Entries

ドラえもん ワの字で空を行く/変身! ドラキュラセット

2010/9/10 わさドラ ワの字で空を行く/変身! ドラキュラセット の感想です。

ワの字で空を行く(原作:34巻)
脚本 清水東/絵コンテ・演出 三宅綱太郎/作画監督 鈴木まりあ


もう発想がすばらしい。どうやったらこんなアイディア思いつくのか。速すぎてつかめない描写とか、こだまを使うとか、音の特性を最大限に生かしていてリアル。

しかし、実際に音速であんなにでかいものが飛んできたら軽傷では済まないような。音速で飛んでくるものをつかんで体勢立て直して、「ワ」のなめらかなカーブ部分に乗って……。危険すぎ。のび太の運動神経は結構良いのではなかろうか。

今日はやたらアップのしずかちゃんかわいいな、と思ったらしずか誕生日スペシャルの鈴木さんが作監だった。しずかちゃん描くの得意なのかな。前はスペシャルで原画なんかにも気合入っていたからかわいいんだろうと思っていたんだけど、通常回でもかわいいとなると。いいひとを見つけた予感。(→しずかちゃんとおじいの木 感想

・どうしたらねぼうしてもちこくしないですむか、ちこくしてもしかられない方法は
原作では「『どうしたらねぼうしないか』とは、ゆめにも考えない」という誰ともないツッコミが入ってました。でも、ここは視聴者がツッコむのが王道だと思うので、無くなってて良かった。

・ただのタケトンボじゃないか!
2階から落ちるのは危険でしょ。止めろよ! ドラ鬼畜。

・ヤッホー! こだまがあちこちぶつかってる
やっぱりどう見ても危ないです。くしゃみも制御不能になるし。

・ドラエモン、タスケテ
綺麗に落ちてるなー。ケテスタになって助けを呼ぶのに失敗したりはしなかったようだ。

オチが変わってたけど、アニメならこのオチのほうが視覚的に楽しい。今晩はずいぶん派手にやってるなあ、と笑顔で帰ってくるパパもほほえましく感じられます。でも、原作のループオチもおもしろいので興味あったら見てね。


変身! ドラキュラセット(原作:21巻 ドラキュラセット)
脚本 相内美生/絵コンテ 鈴木孝義/演出 三宅綱太郎/作画監督 鈴木まりあ


忘れることができる道具欲しいです。ネタバレを見てしまったときに使える! もっとも、そんな道具発明されたら実際問題として嫌だけど。悪用されたらどうする! というかのび太はすでにしている。

記憶の連鎖は自分が自分でいるために重要。この前読んだ『航路』のアルツハイマー病の描写は本当に怖かった。記憶自体も死んでいくし、記憶が飛び飛びになって思考も難しくなっていくし。(しかも周囲のひとの生活まで壊れていった)

精密な脳に操作を加えるなんてそんな道具いらん。あらすじを知っているせいで楽しめない作品はそもそも駄作であると、ネタバレを見てしまったときは考えることにしよう。

ドラの未来の世界って人間が全然変わってなくておかしい。人間のアイデンティティを問う道具がやたら出ているんだから、現代人からは一線超えた思考していても良いはず。

そもそも「心」のあるロボットを量産した後の世界が変わらず人間社会になっているかどうかは個人的に疑問。ロボットが創造的行為をするようになったら人間どうなる? という。いまドラえもんを創る技術があったとしても、人類には倫理・精神的な問題扱えないと思うよ。まだ。

というのを本当は前回の感想で書きたかったのだけど、感動がぶち壊しになったと抗議されそうな気がしたからやめた。一週間経って落ち着いた方も多いだろうからいま書く。

(そもそも、ロボットの心って何だ? な方はこちらを。コメント欄で藤子Fとディックが比較されていて嬉しい。一見正反対だけど、このふたりものすごく似てる。
はたしてドラえもんに「心」はあるのか:空気を読まない中杜カズサ

話を戻して。そもそも何で記憶を吸い取るのにドラキュラなんでしょう? 調べてみても特にドラキュラにそういう話は無いようですが。単にあのオチをやりたかっただけなのか?

「吸い取る」のが重要なら掃除機でもいいじゃない。掃除機好きな私としてはそっちのほうが良い、というよりシュールかも。掃除機抱えて夜の町を走る、想像してみると笑える。いっそドライブは掃除機に乗って。

・こんな夜中になにさわいでるの
ママがカーラーを使っている! こういう細かいところで生活感を感じさせていて感心。

・こんなバッチイやつに吸いつけるか!
わざわざ洗ってあげるのび太に吹いた。普通そこまでするか。ジャイアンも起きろよ!

・おかえり、ドラちゃん。お部屋、ずいぶんちらかってますね
ドラ焼きの袋を持ったドラを見てなんか町内突破大作戦のデジャブを感じた。直後、本当に町内突破大作戦と同じ展開になって笑った。大作戦のカット使いまわしてもたぶん違和感ないレベル。コンテが同じ鈴木さんだからかな。でも、怖さは町内突破大作戦のほうが上だった。ぜひまたあれくらい怖い演出考えてください!(→町内突破大作戦 感想


えかきうた
今日はおべんとうにえかきうた。地味に好きですこういう芸術。子どもに持たせたら周りからうらやましがられる予感。ほっともっとさんドラえもんフェアといいGJです。


来週9/17の放送は「ほんもの3Dテレビ」「その日、すべてがネズミに!」です。
周りの人物が変わっていく……。なんというディック的悪夢世界。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/70-07d230b9

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード