Entries

ドラえもん みんなで体をとりかえっこ/ドンブラ粉

2010/8/13 わさドラ みんなで体をとりかえっこ/ドンブラ粉 の感想です。

2作とも地味に原作良アレンジ回。

みんなで体をとりかえっこ(原作:11巻 からだの部品とりかえっこ)
脚本 清水東/絵コンテ 安藤敏彦/演出 吉野芙紀/作画監督 嶋津郁雄


相内さんも清水さんも来るなあ。ということは……誰か他の脚本家が抜けた?

身体の各部をとりかえるとは、なんというアイデンティティの危機。グレッグ・イーガンに書かせればいいんじゃない。のび太の頭とスネ夫の手とジャイアンの胴とドラの足を持つ私はいったい何者なのか。今日からハードSFドラえもん!

冗談じゃなくて、各器官がどんどん他人のものに入れ替わっていったら自分という存在があやふやになると思います。もっともドラえもんでそんな話やられても困るけど。これは一級品のナンセンスなギャグ話として楽しみましょう。実際にこんなことやったらすごい気持ち悪いと思う。ミーちゃんもそりゃあ嫌だよ。

いいところを求めて入れ替わってもデメリットはあると描いていたところが良かった。しずかちゃん完璧に被害者でかわいそう。やはりしずかちゃんは最初の時点でさよならすべきだった。あのシーンは「間」も適度で白しずかがハマり。

・夏休みの宿題
すっかり夏休み関係忘れてた。小学生はあと15日くらいの猶予しかないのか。ちなみに経験からいうと東北は20日くらいから2学期でしたよ。

・大混乱まであと10秒
背景として流れてる動画がまさにカオスで笑った。いつもはつまらない煽りなのに。

・ママが教師
意外と原作に無いですね。もう少し優しく教えてあげてもいいかも? 次に機会があったらドラママが仲良くのび太の勉強を手伝うシーンがあると、わさドラののび&ママ&ドラ好きとしてはうれしい。


ドンブラ粉(原作:12巻)
脚本 富永淳一/絵コンテ・演出 吉野芙紀/作画監督 嶋津郁雄


吉野さんって初コンテじゃないですか? さりげなく出世してる。

責任を感じるドラ・しずかちゃんのおふろ・原作よりさらに黒いのび太など、原作を読んでいても見どころたくさん!

同じようなオチのルームスイマーといい、未来の世界には危険な道具が多いな……。のび太と同じようにかなづちな私としてはひとごとではない。プールに誘われるのが嫌いなのび太の気持ちもわかるよ。ところで水泳って基本的に顔を出して泳ぐものではないのではないでしょうか。

・まずはバタ足から
だーかーらー、もう少し優しく。ハチマキまでママと一緒。まあこの場面は厳しくテキトーな教え方だからこそ、その後ショックを受けるドラが笑えるんだけど。

・エラーなんてしたやつは生きて帰れると思うなよ
ころしてやるからはさすがにカットかな? と思いきや同義語じゃないか! いいのか?

・なんでおれたちが助けなきゃいけないの
道路を勝手に掘っていいのか!? 本格的にドリルまで使っているのがシュール。でも、ドリルは危なくない? もしも先端にのび太がいたりしたら……。


来週8/20の放送は「ドクロ島の秘宝」です。
出木杉の活躍に期待。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/61-d30baa6b

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード