Entries

ドラえもん 子犬イチの国 キボウ編

2010/10/29 わさドラ 子犬イチの国 キボウ編 の感想です。

子犬イチの国 キボウ編(原作:22巻 のら犬「イチ」の国)
脚本 大野木寛/絵コンテ・演出 安藤敏彦/作画監督 志村隆行・久保園誠


希望編という言葉を聞くと踏切を思い出す私はQ'tron西川信者。大丈夫。ドラのほうはあれほどプロット破綻してないよ!

きょうは結構演劇タッチ。声優さんの演技も演劇的でわざとらしかったような気がする。実際に2時間くらいかけて演劇にしてみたら良い線いくんじゃないでしょうか。前例もあることだし。そういえば見てないな……。 →舞台版ドラえもん のび太とアニマル惑星

まあつまり、イチとの友情の育みと宇宙脱出を一時間で同時にやるのはやっぱり無理があったんじゃ……。かといって感動的な演出の前者だけを30分でというのもつらいか。コミカルに30分で終わらせたほうが良かったような気がする。

なんか記憶を失う進化退化ビームの効果がほとんど意味をなしてないじゃないですか! 首輪見るだけで思い出せるんですか! 首輪がキーになることは予想してましたが、ちょっとストレートすぎませんか。ビーム関係なく普通に忘れてました、で良かったような。思い出すのも早すぎて、感動できなかったです。

あと、完全にドラ頼りになってるのもちょっとなーと。イチの国だけで頑張ってほしかったところ。突然他の星にたくさんのイヌネコが行って、生きていけるのかという疑問もあるし。今回は突っ込みどころが多いな。キズナ編もですが、構成がイマイチですね。

人間は動物に対して酷いことをしたかもしれないけど、家族のようにかわいがってもくれた! みたいなやりとりが結構印象に残ったので、ここだけ取りだして一時間なんて手もあったと思うのですが。まあそのうちオリジナルでやってみてはどうでしょ。魔美のサマードックっぽくしたりして。

やっぱり全体的に感動的な演出がすべってるようで微妙かなあ、と思います。でもでも、そんなことはどうでもいいのです。ネコに遊ばれるタヌキがとってもかわいかったり、ご老イヌネコに和んだり、救命ボートがシュポンシュポンと飛び立つシーンがものすごくかっこよかったりとか、必死にひらりマントを振るドラがおもしろかったりしたからそれだけで私は十分だ。別にアニメはストーリー・構成だけが評価基準ではありません。

ラストは回想で終わる結構めずらしいやり方かな。こういうの好きですよ。ただ、あと10秒くらい余韻がほしかったかな。


・みんな聞いてください! もうすぐものすごい数の火山が爆発するんです!
……たとえば現代の地球の街中でイヌがこんなこと叫んでいたらそりゃーみんなびっくりですな。というかイヌのおまわりさんを含めみんな冷静すぎるような気がする。

・大噴火を止めるなんて歴史を変えることは絶対にできない!
ここ突っ込みどころだよね? そうだよね? イヌを進化させて放したあなたが何を言う。


ロボットクイズ3
演出 鈴木洋介/作画監督 をがわいちろを/原画 田中好浩・関三恵子


こんどこそちゃんと言う! 作監のをがわさんはマイメリの原画のひとだよ! ただし同姓同名の別人でなければだけど。

お好み焼きを作るロボット。なんだかかわいい。しかし、その動きはすべてプログラム、なんて言ったら冷める? でも「魂は固有に存在するものではなく、周りの人間が感じるもの。だからロボットにも魂はあり得る」なんて話を聞くと、それもきっとありかな、とも思う。

まあいまはそんなことはどうでもいいや。見どころはお好み焼きのへらで家ひっくり返すザンダクロス。これはシュールだ。なんか機械的で無機質な感じがハマっていてきょうで一番笑った。


来週はお休みで次回11/12の放送は「しずかちゃんと温泉へ行こう」「ドラえもんだってママがほしい」です。
なんかいろんな意味ですごい当たり回の予感!

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iandmeandwho.blog107.fc2.com/tb.php/79-dce014a2

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

トラックバック

Appendix

プロフィール

shui

Author:shui

Twitter:@shuijiao4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
プロフィール画像:©SozaiRoom

ユーザータグ

検索フォーム

QRコード

QRコード