の映画ドラえもんは『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』
公式サイト http://doraeiga.com/2011/

最新映像を見て思ったことをとりあえず箇条書き。

・あいかわらず音楽すばらしい。
・サブタイトルが微妙だけど、ミスリードだったりするのだろうか。天使≠リルルとか。
・そ、操縦席がSFみたいでかっこよすぎる……。これだけでもリメイクの価値がある。
・リルルに影があってかっこいいな。でもあまりかわいくない。かわいい映像はもう少し待てということですね。
・予告編の最後にジュドの頭脳が割れてなんか出てるけど何だろう。ジュドがかわいかったら頭脳改造できないじゃない!


監督はやはり寺本幸代さん。寺本さんは短編向きだと思うので、個人的にはあまり映画にいってほしくありません。ですが決まった以上期待せざるを得ません。金子作監とのタッグは映画でしかないしね。(作監誰かな?) それに、寺本さんは新魔界の監督やってからTVシリーズでおかしくなったから、2度目の監督やったあとさらにおかしくなるかもしれないし。

寺本さんは最後の最後に小道具を使い、一歩引いた感動が上手い。「ドラえもんの青い涙」のドラ焼き、「天の川鉄道の夜」のネジ、「のび太を愛した美少女」の青い鳥など。切ない終わり方をする寺本さんに鉄人をやらせるのは適材適所ですね。

ただ、個人的には「サブロー!」とか「いまの鳥はルリィだ」とかわざわざ言わせなくてもいいと思うけど。そういえば旧映画版のラスト、「そうさ、リルルは天使さ!」のセリフは絶対余計だと思った。生まれ変わった=天使になった? がほのめかされるからこそいいんじゃない。

原作は天使になったなんて言ってないし、本当に生まれ変わったかどうかすらちょっと微妙。(のび太の見まちがいの可能性あり) でもそこがいい。のび太が窓から空を見上げるコマは、私のお気に入りのひとつ。普通、あの状況で、あのアングルから見た絵は描かない。


脚本は清水東さん。今日のTVドラの脚本担当でしたが、正直私は知りません。過去にプリキュアを担当?(→追記 シンエイアニメ『ご姉弟物語』 『スティッチ! ~ずっと最高のトモダチ~』を担当されています)

……ぶっちゃけ映画ドラの脚本家に権限あるとは思えませんけど。真保裕一作品は1999年の『ボーダーライン』までは12作全部読んでるけど、真保カラーなんて全然感じなかった。(作風変わったりしてるのだろうか…?)

そもそも映画は監督のものだし脚本家を責めるのはお門違いでしょう。脚本家が自由にお話書いていると思っている方、それは大いなる勘違い。シナリオは誰のもの?でちょっと触れたけど、書いてない書いてない。

前にも出したけどここは勉強になる。
おぎにゃんと学ぼう! アニメの作り方

あとこんなのがあった。
アニメで脚本を評価することのむずかしさ:Togetter

アニメ画描きとしての訓練を受けてない脚本家の本は、文字で書かれた物として優れてても、画では表現困難だったり、意味のない表現である場合が多々出てくる。

逆にアニメライターがアニメをノベライズすると、あらすじなぞっているだけで描写が弱い人いますね。小説になってないようなものも見たことがあります。ドカーンみたいな擬音語使わないでください。

で、小説真保さんはかなり文章上手い方だと思ってます。もう読ませる読ませる。ストーリーが微妙な作品でもなぜか一気読み。

それにしても、いまさらですが寺本さん凄いな……お若いのに。映画の監督ともなればいつもとは違う圧力(内部で)あるでしょうけど、そこは楠葉さんファイト。応援してます。

まだ続く。次は主に原作につっこみ。機械仕掛けの神たち

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/51-f34fe6e2

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード